神社の大木にて~チゴハヤブサ

チゴハヤブサです。この場所は以前から一度行ってみたいと思っていた場所でしたが、今回、信州への遠征の帰り道によることができました。地元の方の話によるともう何年も同じ場所で繁殖している個体だそうです。
チゴハヤブサは渡りの時期や北海道に行った時など何度か目にしていますが、これだけじっくりと観察できたのは初めてでした。ポイントに着くとちょうどペアで外出?している最中で近くにはいないとのことでしたのでしばらく待っていると頭上から「キーッキッキッ」という独特の鳴き声が聞こえてきたので探してみると我々の真上の木のてっぺんに止っていました。メスのようです。するとふわっと飛び立ち上空を旋回したあとに巣の中に入ってしまいました。すると今度は別の個体の鳴き声が聞こえてきました。オスのようです。オスも何度か旋回した後、見晴らしのよい場所に止りました。なにかをとらえているようです。そして盛んに巣の中のメスに向かって呼んでいるようです。
b0148352_10545167.jpg

b0148352_1055268.jpg

b0148352_10565455.jpg

ハヤブサにくらべるとカラフルで気のせいかちょっとかわいらしい感じです。
b0148352_10573883.jpg

オスの鳴き声に誘われてメスが巣からでてきました。獲物をプレゼントしています。
b0148352_10581785.jpg

右側がオス、左がメスです。やはりメスの方が大きいようです。
b0148352_10595069.jpg

メスが食事をはじめるとオスはまた狩りにでかけたようです。餌を食べ終えご満悦のメス。
b0148352_1101833.jpg

爪のお掃除もかかしません。
b0148352_1104380.jpg

このあと別の場所でマウンティングを行っていましたので、今年も無事雛が生まれてくれそうです。最後に同じ場所にいたアオバズクを。木の下で遊ぶ人間の子供たちを見守っているようでした。
b0148352_1111883.jpg

今回は目的のアカショウビンとチゴハヤブサをじっくり見られましたので大満足の遠征となりました。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-06-14 11:02 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://hide0310.exblog.jp/tb/11256524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by びびさん at 2009-06-14 21:36 x
おお~、これがチゴハヤブサですか。確かにカラフルですね~。アカショウビンのみでも凄いのに流石ひでぱぱさんやりますね~
Commented by hideaki0310 at 2009-06-15 08:26
びびさん、おはようございます。
ハヤブサよりは一回りちいさいですが、胸から足にかけての褐色が目立ちます。
とくにメスは胸まで褐色味が入っていましたので一層目立ちました。
Commented by likebirds at 2009-06-15 22:01
hideaki0310さん、こんばんは。
先日はお会いできて嬉しかったです。
お世話になりました。
またどこかでお会いできましたら、よろしくお願いいたします。

チゴハヤブサ、淡いオレンジ色がとても綺麗ですね。
オスがメスに獲物をプレゼントするシーンは本当にほほえましいですね。
美しくて、愛らしいすがたはとても心を癒してくれますね。

木の下の子供達を見つめるアオバズク少し眠そうな目が可愛いですね。(likebirds妻)
Commented by N_BIRDER at 2009-06-15 23:32
hideaki0310さん、こんばんは。
1日でアカショウビンとチゴハヤブサ贅沢ですね。笑
チゴハヤブサも無事繁殖してお盆には南方へ旅立ってほしいですね。
Commented by hideaki0310 at 2009-06-16 21:25
Likebirdsさん、こんばんは!
こちらこそ先日はありがとうございました。
また、近いうちにおあいできるのを楽しみにしています。

ちょうど私が訪れた時はオスが獲物をとらえてきたところでしたので
ラッキーでした。いままでは飛んでいるところしか見たことがなかったので
今回じっくりと見られて非常にうれしかったです。
Commented by hideaki0310 at 2009-06-16 21:26
N_BIRDERさん、こんばんは!
この日は午前中にアカショウビン、午後にチゴハヤブサですから
素晴らしい一日となりました。ここのカップルは毎年繁殖に成功している
ようですから今年も期待しましょう!
Commented at 2009-06-16 21:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 芦原の夏~オオセッカ アカショウビン(Ruddy K... >>