秋の舳倉島日記その1~ムネアカタヒバリ

今年4回目の舳倉島に行ってきました。今回は日程の都合上日帰りでの渡航となりましたが、結果として沢山の渡り鳥にあうことができました。前日はオオモズ、トラフズク、カラシラサギが見られているという情報を先輩からいただいていましたので、そのあたりも期待です。

実際、この日は天候も良く波も穏やかでした。経験上、こんな日はあまり鳥の数が多くないのですがこの日は島に上陸した瞬間に渡り鳥の多さに驚きました。ここかしこで鳥の鳴き声が聞こえ、上空には中型のツグミ類の群れや小型のホオジロ類の群れがいくつも見られます。秋の舳倉島は都合4回目ですが、いままでで一番鳥が目立ちます。そんな中見られた種類をいくつかご紹介します。まずはコホオアカから。
b0148352_13182712.jpg

コホオアカはこの島に来ると必ずといっていいほど見られる種類です。ホオジロの仲間らしく海岸沿いの草地で地上におりて餌をとっていました。
b0148352_13184450.jpg

b0148352_13185932.jpg


次は定番のミヤマホオジロです。今回はジョウビタキ、カシラダカに続き多く見られました。下の写真はメスです。今回はメスの方が多く見られ、オスは少なかったように思います。
b0148352_13191683.jpg

こちらがオスです。メスに比べると顔の部分の黄色と黒がはっきりしています。
b0148352_13193061.jpg


3種類目はムネアカタヒバリです。今回の個体は冬羽でしたので名前のとおりの胸の赤褐色は見られませんでした。さらにこの個体は冬羽でも残る耳羽の赤い部分もなく最初は別の種類かと思いましたが、背中の黒い縦縞がはっきりしているのと同じくその間の白い線がはっきりしているところから判断しました。先輩曰くこのあたりの識別は中級だそうです。。。勉強します。
b0148352_13194529.jpg

下の写真などはぱっとみただけだとビンズイと間違えそうですが、ビンズイはもっと背中の緑味が濃く縦縞もありません。
b0148352_1320292.jpg

ちょっと被っていますがこちらがビンズイです。
b0148352_13201779.jpg

ちょっと遠いですが、背中から撮れたカットです。全体的な色と背中の模様が異なることがわかっていただけると思います。
b0148352_13203158.jpg

私が最初に間違えたヨーロッパビンズイは背中の縦縞は似ていますが、全体的にもっと色が薄くベージュっぽいとのことでした。この日は別の場所ででていたようですが私は見られませんでした。

(2009年10月下旬・撮影地舳倉島)
[PR]
by hideaki0310 | 2009-10-26 13:22 | 舳倉島 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://hide0310.exblog.jp/tb/12204582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よっちゃん3 at 2009-10-27 12:39 x
ヒデパパ さん: こんにちは!
舳倉島って、まだ行ったことがないのですが、春の渡りだけではなく、
秋も良いのですね。ただ、私が見たこともないような鳥との出会いも
多いようで、どこまで識別できるか全く自信がありませんが・・(オイオイ)。でも、取り敢えず、いろんな鳥を撮影して来て、識別は後でじっくり
というやり方もあるかもしれませんね。
これからもいろいろな鳥をお教え下さい。
Commented by granpatoshi at 2009-10-28 10:55 x
おはようございます♪
こんな素晴らしい写真が撮れるなんて、舳倉島は野鳥の別天地ですね。
普通のフィールドでは大体が高い枝先だったりすることが多いですが、
ここではすべて目線の位置や、それ以下で撮れるんですね。一度は
行ってみたい場所です。
Commented by likebirds at 2009-10-28 21:51
hideaki0310 さん、こんばんは。
舳倉島への遠征、お疲れ様でした。
鳥の鳴き声に溢れ、あちこちの鳥の群れ・・・
本当に、鳥好きには天国のような所ですね^^。

コホウアカはつぶらな目と赤い頬が綺麗で可愛いですね。
ミヤマホオジロはもう飛来しているのですね。
雄も雌もとても素敵で見とれます。
それからムネアカタヒバリ!とても綺麗ですね。

たくさんの出会いがあったのでしょうね!
続きが楽しみです。(likebirds妻)
Commented by hideaki0310 at 2009-10-28 22:36
よっちゃん3さん、こんばんは!
ヘグラ島にいくといつも自分の識別力のなさを思いしらされます。
やはり写真を撮ることをメインにしてしまうとどうしても詳細な観察が
疎かになりますね。カメラ持たずに「見る」「聞く」ことも大切ですね。
思いきってカメラを持たずにへぐら島にいってみると識別力はアップするのでしょうね。
Commented by hideaki0310 at 2009-10-28 22:39
granpatoshiさん、こんばんは!
そうですね。ここでは珍鳥が出なくても普通種をじっくりと撮れるという素晴らしさがあります。
ただし、当たりはずれは大きいですよ。いないときは本当になにもいませんから。
また、「見る」「聞く」力が試される島です。わたしなんぞ写真ばかりでいつも先輩に苦言を呈されていますよ(笑)
Commented by hideaki0310 at 2009-10-28 22:44
likebirdsさん、こんばんは!
舳倉島・・・なんか近いような気がしてきました(笑)
片道9時間、距離にして600キロ!自分でもよくいくものだと感心します。

今回は4時間の鳥見でしたが、もう一日泊まりたい気持ちでいっぱいでした。
私は見られませんでしたが、ほかにもいろいろと珍しいものが出ていたようです。
このムネアカタヒバリは最初ただのビンズイかと思いましたが、よく見ると
緑味がないし、背中の線が変だしビンズイではないのに気が付きました。
このレベルの鳥を自信をもって識別できるようになりたいものです。
Commented by びびさん at 2009-10-29 23:19 x
なんと片道9時間ですか。その情熱には頭が下がります。
見たこと無い鳥のオンパレード、相変わらず凄いですね~!!!
Commented at 2009-10-29 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harada5550 at 2009-10-31 01:03
こんばんは!
今週は忙しかった!飲み会で・・・!
さて、ムネアカタヒバリおめでとうございます。
確かにビンズイっぽいですね。
でも開設していただかなくてはわかりませんね。
やっぱり舳倉島はすごいですね。
でも、日帰りはきついでしょうね。
Commented by hideaki0310 at 2009-10-31 13:50
びびさん、こんにちは!
情熱というか「しつこい」んです(笑)
野鳥の撮影については、「写真」をとるのではなく「鳥」を撮るのであれば
びびさんのように一つの種類を追いかけるか、沢山の種類を追いかけるか
どちらかのような気がします。現役のうちは種類を追ってみようかとおもってします。
Commented by hideaki0310 at 2009-10-31 13:54
haradaさん、こんにちは!
お仕事ご苦労様です。私も一昨日、昨日と飲み会でした(笑)これから年末にかけてますます多くなりますからお互いきをつけましょう!

さて、へぐらですが今回はホオジロ類がメインでした。ムシクイはキマユムシクイとエゾムシクイのみ。
今年の秋の渡りは本当に読めません。結果論からいうと10月中旬が一番よかったようです。日帰りはリスクありますがそんぶん会えたときの喜びも大きいです。
<< 舳倉島日記(10月24日)その... 夏と冬の交差点~ノビタキ・ジョ... >>