ニシオジロビタキ

今季、2個体目のオジロビタキを観察することができた。日本は本来の生息地からはだいぶ離れている場所に位置するため、日本で見ることができるオジロビタキはほとんどが幼鳥(juvenile)又は第1回の冬羽(firstwinter)である。さらにヨーロッパでは別種扱いになっている2つの亜種、亜種オジロビタキ(TaigaFlycatcer)と亜種ニシオジロビタキ(Red-BreastedFlycather)に分類される。前回も記述したこの2亜種間の識別は成鳥♂であればそれほど難しくはないが幼鳥又は第1回の冬羽の場合には非常に難しい。ヨーロッパの図鑑などによるとニシオジロビタキのほうがオジロビタキよりもバフ色がかっているとの記述がみられるが決定的なものではないのであろう。今まではあまり気にしてこなかったが今回今まで撮影した複数個体を比較してみることにした。

まずは3年前の1月に千葉県で撮影した個体(個体A)。風切先端に淡色班が見られるため、第1回の冬羽ということが分かる。胸の部分がバフ色からやや橙色がかっているためニシオジロビタキの特徴を備えている。くちばしは黒っぽいが根元と下嘴は肉色をしていてこれもニシオジロビタキの特徴だ。しかしながら淡色班が大きくこれはオジロビタキの特徴だ。
b0148352_1612543.jpg
b0148352_1612132.jpg


つぎが2年前の個体(個体B)。同じく千葉県で撮影したもの。撮影時期は2月。これも特徴をたどってくとニシオジロビタキの可能性が高い。個体Aに比べると淡色班も小さくこれもニシオジロビタキの可能性を物語っている。
b0148352_1612304.jpg
b0148352_16123730.jpg


3番目は今年の1月に埼玉県で撮影した個体(個体C)。風切先の淡色班がはっきりとでており第1回の冬羽だ。光の具合によって異なって見えるが全体としてバフ味が強い。コリンズのバードガイドによると亜種オジロビタキの胸はgreybroewとありニシオジロビタキはbeffとある。そこから判断するとニシオジロビタキということになるがのど元が白いのはオジロビタキの特徴となる。
b0148352_16125277.jpg
b0148352_1613233.jpg


最後が今回撮影した個体(個体D)。この個体は風切先の淡色班がほとんど見られないことから♀成鳥ではないか。ただ背中全体がバフ色がかっているので若い個体である可能性もある。胸はこの4個体の中ではもっともグレーがかっており、これはオジロビタキの特徴を備えている。嘴の色ももっとも黒に近い色をしている。これもオジロビタキを支持する要素だ。しかしながら胸のバフ色はニシオジロビタキの要素であるため、悩ましい。
b0148352_16132023.jpg
b0148352_16132738.jpg


いままでは本来の生息地が日本に近い分、亜種オジロビタキのほうが渡来数が多いと勝手に思っていたが、じっくりと見比べてみるとむしろ亜種ニシオジロビタキのほうが渡来数が多いのかもしれない。稚拙な知識による識別であるためもちろん断定はできないがその可能性は十分にある。識別はある特定部分に着目せず、全体の雰囲気、鳴き声などのほかの要素も加味して判断するべきであろう。そういった鳥見を今後も心がけたいと思う。
[PR]
by hideaki0310 | 2011-02-25 19:08 | 過去の記録 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hide0310.exblog.jp/tb/14969394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぶんちゃん at 2011-02-26 20:34 x
hideaki0310さん。こんばんは。

オジロビタキとニシオジロビタキの判別が難しいですね。
判別方法が嘴の色と上尾筒と聞きましたが・・・

焼け野原のオジロはニシオジロだそうです。←これは確かな筋から聞きました。
Commented by hideaki0310 at 2011-03-01 14:19
こんにちは!
ご無沙汰しております。現在日本では亜種扱い、海外では別種扱
いになっていますね。嘴や上尾筒ですか。。
個体差もありむずかしいですね。このあたりの識別は是非確立してほしいものですね。

個人的にはA~Cはニシオジロビタキ、Dはオジロビタキだと思って
いましたが、Dもニシオジロなんですね。。
<< カモメ カワアイサ >>