風蓮湖(タンチョウ)

b0148352_17292960.jpg

風蓮湖は、周囲58km、面積5,210haの広い湖で、汽水湖としては日本で第5位の大きさです。湖には、大小17河川が流入しており、風蓮川、別当賀川等大きな4河川の河口では三角州が形成されています。また、湖畔は湿地・湿原部が多く、多様な生物相が見られます。風蓮湖から根室湾への流入口は、広大な砂州となっており、左岸砂州を走古丹、右岸砂州は春国岱と呼ばれています。2005年(平成17年)には、「風蓮湖・春国岱」の地域がラムサール条約に登録されました。

今回は落石クルーズを終えた後の最後の宿を風蓮湖沿いにとりました。宿に到着するとすぐ裏側に湖面が広がり、タンチョウを遠望できました。対岸ですのでタンチョウまでの距離は200メートル近くあります。タンチョウの自然界での繁殖成功率は非常に低く、キツネ、カラス、オジロワシなどが天敵です。この場所周辺での何番かが繁殖しているらしいですが今年はいずれも失敗に終わり、この番も今年3回目の繁殖に取り組んでいるとのことでした。私が到着したときも野犬が雛のそばにいるらしく盛んに威嚇を繰り返していました。
b0148352_17294660.jpg

時にはこちらの岸辺にもやって来るらしく、この時も車に荷物を取りにいっているすきにやってきて餌をついばんでいたようです。気が付かずに近づいたら飛んでしまいました。残念。
b0148352_1730051.jpg

翌朝、双眼鏡で確認すると生まれたばかりの雛を連れて歩く姿を確認できました。写真では少し見ずらいですが、黄色っぽい雛鳥が写っていると思います。一羽だけ(通常は2卵)でしたが無事育ってほしいです。
b0148352_17301265.jpg
b0148352_17301847.jpg


その後は納沙布岬に行きました、濃い霧でなにも見えず。途中の道路わきの草原でノビタキを観察します。育雛の最中のようで盛んに餌を運んでいました。
b0148352_17303276.jpg
b0148352_17303734.jpg


最後に風蓮湖の夕暮れです。湖に沈む夕日は感動的でした。
b0148352_17305578.jpg
b0148352_1731358.jpg
b0148352_17311046.jpg


今回、知床半島~野付半島~根室と4日間にわたって鳥を見ました。草原の小鳥の季節はピークを過ぎていましたが、その分シギチドリ類やクルーズ船からの海鳥観察がメインとなりました。海鳥、シギチドリ類は8月の盛夏でも十分楽しめると思います。北海道の新たな魅力を発見できた有意義な4日間となりました。今回の観察種は58種類、ライファーはシマフクロウ、エトピリカ、チシマウガラスの3種類でした。

2011年7月下旬・撮影地風蓮湖・納沙布岬
[PR]
by hideaki0310 | 2011-08-18 17:38 | 北海道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hide0310.exblog.jp/tb/16135173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamasemi at 2011-08-18 23:33 x
夏のタンチョウ!いい情景で撮れてますねぇ~^^
それに風連湖の、空と海の夕景!お見事です!
まさに北海道ならではという所でしょうか!
Commented by hideaki0310 at 2011-08-20 00:02
こんばんは。今年もいってきました。やはり夏の北海道はやめられませんね。夕日は本当に感動しましたよ。
<< ハジロコチドリ~秋の渡り 知床半島 その2(シマフクロウ) >>