石垣島~2014.04

b0148352_23375160.jpg

与那国島からの帰りに石垣島に立ち寄った。与那国と違って石垣島は勝手がわかっている。とはいえこの4月の時期に訪れたのは初めてなのでこの時期ならでは鳥たちに少なからず期待していた。石垣島の観察ポイントとして代表的なものとしては市街地に近いところだと平田原水田、石垣港周辺、新川河口など。中西部の名蔵水田やシーラ水田、バンナ公園なども面白いし、その他のポイントが多数点在する。車でポイントを回りながら探鳥するスタイルは与那国と同じ。与那国から戻った日の午後と次の日は終日を使って島を回って見たが結果としては期待していた渡り鳥は少なかった。水田には鳥の姿は少なくツメナガセキレイやムネアカタヒバリが見られたくらいで多数越冬していたはずのシギ類はほとんど見かけなかったし、海岸沿いもキアシシギやメダイチドリ、キョウジョシギの姿が散見された程度。その代わり今回楽しませてくれたのが固有種であるカンムリワシ、ムラサキサギ、ズグロミゾゴイの3種。すでに暑いくらいの気温になるこの時期は行動が活発で特にカンムリワシは多くの個体を目にすることができた。顔見知りのガイドの方からヒメクイナの情報をいただき、そちらにかなりの時間を割いてしまったので北部のポイントは回りきれなかったが、与那国島で61種だった観察種も石垣島での観察種21種を加えると全部で82種となった。ちなみに石垣島には多数生息するハシブトガラス(亜種オサハシブトガラス)は与那国には生息していない。与那国島の環境が特殊なのだろうか。。

今回は鳥の姿が少なかった平田原水田。秋から冬は多数のシギ類が越冬しているが、今回はアオアシシギ、タカブシギの小群が見られた程度。写真のホウロクシギは渡りの途中らしく一羽だけ見られた。4月の中旬になるとシギ類以外にアジサシ類なども見られるようになるようだ。
b0148352_23381099.jpg

b0148352_2341422.jpg

b0148352_23384079.jpg



今回一番多くの鳥が見られたのは名蔵周辺。数羽が越冬したというレンカクやムラサキサギ、カンムリワシなどの留鳥に加え、写真には残せなかったがヒメクイナの姿が草の間から見え、鳴き声を聞くことができたことが大きな収穫だった。下の写真はヒメクイナが越冬していた場所。
b0148352_2339823.jpg

b0148352_23393869.jpg

b0148352_2340162.jpg
b0148352_23401294.jpg

全体的に小鳥類は少なかったが石垣港周辺の街路樹にカラムクドリの群れが見られたし、繁殖期だけにシロガシラの鳴き声が島中に響いいていた。
b0148352_0142973.jpg

b0148352_23491392.jpg

b0148352_2347302.jpg

与那国島では数名しかいなかったバーダーも石垣島では多く見られた。与那国島は正直初めて訪れる人には少々敷居が高い。島までのアクセスが悪く、バーダーが多いわけではないのである程度ポイントなどを下調べをしたうえで自分で鳥を探さなければならない。さらに渡り鳥が中心なので当たり外れが大きい。その点、石垣島は周年生息する固有種がいるし島を熟知した野鳥ガイドが居る。また、観光地として宿泊施設や観光スポットが充実しているうえ空港が新設され直行便が飛ぶようになりアクセスも格段に良くなった。したがって石垣島は島を訪れるのが初めての方でも十分楽しめる魅力的なフィールドと言えるだろう。

最後に・・・4月上旬の渡りの時期を狙って与那国・石垣を訪れたのであるが、いつも訪れている渡りの島である舳倉島などとは明らかに違う鳥相であることがわかった。例えば舳倉島などでは多数見ることができるオオルリやキビタキといったヒタキ類は与那国島ではまったく目にすることがなかった。同じ東南アジア方面から渡ってくる夏鳥たちでも与那国島を含む八重山諸島や沖縄諸島を通過しながら北上する種類と中国など大陸に沿って北上し沖縄地方を経由せずに直接本州・北海道にわたってくる種類とあるのだろう。

(観察種)
コウライキジ、ズアカアオバト、キジバト、カルガモ、ズグロミゾゴイ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ムラサキサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、シロハラクイナ、ヒメクイナ、バン、オオバン、コチドリ、シロチドリ、メイダイチドリ、オオメダイチドリ、ホウロクシギ、アオアシシギ、キアシシギ、タカブシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン、レンカク、カンムリワシ、ハイタカ、シマアカモズ、ハシブトガラス、ツバメ(亜種アカハラツバメ2)、シロガシラ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、カラムクドリ、アカハラ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセイキレイ、タヒバリ、アミハラ 以上47種
[PR]
by hideaki0310 | 2014-04-29 07:00 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hide0310.exblog.jp/tb/22485996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レンカク(Pheasant-t... ソリハシセイタカシギ(Pied... >>