ギンザンマシコ(Pine grosbeak)~2014.07(E)

b0148352_1051387.jpg
知床峠のギンザンマシコ。7月下旬と言えば繁殖期も終わり姿が見えずらくなる時期と言われますが、今回は幸運に恵まれ久々に撮影することが出来ました。ギンザンマシコと言えば旭岳の姿見周辺が有名なポイントですがここ知床峠でも少数が繁殖しています。ただし最盛期を除いて見られる確率はそう高くありません。しかも知床峠は霧に包まれてしまうことが多く、一旦霧が発生してしまうとギンザンマシコはおろか周辺の景色もまったく見えなくなってしまいますし風が強い場合も姿を現しません。それでも羅臼に宿泊した際は早朝眠い目をこすりながら幸運を求めて知床峠に向かってしまします。今回も羅臼最終日、朝食前の2時程知床峠に向かいます。峠に到着すると霧はなく、風も微風。ギンザンマシコの出現する条件はそろっています。時期外れのためほかにカメラを構えている人はおらず、時折やってくる観光客の方と談笑をしながら待っていると遠くでギンザンマシコの「ピュルピュルピュロルリリ」というさえずりが聞こえてきます。さらに待っているとやや大きめの鳥影が谷の下の方から飛んできて遠くのハイマツの枝にとまるのがところを発見。双眼鏡で覗くとギンザンマシコでした。距離が遠かったので双眼鏡で姿を追っているとだんだんとこちらに近づいて来ます。最後は道路のすぐわきまでやってきてくれました。


ギンザンマシコ♂。イスカよりさらに一回り大きく赤い体色は遠くからでも目立ちます。駐車場のすぐ脇にある枝にとまって羽繕いを始めました。基本的に人間をあまり警戒しません。
b0148352_23181893.jpg

さらに写真のように目立つ場所に止まってくれることが多いので近くに来てくれれば写真撮影は比較的容易です。一緒にギンザンマシコを待っていた知床の観光局の方もコンデジで撮影していました。
b0148352_105138100.jpg
b0148352_10515081.jpg
b0148352_1052470.jpg

1分弱、我々を楽しませてくれた後道路の反対側のハイマツ帯に飛んでいきました。
b0148352_10521688.jpg

2時間ほどの間でギンザンマシコを見ることが出来たのはこの1回だけで♀はやってきませんでした。一日待っても全く見られない日もあるようですが、この日のように一瞬の幸運に出会うこともあります。これだから鳥はやめられません(笑)

2014年7月下旬/撮影地北海道羅臼町/ニコンD4s+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
[PR]
by hideaki0310 | 2014-07-30 07:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hide0310.exblog.jp/tb/23049916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< シマセンニュウ(Middend... 知床・根室/2014.07.2... >>