<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

南国からの使者~ブッポウソウ

ブッポウソウです。ブッポウソウという名前は、昔この鳥が「仏法相」と鳴くと思われていたことに由来します。しかしながら、実際に「仏法相」となくのはこの鳥とは似ても似つかないコノハズクというフクロウの仲間で、この鳥は「ゲゲッ」という非常に味気ない?声で鳴きます。昔の人は、この美しいカラフルな鳥をみてまだ見たことのない仏の世界を想像したのかもしれません。

そんな由来のあるブッポウソウですが、近年関東近辺ではその姿をみることが非常に困難になってきてしまいました。以前はブッポウソウの集団営巣地として東京や山梨などが有名でした。地元神奈川でも何ヶ所か営巣地があったのですが、ここ10年でそのほとんどが消滅してしまいました。主原因は営巣に必要な巨木がなくなってしまったことでしょう。

今回はそんなブッポウソウに会いに遠出をしてきました。ここでは地元の方々が電柱に巣箱をかけてブッポウソウの営巣をサポートしており、最盛期はかなりの数が見られるそうです。私が訪れた時期はほとんどの巣箱で営巣が終わっており、あちこちで巣立ったばかりのブッポウソウが飛びまわっていました。人家の庭先の木のてっぺんに止まるブッポウソウです。赤いくちばし、黒い頭、グリーンの背中が特徴です。
b0148352_19411136.jpg

ブッポウソウの魅力はこの羽根を広げたときの鮮やかな配色です。とくに羽根のコバルトブルーが素晴らしい!!
b0148352_19413534.jpg

b0148352_1942310.jpg

虫をくわえて戻ってきたブッポウソウです。この時期は雛鳥の巣立ちを促しているのであまり頻繁に餌を運んで来なくなります。
b0148352_19422646.jpg

b0148352_19425440.jpg

羽根を閉じたときの背中のグリーンも素敵な色合いで、この色合いをみると南の国の野鳥のようです。
b0148352_19432196.jpg

b0148352_19435497.jpg

最後に逆光の中の飛翔シーンです。
b0148352_19441575.jpg


人間の事情で奪ってしまったブッポウソウの営巣場所ですが、工夫次第では取り戻せるのではないか、そう思った遠征でした。
2009年7月下旬撮影
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-29 19:47 | その他の地域 | Trackback | Comments(12)

森の歌い手たち~マミジロ

マミジロです。近年、マミジロのような大型ツグミ類は非常に数が減ってしまいました。25年前の山中湖畔では早朝あちらこちらでクロツグミの声を聞くことができましたが、いまではその姿をみることが難しくなってしまいました。マミジロ、アカハラ、クロツグミは高原の優秀な歌い手ですから、ちょっとさみしい感じがします。
マミジロが「キョロン、ツィー」、アカハラが「キョロン、キョロン、ツィー」クロツグミがこれらの応用系の歌声です。

高原の水場にやってきたマミジロ♀。倒木の陰で様子をうかがいます。
b0148352_23105044.jpg

辺りを警戒しながら水場に降りてきました。
b0148352_2311784.jpg

マミジロは3種類の中でも最も深い森に住んでいるためなかなか姿をみることが難しい野鳥です。特にメスは囀りをしないのでさらに目にする機会が少ないのですが、この場所ではメスの方が頻繁にやってきます。メスのほうがきれい好きなのでしょうか?
b0148352_23112371.jpg

b0148352_23114025.jpg

この日はメスしかやってきませんでしたが、オスは真っ黒で眉の白が目立ちます。
b0148352_23115961.jpg


次にやってきたアカハラ。この場所のツグミ類の中では一番数が多いようです。
b0148352_23121464.jpg

名前の由来となっているお腹の赤い部分がとてもしれいです。
b0148352_23123240.jpg


最後がクロツグミ♀。クロツグミも今回はメスしかやってきませんでした。メスはオスに比べると全体的に色が薄い感じかします。
b0148352_23124324.jpg

b0148352_23125550.jpg


普段はもっと種類が見られるのですが、この日は雨がふったりやんだりでしたので鳥たちもお休みモードに入っていたのかもしれません。
2009年7月下旬撮影
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-25 23:14 | 富士山周辺 | Trackback | Comments(10)

元気でいるでしょうか~ヤマセミ

ヤマセミです。この写真はアユ釣りの解禁の直前に撮影したものです。例年この時期は子育てに忙しいはずなのですが、今年は残念ながら失敗のようです。なんでも巣のすぐそばに1メートル以上のヘビがいたらしく、雛はやられてしまったようです。親鳥の気持ちを考えるとやりきれませんが、やはり自然は厳しいですね。

そんな悲しい出来事があったにもかかわらずヤマセミは元気な姿をみせてくれました。いつものお気に入りの石の上で。
b0148352_20334887.jpg

このように冠羽を閉じたときは周囲に目をこらせて獲物をねらっている証拠です。
b0148352_20342452.jpg

川の中の獲物に狙いをさだめたようです。
b0148352_20344476.jpg

b0148352_20345875.jpg

その後、一度トライしましたが、失敗。この日はこれで諦めてしまったようです。残念!しばらく同じ石の上にいましたので様子をうかがっていると上空が気になるのでしょうか?しきりに上をみています。猛禽類でもいるのかもしれません。
b0148352_20351419.jpg

b0148352_20353028.jpg

この日はオスのみでメスは見かけませんでしたが、このペアは再び繁殖にトライしているようです。
がんばれ!

同じ場所にきたカワセミです。このカワセミも近くで繁殖しているようです。
b0148352_20354568.jpg


このキセキレイは巣立ったばかりなのでしょうか?まったく警戒せずに近くに来てくれました。
b0148352_2036269.jpg

夕方遅くにやってきたアオサギ。ここはいろいろな鳥が魚を求めてやってくる貴重な場所です。ヤマセミについては夏の間写真は撮りずらくなりますが、そっと見守っていきたいと思います。
撮影日 2009年5月下旬
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-22 20:38 | 神奈川県 | Trackback | Comments(6)

緑と赤と~アカショウビン

アカショウビン、私にとっては昔から憧れの鳥でした。いままでに何度もアカショウビンに会いたくて探しまわりました。でもなかなか会うことができませんでした。あの悲しげな「キョロロロッ~」という声だけが耳に残っていました。
b0148352_22375936.jpg


その憧れのアカショウビンが今目の前の枝に止まっています。シャッターを押す指が震えます。何度も出会っているとはいえ、アカショウビンは未だに私にとっては特別の鳥なのです。
b0148352_22384626.jpg

透通るような緑の中で、燃えるような赤い鳥。この鳥が目の前にやってくるとすべての時間が止ったような不思議な空気に包まれます。
b0148352_22391697.jpg

この横枝がお気に入りの様子で、すっかりリラックスしているようです。
b0148352_2240535.jpg

b0148352_22404398.jpg

枯れ枝の先端に止まるアカショウビン。尾っぽをゆっくりと上下に振っていました。
b0148352_22412578.jpg

「キョロロロッ~」なぜこんなにも物悲しい声でなくようになったのでしょうか?他のどんな鳥たちとも違った声の持ち主です。
b0148352_22415524.jpg


アカショウビンがやってくるこの素敵な森を次の世代にしっかりと受け継がなければなりませんね。
撮影日 2009年7月上旬
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-19 22:43 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(8)

たまには地元で~アオバト

アオバトです。この場所は私の自宅から一番近い有名スポットで、毎年初夏から秋にかけてアオバトが集団で海水を飲みにやってきます。自宅から約15分ほどですので行こうと思えばすぐに行けるのですが、ここを訪れたのはなんと初めてです(笑)みなさんも以外に自宅近くのスポットで行ったことのない場所ってありませんか?

この日は梅雨の間の貴重な日差しが降り注ぐ朝となりました。フィールドに着くと多数のカメラマンが居ました。しばらく待っていると来ました!アオバトの群れです。
b0148352_20424083.jpg

波しぶきの上がる岩場の上を旋回しています。
b0148352_2043378.jpg

飛行中のアオバトです。背中に赤味がある個体が♂、ない個体が♀です。
b0148352_20432987.jpg

少し離れた岩の上に止りました。
b0148352_2044278.jpg

よくみると岩の間にたまった海水を飲んでいます。海水からミネラル分を補給するそうです。
b0148352_20443057.jpg

b0148352_20445943.jpg

その後も代わる代わるアオバトの群れがやってきました。どこにこれだけのアオバトがいたのかなどど感心していると一羽だけすぐそばの岩場に降りた個体がいたのでじっくりと観察できました。目がクリクリしていてとてもかわいらしい顔つきをしています。
b0148352_20453168.jpg

b0148352_20455675.jpg

波しぶきを受けて飛ぶアオバトは普段山の中で見るアオバトとは違う雰囲気でした。
b0148352_20462520.jpg

この時期だけなぜ海水を飲みにくるのかという理由はよくわかっていないそうですが、初夏~秋ということは繁殖の時期にも重なりますのでなんらかの関連性があるかもしれませんね。
撮影日 2009年6月下旬
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-16 20:49 | 神奈川県 | Trackback | Comments(4)

原生林にて~クマゲラ

北海道シリーズも今回が最後です。今回は偶然にもクマゲラとヤマゲラという2種類のキツツキに出会うことができました。この2種類はいつか見てみたいと思っていました。しかし縄張りが広く個体数も多くないので難しいだろうと思っていましたが、幸運に恵まれました。

まずはクマゲラです。クマゲラは北海道に住む日本最大のキツツキです。今回、旭岳ロープーウェイの運休でがっかりしていると地元の方が場所を教えてくれました。ちょうど北海道から帰る日でしたので夕方の飛行機に間に合うか不安でしたが、約2時間半の移動をして見にいってきました。お名前は聞きませんでしたが、場所を詳しく教えてくれた方に感謝したいと思います。ポイントにつくと早速森の奥からキョーン、キョーンという声が聞こえてきました。聞いたことがなかったのですが、この声の主がクマゲラでした。どこにいるのかと思っているとどうやら巣の中から聞こえてくるようです。巣穴から顔をだしたクマゲラの雛です。巣立ちもまじかなようです(注)
b0148352_2332788.jpg

雛の鳴き声が一段と高く大きくなったと思ったときに親鳥がやってきました。大きいです。頭の赤い部分が少ないのでメスです。
b0148352_2334098.jpg

我先にと餌をうけとろうとする雛たち。非常に賑やかな家族です。
b0148352_2335727.jpg

クマゲラのお母さんはまた餌をさがしに出かけました。羽根の音が聞こえてきそうな感じのダイナミックな羽ばたきです。
b0148352_2341415.jpg

次にやってきたのはお父さんです。頭の赤い部分がメスに比べるとはっきりしています。
b0148352_2343128.jpg

すると突然飛び立ちなんと目の前の白樺の木に止りました。その距離約15メートル!でかいです(笑)
b0148352_2345225.jpg

白樺の木でしばらく鳴いていましたが、再び森の中に消えていきました。
b0148352_2351771.jpg

クマゲラのような大型のキツツキが生息していくためには広い原生林が必要です。いつまでもクマゲラが住める森であってほしいと思います。
(注)この雛はすでに無事巣立ったとのことですのでブログに掲載しました。

次はヤマゲラです。このヤマゲラのカップルはやはり旭岳ロープーウェイが運休になった日に何気なく近くの木を見ていたときに偶然見つけました。ほどなく飛んでいってしまったのですが、またしばらくすると戻ってきました。なにかあると思い観察していると足もとになにやら穴が開いています。
b0148352_2354669.jpg

この個体はメスのようです。本州にいるアオゲラと似ていますがお腹のシマシマがありません。
b0148352_2355845.jpg

すると今度はメスと交代でオスがやってきました。頭に赤い部分があります。
b0148352_2361658.jpg

メスとオスの交代のシーンです。約30分ごとに交代していました。
b0148352_2362979.jpg

b0148352_2364293.jpg


今回の北海道では合わせて70種類以上の野鳥を観察することができました。道北でのシマアオジとの出会い、海岸でのオジロワシとの遭遇が印象に残っていますがもうひとつ今回ご紹介したクマゲラとの出会いも非常に印象深いものとなりました。今回も天候にはばまれ残念ながらギンザンマシコは撮れませんでしたが、シマフクロウ、タンチョウ、ギンザンマシコは次回のお楽しみに残しておきたいと思います。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-14 23:08 | 北海道 | Trackback | Comments(10)

北海道の鳥たち~オジロワシ

北海道シリーズ第5弾です。今回はランダムに紹介していきます。

まずは今回撮影できてうれしかったオジロワシです。オジロワシは主に冬鳥として北海道周辺にやってきますが、オオワシと違って一部が夏に北海道に残って繁殖しています。今回はサロベツ周辺の海岸沿いでよくその姿を見かけました。できれば止まっている姿を撮りたいと思っていたのですが、なかなか近くによらせてもらずにいましたが、4日目の移動中海岸沿いに車をとめていると近くに何かが止まりました。なんとオジロワシです。
b0148352_1027632.jpg

ちょう換羽?の時期なのでしょうか?ちょっとぼさぼさしたオジロワシ(笑)でしたが近い距離で撮影できました。止っていると特徴である尾の先端の白い部分は見えません。
b0148352_10272577.jpg

飛び出しを狙おうとカメラを持ち直した瞬間に飛ばれてしまいました(涙)これだけ近くで見たのははじめてだったのでその大きさと迫力に鳥肌が立ちました。

続いても猛禽類のチュウヒです。下の写真は下サロベツで撮影したものです。藪から突然飛び出し旋回するところをワンカットのみ撮影しました。体全体が灰色っぽくてどうみてもハイイロチュウヒです。チュウヒ類は個体差が大きいですが、この個体はチュウヒに見られるような縞はいっさいなく、間違いなくハイイロチュウヒに見えます。が、しかし、ハイイロチュウヒがこの時期海道にいると言う話は、聞いたことがありません。う~ん。。
b0148352_10274860.jpg

もう一枚は移動中に車の中かから撮影しました。草原の上をダイナミックに飛び回っていました。
b0148352_1028105.jpg


3種類目はオオセグロカモメです。この鳥も北海道では繁殖していてあちこちの海岸で見ることができました。写真の個体は成鳥の夏羽です。夏羽では冬羽と異なり頭が真っ白になります。
b0148352_102843100.jpg

2枚目の写真は水浴びをしているシーンです。よくみるとウミネコ(足が黄色で小さい)との混群のようです。
b0148352_10292062.jpg


4種類目はオオジシギです。オオジシギもいろいろな場所で見られました。サロベツでは複数の個体がディスプレイフライトを行っていてとても賑やかでした。夕方になるとこのように地上近くで休むことが多くなります。反射板の上のオオジシギです。
b0148352_1029487.jpg

下の写真はやはり移動中の車の中から撮影しました。北海道では道端に野鳥が沢山いるので移動中も気が抜けません。牧場の鉄の扉に上で休んでいました。
b0148352_10301033.jpg


最後はアカエリカイツブリです。道北で撮影しました。アカエリカイツブリも道北で繁殖します。なかなか近くに来てくれずに距離がある写真しか撮れませんでした。
b0148352_10303967.jpg


次回はクマゲラとヤマゲラを紹介します。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-12 10:32 | 北海道 | Trackback | Comments(11)

外洋の鳥たち~ミズナギドリ・ウミツバメ

銚子沖海鳥シリーズ第2弾です。今回、アホウドリ類とともに楽しみにしていたのがミズナギドリ、ウミツバメ類です。この仲間は外洋性が強く船に乗らない限りなかなか目にする機会の少ない仲間です。それほどめずらしいという種類でなくてもしっくり観察した経験はほとんどありません。最もポピュラーなオオミズナギドリは下面が白っぽいく、大きさも大きいので比較的識別しやすいのですが、今回見られたミズナギドリのうち、アカアシミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリは3種類とも上面、下面とも暗黒色で判別が非常にやっかいです。

ますはアカアシミズナギドリ。アカアシミズナギドリはこの3種のなかでも嘴に特徴があるため比較的判別しやすいです。アカアシミズナギドリの嘴はピンク色で先端が黒です。写真からわかるでしょうか?
b0148352_92774.jpg

足もピンク色だそうですが、足がわかる写真はありませんでした。海面に浮かんでいたアカアシミズナギドリです。
b0148352_923757.jpg


次にハシボソミズナギドリです。ハシボソミズナギドリは全身黒褐色で嘴は灰黒色で短めです。足も黒く額が飛び出してみえるのが特徴です。
b0148352_933884.jpg

海面に浮かんでいたハシボソミズナギドリの群れ。
b0148352_941095.jpg


ハイイロミズナギドリです。ハシボソミズナギドリと酷似しますが、ハイイロミズナギドリは嘴が太長く、おでこの突出もハシボソミズナギドリに比べると少ないのが特徴です。また、下面は白っぽく、雨覆には羽軸が明瞭に見えるという特徴があります。
b0148352_945641.jpg

b0148352_953698.jpg


これはフルマカモメです。カモメという名前は付いていますが、ミズナギドリの仲間です。フルマカモメの特徴は首が短くずんぐりとしていて、翼幅が広く、短め。全体的にズングリという印象です。飛んでいる個体もいたのですが、撮影はできず海に浮かんでいたものをかろうじて撮影できました。淡色型の個体です。
b0148352_961745.jpg


最後に今回ウミツバメ類で一種類だけ撮影できたクロウミツバメです。クロウミツバメは日本の南硫黄島のみで繁殖する希少種で、非繁殖期にはフィリピン、ケニヤ沖まで南下するとのことです。いままでは南方系の鳥だと考えられていた種類が銚子沖で見られるとはちょっと意外な感じです。
b0148352_96551.jpg

尾羽はアルファベットの「V」字状で、やや深い切れこみが入るのが特徴で全身は黒褐色の羽毛で覆われています。翼は長く幅広く、大雨覆は淡褐色で、飛翔時には逆「ハ」字状の斑紋(翼帯)に見えます。下の写真はクロウミツバメが咥えている獲物をクロアシオホウドリが狙っているシーンです。クロウミツバメはこの獲物にありつけたのでしょうか?
b0148352_973137.jpg


この日はほかにコシジロウミツバメとアシナガウミツバメが見られたそうですが、私はみることができませんでした。今回の船上からの撮影は弟から拝借した300mmF4にテレコン+D3という組み合わせで撮影してみましたが、この300mmの画像の良さには驚きました。船上からの撮影はこのサイズのレンズがベストかもしれません。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-10 09:13 | 千葉県 | Trackback | Comments(7)

海上のグライダー~クロアシアホウドリ

北海道シリーズはちょっとお休みして今回は外洋の海鳥たちを紹介します。友人からイルカ船に乗って海鳥をみないかと誘われた時にはいままで海鳥をみた経験があまりないのと船の上からの手持ちでの撮影にちょっと不安を覚えましたが、思い切って行ってみることにしました。目的はまだ見たことのないアホウドリ類、ウミツバメ類です。

朝八時、いよいよ出港です。天候は予想がいいほうに外れて薄日が射す絶好のコンディションです。目的地は銚子沖約30キロの外洋です。ワクワクしながら船の外にでて待っているとまず出迎えてくれたのはオオミズナギドリでした。
b0148352_8543851.jpg

船のすぐそばにまでやってきます。いままでじっくりと撮ったことがなかったので、練習台としてたくさん撮ってしまいました。
b0148352_8551319.jpg

これは海の上で休んでいた個体です。さすが銚子沖、鳥影が濃いです。
b0148352_8554683.jpg


次に現れたのが目的のクロアシアホウドリです。世界中でアホウドリの仲間は10種類以上いますが、北半球に生息しているアホウドリはこのクロアシアホウドリを含めて3種類です。最初は遠くでしたがだんだん近くにくるにつれ大きさがわかりまいした。大きいです!翼を広げると2メートルにも達します。
b0148352_8563596.jpg

船のすぐそばまでやってきました。ただただデカイ!!
b0148352_857845.jpg

b0148352_8573770.jpg

まるでグライダーのように羽ばたきすることなく海面を滑るように飛びます。
b0148352_8581488.jpg


この日、クロアシアホウドリは違う個体がかわるがわる出現してくれました。もうひとつのお目当てだったコアホウドリは時期が遅かったのか見られませんでしたが、クロアシアホウドリをみることができて感激しました。誘ってくれたMさんにはただただ感謝の一言です。ありがとうございました。他にもいろいろな方がわかりやすく教えてくれたので、なんとか種類の識別もできました。次回はこの2種類以外の鳥を紹介します。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-08 09:00 | 千葉県 | Trackback | Comments(9)

北の草原の野鳥たち~ツメナガセキレイ

北海道シリーズは第4弾は今まで紹介してきた以外の草原の鳥たちです。今回は朝方に雨が降ることが多く、なかなか思ったように撮影できませんでしたが、北海道の魅力は十二分に味わうことができました。この時期はなわばり宣言のため多くの野鳥が目立つ場所に出てきてくれるので非常に撮影しやすい時期です。また、いっぺんに複数の野鳥のさえずりが聞こえますので、識別の勉強になりました。

まずはコヨシキリから紹介します。北海道の原野は今に時期このコヨシキリの声で溢れています。どこの草原にいってもコヨシキリの声を聞くことができ、かつ非常に目立つ場所に出てきてくれるので撮影しやすいです。蘆の先端でさえずるコヨシキリです。
b0148352_2014262.jpg


2種類目はこれまたどこにでもいたヒバリです。このヒバリはわれわれが普段見るヒバリとは別亜種でオオヒバリといいます。パッと見普通のひばりよりやや大きく感じられるのと赤っぽくないというのがオオヒバリの印象です。サロベツ原野のビジターセンター前の駐車場で数羽が砂浴びしていました。
b0148352_2015590.jpg


3種類目はツメナガセキレイ(キマユツメナガセキレイ)です。北海道の北の原野を代表する鳥の一つだと思います。日本で見られるツメナガセキレイは4亜種に区分されますが、そのなかで唯一日本で繁殖する種類です。本州や他の地域で渡りの時期に見られる種類はこれとは別の亜種ということが多いようです。しかし、与那国島などの南西諸島ではツメナガセキレイの越冬個体が多数みられるとのことでした。北海道に到着して最初に撮った写真がこの写真です。足元をみていただくと名前の由来どおりツメが非常に長いです。なんのためにながくなったのでしょうか?興味があります。
b0148352_2015379.jpg

ここでは花と一緒に撮ることもできました。これは北海道ならではです。。
b0148352_2016591.jpg

近くに巣があるのでしょう。なんどもこの位置にやってきてこちらの様子をうかがっていました。
b0148352_20163445.jpg


4種類目はベニマシコです。関東周辺では冬に見ることができますが、北海道では繁殖をしていてこの時期は夏羽の個体をみることができます。冬羽も美しいですが、夏羽はさらに赤が増してイチゴ色をしています。雨のなかの移動中に車の中から撮影しました。
b0148352_2017299.jpg

b0148352_20173056.jpg

これは別の場所で撮影した個体です。ちょっと赤が薄いですがメスと一緒にいたのでこの場所で繁殖している個体だと思います。
b0148352_20175992.jpg


最後はニュウナイスズメです。草原の鳥というわけではありませんが、写真の個体は海岸沿いの原生花園で出会いました。すぐそばに巣でもあるのでしょう。地上で虫をつかまえてすぐに飛び去りました。子育てまっさかりといった感じです。
b0148352_20182783.jpg

b0148352_20185886.jpg


次回はオジロワシ、オオジシギなどを紹介する予定です。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-07-06 20:20 | 北海道 | Trackback | Comments(7)