<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小・中型カモメ

今回はカモメ類の紹介です。今回はミツユビカモメ、ユリカモメ、カモメです。(トップはミツユビカモメ)
b0148352_14243598.jpg


ミツユビカモメ(L38~40㎝)、成鳥冬羽
b0148352_1425185.jpg

b0148352_14255928.jpg

ミツユビカモメ、第1回冬羽
b0148352_14265542.jpg

b0148352_14272779.jpg

b0148352_14302547.jpg


ユリカモメ(L37~43㎝)、成鳥冬羽
b0148352_1430584.jpg

ユリカモメ、第1回冬羽
b0148352_14314636.jpg


カモメ(L40~46㎝)、成鳥冬羽
b0148352_14323695.jpg

カモメ、第3回冬羽
b0148352_1433820.jpg


2010年3月中旬・撮影地千葉県銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-30 14:34 | 千葉県 | Trackback | Comments(2)

アビ・シロエリオオハム

今回も海鳥の紹介です。
アビ(L53~69㎝)、冬羽。
b0148352_10525334.jpg

b0148352_10533766.jpg

b0148352_10535454.jpg

b0148352_1054846.jpg

b0148352_10542174.jpg

b0148352_10543553.jpg

b0148352_105510100.jpg

b0148352_10552656.jpg


シロエリオオハム(L65㎝)、冬羽。
羽根が油で汚れてしまった個体です。
b0148352_10554199.jpg

b0148352_10555628.jpg

b0148352_10561824.jpg


2009年3月・撮影地茨城県波崎(シロエリオオハム)/2010年3月・撮影地千葉県銚子(アビ)
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-28 10:59 | 千葉県 | Trackback | Comments(4)

ウミスズメ

今回も銚子周辺の鳥たちの紹介です。

ウミスズメ(L28cm)、冬羽
b0148352_11193728.jpg

b0148352_112038100.jpg

b0148352_1121228.jpg

上の個体とは別個体です。背中に何かが刺さっています。
b0148352_11222114.jpg

b0148352_11232159.jpg


ヒメウ(L73cm、W98cm)、冬羽
b0148352_1141786.jpg

ヒメウ、幼鳥又は若鳥
b0148352_11253255.jpg


イソヒヨドリ(L23cm)、オス
b0148352_11275476.jpg

b0148352_11292798.jpg

イソヒヨドリ、メス
b0148352_1133944.jpg

b0148352_11332817.jpg


2010年3月中旬・撮影地千葉県銚子・茨城県波崎
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-24 11:35 | 茨城県 | Trackback | Comments(6)

ハジロカイツブリ他2種

今回は銚子周辺で見られたカイツブリ類を紹介します。(トップはハジロカイツブリ)
b0148352_1345158.jpg


ハジロカイツブリ(夏羽)
b0148352_13453563.jpg

b0148352_13455738.jpg

ハジロカイツブリ(冬羽)
b0148352_13461326.jpg



カンムリカイツブリ(夏羽)
b0148352_13463020.jpg

b0148352_13464652.jpg

b0148352_1347341.jpg



アカエリカイツブリ(夏羽)
b0148352_13472029.jpg

b0148352_13473320.jpg

b0148352_13474775.jpg

b0148352_1348059.jpg



2010年3月中旬・撮影地千葉県銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-20 13:52 | 茨城県 | Trackback | Comments(5)

春の日差しの中で~ヤマセミ・オリドリ他

ヤマセミです。
b0148352_23191939.jpg

この季節、冬鳥たちは続々と北へ帰っていき、夏鳥の到来にはまだ早いという時期で鳥を見る人間としてはいささか寂しい時期でもあります。4月に入れば本格的な渡りのシーズンに入りますので、干潟のシギチ類、海上のミズナギドリ類など今から楽しみです。

さて、今週は先週に引き続き、時間のあいた平日に地元のポイントをいくつか回ってみました。本命には振られましたが、前回紹介したカワガラス、今回紹介するヤマセミにはしっかり会うことができました。まだまだ地元も捨てたもんじゃありません(笑)午前中、本命のクマカタを待ちましたが遠くの尾根を旋回したのみで写真は撮れませんでしたので、午後からは確率の高いヤマセミを見に行きました。前回とは違うポイントで待っていると30分ほどでやってきました。まず、100メートルほど離れた枝に止ります。♂です。
b0148352_23225923.jpg

さかんに鳴いていると上流から♀がやってきました。
b0148352_23231997.jpg

♂、♀ともに鳴きながら周囲を飛びまわりますが、残念ながらねらった場所には降りてくれません。繁殖期が近いので行動パターンが変わっているのかもしれません。それでも♂、♀ともに交互に私から正面の枝に止まってくれました。♀の羽づくろいです。
b0148352_23234097.jpg

b0148352_2324046.jpg

b0148352_2324215.jpg

その後、しばらくして2羽とも上流に向かって飛び去っていきました。このペアは昨年と入れ替わっているようです。長く観察していると結構頻繁に個体が入れ替わるのがわかります。

同じポイントにいたコガモです。コガモはカモ類の中でも最も遅くまで見られます。
b0148352_23244111.jpg

左が♀、右がオスです。光がよかったので頭の色がよくでました。普段はなかなかレンズを向けない種類ですが、彼らにあえるのもあと少しの間ですね。
b0148352_23245711.jpg


最後にオシドリです。ヤマセミのポイントのちょっと上流で見つけました。普段はもう少し上流の暗い川べりで見られることが多いのですが、この日は10羽ほどのい群れで水浴びをしていました。こんなに開けた明るい場所で見られるとはちょっと意外です。渡りの時期が近いからでしょうか??
b0148352_23251970.jpg

♂と♀の群れですが、ほとんどが♂でした。逆光でしたが♂の美しい繁殖羽を堪能できました。
b0148352_23254312.jpg

b0148352_2326157.jpg


カワガラス、ミソサザイ、ヤマセミそして思いがけずオシドリと渓流の鳥たちが満喫できた一日でした。

2010年3月中旬・撮影地神奈川県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-17 23:27 | 神奈川県 | Trackback | Comments(6)

季節はずれの大雪~カワガラス

カワガラスです。
b0148352_10391586.jpg

カワガラスは比較的標高の高い山の渓流に留鳥として住んでいます。名前の由来は川にすむ黒い鳥という意味でカラスという名前がついていますがカラスの仲間ではありません。カワガラスの最大の特徴は水の中を泳ぐことで、水の中を泳ぎながら餌である水生昆虫を探します。

この日は2~3日前までの季節外れの大雪でポイントに向かう道路の脇には除雪した雪の塊がたくさんありました。標高が高くなるにつれて残雪の量も増え、ポイントの手前からは道路まで雪がある状況です。当然、周りは一面の銀世界!自宅から40分ほどの場所ですが景色がまったく違いました。河原も雪に覆われており、春に向かって準備をしていた周囲の木々たちもびっくりしているような感じかしました。そんな状況でしたのでカワガラスにあえるか少し不安でしたがポイントに着くとビッ、ビッというカワガラスの声が聞こえてきました。
b0148352_10393015.jpg

カワガラスは雌雄同色でパッ見は黒く見えますがよく見るとチョコレート色です。岩から岩に移動しながら餌を探します。なかなか行動は俊敏です。
b0148352_1039459.jpg

b0148352_10395880.jpg

前述のようにカワガラスは水に潜って餌を探しますので瞼が他の鳥とは違う構造のようで時々このように瞼を閉じると目が真っ白にみえます。
b0148352_10401318.jpg

この日は2羽のカワガラスが見られました。つがいのようです。カワガラスは他の鳥よりも早めに繁殖するので毎年GWには雛連れで見られます。今年ももうすぐ巣を作り始める時期です。この日は残雪が残る岩の上をしきりに動き回っていました。
b0148352_10402949.jpg

b0148352_10404555.jpg

周りには沢山の雪が残っていましたが、日が差すと春の暖かさを感じられました。
b0148352_10405947.jpg


朝方は少し曇り空でしたが昼過ぎからは時々日が差すようになってきました。周りは雪に覆われていますが日が差すと春を実感できます。そんな中、渓流ではミソサザイのさえずりが聞かれました。まだまだ数は少ないようですがカワガラスのポイントでも一羽のミソサザイが声高らかにさえずりを聞かせてくれました。
b0148352_10411471.jpg

b0148352_10412634.jpg

いつもながら思いますが、この小さな体のどこからあの音量のある素晴らしいさえずりをするパワーがでてくるのでしょうか?このミソサザイのさえずりが渓流のあちらこちらから聞こえてくると春本番になります。

2010年3月上旬・撮影地神奈川県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-14 10:43 | 神奈川県 | Trackback | Comments(8)

一瞬の出会い~ヒメハジロ

ホオジロガモです。
b0148352_22471497.jpg

少し前になりますが、東京湾にヒメハジロという珍しいカモが来ているというお話をいただき、今にも雨が落ちてきそうな空のもと行ってきました。ポイントにつくとすでに何人かの方が沖合を双眼鏡で覗いています。事前にスズガモの群れの中にいると聞いていたので丹念に探してみるといました!特徴である顔の白い部分が見えました。しかしその距離は200メートル以上!晴天ならまだしも曇天では写真で撮っても判別ができないくらいの距離です。するとヒメハジロではありませんが、ホオジロガモのペアが比較的近くに浮かんでいるのを発見しました。右が♂、左が♀です。
b0148352_22473519.jpg

b0148352_2248018.jpg

晴天ならばホオジロガモの♂の頭のグリーンがきれいにでるのですが、この日は残念ながら色はでませんでした。
b0148352_22483796.jpg

b0148352_2249999.jpg

すると遠くにいたヒメハジロがサーファーに驚いて近くにきました。あわててファインダーを覗くと今度は別のサーファーに驚いて飛び立ってしまいました。なんとか撮れたカットが下の写真です。3羽のうち下をとんでいる顔の部分が白いカモがヒメハジロです。上の2羽はホオジロガモです。
b0148352_22505128.jpg

b0148352_22514069.jpg

その後、ヒメハジロは沖に出てしまい戻っては来ませんでした。聞くところによるとこの個体は♂の若鳥とのことですが、私は一瞬しか見られなかったのでオスの若とメスの違いがよく分かりませんでした。残念です。

同じ場所にいたコクガンです。この個体はとうとう越冬したようで最初に見たとき(写真ですが)より首の白いワッカがくっきりしてきていました。成鳥への換羽が進んできたようです。
b0148352_2252759.jpg

b0148352_2252301.jpg


しばらくいたヒメハジロもここ数日で抜けてしまったようです。ちょっと残念ですが次回はもっと近くで観察してみたいと思います。

2010年2月下旬・撮影地千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-10 22:54 | 千葉県 | Trackback | Comments(10)

たまの晴れ間に~ヤマセミほか

ヤマセミです。
b0148352_1021019.jpg

ここ1~2週間ほど天気が安定せず、週末は曇り又は雨の日が続いています。久しぶりに午後から半日時間があき、幸運なことに青空が広がってきたのでちょっとの時間ですが地元の川にヤマセミを見に行ってきました。ヤマセミは午後からでも見られることは見られるのですが、警戒心が強い鳥ですので人間の姿をみるとその日はその場所に戻ってこないことが多く、ポイントに着いたときにヤマセミが先にその場所にいるとと撮影が難しくなります。特にこれからの時期は繁殖期に入りますからますますその傾向が強くなります。この日もポイントに着いた瞬間、ヤマセミが電線に止まっており、早速その姿が確認できたのは良かったですが次の瞬間に飛んでしまいました。しばらく車で待っていると戻ってきましたが少し離れた対岸の枝に止まりました。胸の模様から♂とわかりました。
b0148352_10232042.jpg

さかんに周りを気にしています。なにがきになるのでしょうか?
b0148352_10234388.jpg

b0148352_1024557.jpg

と次の瞬間、上流からやってきた♀とともに茂みの中に隠れてしまいました。その後は茂みの中に隠れたままで仕方なく、別の何箇所かを回って生息状況を確認したところ全部で5羽のヤマセミが見られました。無事繁殖してほしいと思います。

ヤマセミの撮影中に撮ったセグロセキレイです。澄んだ清流で水浴びをしていました。
b0148352_10243561.jpg

b0148352_10245231.jpg

b0148352_1026523.jpg

別の場所にいたカワアイサ♀。警戒心が強く河原に降りただけで飛ばれてしまいました。
b0148352_10262319.jpg

b0148352_10264127.jpg

b0148352_1027062.jpg


久しぶりに地元の川を見てまわりましたが、周囲の畑では菜の花が咲き、早咲きの桜がきれいなピンク色の花を咲かせていました。もう、春ですね。

2010年3月初旬・撮影地神奈川県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-06 10:30 | 神奈川県 | Trackback | Comments(8)

出水の思い出~ナベヅル

ナベヅル(Hooded Crane )です。
b0148352_2212422.jpg

一月の出水探鳥では4種類のツルに会うことができました。出水地方に渡来するツルの中で最も数が多いのがこのナベヅルです。9,000羽以上がこの出水地方で越冬しますが、これは全世界のナベヅルのほとんどであると言われています。病気の集団感染などによる絶滅をさけるために他の場所に越冬地を分散させる試みが行われているようですがなかなかうまくいかないようです。
b0148352_221225100.jpg

b0148352_22124439.jpg

ナベヅルの体は灰黒色で頭部と首は白く頭頂は黒と赤のコントラストが目立ちます。雨覆は灰黒色で風切は少し黒味が強いく、嘴は黄色で足は黒いというのが主な特徴です。マナヅルもそうですがこのナベヅルも家族の絆が強いのでしょう。必ずと言っていいほど親子で行動しています。左が幼鳥です。幼鳥は体の黒味が強く、頭部から首が黄褐色を帯びます。また成鳥と異なり目の周りが目の周囲が黒いという特徴があります。ものの本によればほぼ3年で成鳥とほぼ同じ羽色になるそうです。
b0148352_2213588.jpg

別の場所にいた親子。左が成鳥、右が幼鳥です。
b0148352_22132717.jpg

この親子は子供が一羽。
b0148352_22134516.jpg

この親子は子供が二羽います。繁殖の際には卵を2つ産むという点では他のツル類に共通しています。
b0148352_22141413.jpg

親子での飛翔。
b0148352_22143683.jpg

移動も常に家族単位です。
b0148352_2215292.jpg

ナベヅルはマナヅルに比べると少し大人しい声で鳴きますが、飛翔中にもよく鳴いていました。
b0148352_22152213.jpg

縄張り意識は強いようで、ほかのナベヅルが来ると追っ払います。
b0148352_22163523.jpg

b0148352_22171294.jpg

最後にえさ場に集まったナベヅルとマナヅルです。こんな場所が何ヶ所かありますので、珍種のツルを探すのは結構大変です(笑)
b0148352_2217347.jpg

本来、ツルにとっては自然の環境の中で越冬できると一番いいのですが、そんな安住の場所が日本だけでなく近隣諸国にも残されてないという事実は受け止めなければならないでしょう。そんな環境のなかツルたちはたくましく生きています。来年また元気な姿をみてみたいものです。

2010年1月下旬・撮影地鹿児島県出水市
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-04 22:18 | その他の地域 | Trackback | Comments(7)