<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヘラサギ(Eurasian Spoonbill)~2014.01

b0148352_16133335.jpg
昨年より飛来しているというヘラサギを見に行ってきました。数年前に琵琶湖で観察して以来、今回で2度目となります。世界的にはヘラサギよりも数が少ないと言われるクロツラヘラサギは、ここ数年関東周辺で比較的観察例が多くなりましたが、ヘラサギが関東周辺で観察されるにはかなり希です。事前にほかの方のブログの写真を見て、幼鳥だということは承知していました。やはり迷行して関東にやってくる個体は幼鳥が多いですね。前回琵琶湖で観察したのは成鳥の冬羽。それに比べると特徴である嘴が成長は黒ベースに先端に黄色い部分が入るのに対して幼鳥は全体的に黒みを帯びたピンク色。体色も風切先端が黒く、さらに羽を広げると羽軸にも黒い部分が見られました。これはクロツラヘラサギにも同じ特徴が見られます。


朝方、現地に到着したときは岸辺で寝ていましたが、しばらくすると動き出し、活発に餌を探していました。特徴である嘴を水の中に入れて左右に振るように採餌するする行動はやはりユーモラス。
b0148352_1614234.jpg
b0148352_161437100.jpg
b0148352_16144993.jpg



夕方にもう一度現場に戻ってみると午前中よりさらに活発なヘラサギの行動を見ることができました。
b0148352_16284331.jpg
b0148352_16285432.jpg
b0148352_1629666.jpg

このヘラサギ、我々が観察した日を最後にこの場所から移動したようで、おそらく同じ個体とおもられるヘラサギが今度は神奈川に出現しているようです。

2014年1月上旬・撮影地埼玉県伊佐沼
[PR]
by hideaki0310 | 2014-01-27 07:00 | 埼玉県 | Trackback | Comments(0)

シノリガモ(Harlequin duck)~2014.01

b0148352_185922100.jpg

この場所は毎年シノリガモが渡ってくる場所です。神奈川県民の私からするとシノリガモはなかなか近場では観察できないので、この周辺に来た時には必ずこの場所に寄ります。この日は20羽ほどのシノリガモを観察することかできました。やや距離はありましたが、順光の光線の中、シノリガモの特徴的な模様を楽しむことができました。海中に沈められたテトラポットの周辺で盛んに潜水を繰り返しながら餌を探していました。
b0148352_18594369.jpg
b0148352_1859559.jpg
b0148352_1901044.jpg



クロガモ♂。このクロガモの地元神奈川ではなかなか目にすることができない種類です。この時期、この海域ではフィールドスコープを使って沖合を観察するとたくさんのクロガモを見ることができます。この日も海岸に比較的近い場所から沖合までたくさんのクロガモを見ることができました。
b0148352_1902257.jpg
b0148352_19038100.jpg

(上の2羽はスズガモ)


ホオジロガモ♀。この写真はほかの場所で撮影したものですが、この日、小さな漁港を覗いてみるとキンクロハジロ、ホシハジロに混じってホオジロガモの姿を観察することができました。
b0148352_1913019.jpg


2014年1月上旬・撮影地九十九里
[PR]
by hideaki0310 | 2014-01-24 07:00 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

ミミカイツブリ(Horned Grebe)~2014.1

b0148352_1110762.jpg

久しぶりに訪れた九十九里では、久しぶりにミミカイツブリ(冬羽)を観察することができました。このミミカイツブリ、同じ仲間のハジロカイツブリなどに比べると目にする機会は少ないですが、この海域ではこの時期比較的よく目にすることができます。この日は我々がカメラを構える堤防の周りをウロウロしながら盛んに餌を探していました。
b0148352_11112151.jpg
b0148352_11113316.jpg

観察していると潜水によって獲物を捕獲する確率はかなり高く、写真のような根魚を何匹も見事に捕えていました。


少し離れた場所で撮影したハジロカイツブリ(冬羽)。この時期のハジロカイツブリは単独で見られることが多いですが、もう少し時期が進み羽色の中に春の気配が感じされるようになると群れを作り泳ぎ回る姿を見ることが多くなります。
b0148352_11123128.jpg
b0148352_11124775.jpg



ミミカイツブリと同じ場所で撮影したアビ。沖合に浮かぶビロードキンクロを観察していたところ、突然近くにやってきました。近くといっても距離は100メートルくらいでしょうか。。この日はアビのほかにオオハムと思われる個体とアカエリカイツブリを観察することもできた。やはりこの海域は海鳥が面白い。
b0148352_1113990.jpg
b0148352_11131869.jpg


2014年1月上旬・撮影地九十九里
[PR]
by hideaki0310 | 2014-01-21 07:00 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

九十九里(中谷里・一宮)~2014.1

b0148352_1035297.jpg

今年の初めアラナミキンクロの一報をいただき、ようやく時間をとって見に行くことができた。結果としてアラナミキンクロまでの距離は推定250~300メートル!それでもフィールドスコープに60倍のレンズを接眼してみると、特徴である嘴、後頭部などをじっくり見ることができた。前回観察した時は波崎の堤防から500メートル近く離れていたので、スコープでもやっと識別できる距離だった。アラナミキンクロの特徴がはっきりわかる距離で観察することができたのは初めての経験となった。アラナミキンクロは前回観察した時と同様、ビロードキンクロの群れに混じって行動していた。アラナミキンクロもそうだったが、今回はビロードキンクロの数の多さに驚いた。一箇所にかたまっているわけではなく、5~10羽の群れがあちこちに浮かんでいる。遠くの群れまで含めると200羽以上はいたのではないだろうか。。。これも貴重な体験となった。


アラナミキンクロ♂。300Mは離れていただろう。頑張ってこれくらいの大きさに写すことが精一杯。
b0148352_10482856.jpg
b0148352_10484127.jpg
b0148352_10485389.jpg



ビロードキンクロ。波崎では500羽以上の群れを目にしたことがあるが、この海域でこれだけの数のビロードキンクロが見られるとは思っていなかった。。
b0148352_10513177.jpg
b0148352_10514816.jpg

今年は北極圏から南下する寒気団の影響で北米大陸は猛烈な寒波に襲われているという。そういった気象的な影響によりこれからの季節普段目にできない種類が観察できるかもしれない。機会があったら今シーズンはもう一度か二度、この海域を訪れてみたい。

(観察種)アビ(幼羽、1)、オオハム(1)、カイツブリ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンロハジロ、スズガモ、クロガモ、ビロードキンクロ(100+)、アラナミキンクロ(1)、シノリガモ、ホオジロガモ(3)、ウミアイサ、トビ、ミユビシギ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、カモメ、ウミネコ、キジバト、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス(以上41種)
[PR]
by hideaki0310 | 2014-01-16 07:00 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)

サバンナシトド(Savannah Sparrow)~2014.01

b0148352_1343627.jpg

静岡県に出現したサバンナシトド。このサバンナシトド、本来は北米大陸に生息する種類です。海外の図鑑などで調べてみるとたくさんの亜種に分かれており、体色の濃いものから薄いものまで様々です。今回発見された個体の特徴としては眉班は黄色、体色はやや薄め、胸から脇腹にかけての縦班がやや細いといったところでしょうか。。ミヤマシトドやキガシラシトドと同様、額から嘴にかけてが平面に見えます。非常に珍しい種類ですが、近年ちょくちょくこのサバンナシトドの話を聞くようになりました。昨シーズンは関東でもスズメの群れに混じって行動するサバンナシトドが観察されています。今回の個体もオオジュリンなどと一緒に行動しているようです。見られた環境としては、両者とも同様に広い農耕地の一角です。一見地味な野鳥ですので、発見されないだけでもしかしたら想像するよりも多くの個体が日本で越冬しているのかもしれませんね。普通種をしっかり観察することによってこういった珍種の発見につながるのでしょう。今回の発見者のかたに敬意を評したいと思います。
b0148352_1344599.jpg

b0148352_1345462.jpg


2014年1月上旬・撮影地静岡県
[PR]
by hideaki0310 | 2014-01-11 07:00 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)