群れの中に

コイカルです。コイカルはどちらかというと西日本に多く、関東ではなかなかお目にかかる機会がない野鳥ですが、東京近郊の都市公園に出ているとの情報をいただき見に行ってきました。実はこの日は、朝→ヒクイナ、昼→コイカル、午後→アカガシラサギと欲張りました(笑)
都市公園につくとまずイカルの群れを探しました。するとイカルの群れを発見!
b0148352_1320533.jpg

その群れのなかを丹念に探すと、いましたコイカルのメスを発見。なんかシメに似ていませんか?
b0148352_13215393.jpg

本命のオスはというといることはいるのですが奥に方にいてなかなか近くには寄ってきません。かなり距離があります。
b0148352_13225219.jpg

b0148352_1324194.jpg

するとようやく少し近くにやってきました。
b0148352_13252682.jpg

オスとメスの2ショット。
b0148352_1326119.jpg

枝どまりが撮りたくてしばらく粘りましたが、木にとまるのはイカルだけ。。最後は諦めました。
b0148352_13264690.jpg

次回はばっちり枝どまりを撮ってみたいですね!
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-02-12 13:17 | 東京都 | Trackback | Comments(0)

珍客来る!

アカガシラサギです。この鳥は本来中国南部から東南アジアにかけて生息する野鳥です。日本ではおもに渡りの時期に九州や沖縄で少数がみられるのみですが近年関東での観察例も増えてきました。先月に情報をいただき一度見に行ったのですがその時は見られませんでした。今回、先月の場所から少し離れた場所での目撃情報をいただき、だめもとで行ってみました。教えていただいた場所に着くと、一見していやな予感が。。というのもその場所は岸部が草で覆われており視界がきがずさらに周りが住宅地のため観察するポイントの非常に限られています。もちろん他にカメラマンはいません。半分あきらめかけていると同行した友人が「いたっ!」と一言。半信半疑で双眼鏡で覗くとまぎれもないアカガシラサギの姿が。草むらの中では完全に保護色です。冬羽は地味ですので周囲に溶け込んでいます。
b0148352_13121055.jpg

しばらく観察していると突然飛び立ちました。飛ぶと羽の白い部分が目立ちます。ひさしぶりに400ミリズームを使って手持ちで撮影してみました。
b0148352_13132694.jpg
b0148352_13134261.jpg

飛んで行った方向を探すといました。やはり草むらの中にいると周囲に溶け込んで本当に目立ちません。大きさも小さいのでさらに見つけにくいと思います。これも400ミリでの手持ち撮影です。
b0148352_13143573.jpg

あと2カ月もするときれいな夏羽に生え替ると思いますが、はたしてその時期までいてくれるでしょうか?あと欲をいえばもう少し撮影しやすい場所に出てきてくれるとありがたいのですが(笑)
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-02-10 13:00 | 神奈川県 | Trackback | Comments(0)

ヒクイナ((Ruddy-breasted Crake) ~2009.02

ヒクイナです。最近、話題になっているヒクイナに会いに行ってきました。
前回、ヒクイナとの出会いは20年前の初夏、横浜郊外です。今はすっかり様子が違っていますが20年前の横浜郊外はまだまだ田園風景が残っていました。その当時、夕方田んぼのあぜを歩いていると、「キョッ、キョッ、キョッ、キョッ」というヒクイナの声がよく聞こえました。稲の間にチラッと姿が見えたのを鮮明に覚えています。そんなヒクイナが今の時期に東京近郊にでているとの話を聞き、夏鳥のヒクイナがなぜ?との疑問が浮かびましたが、関西方面では近年越冬例が増えているそうです。フィールドに着くとこんな場所にヒクイナがいるのかと思うほど小さな川でした。ポイントに着くなり早速ヒクイナが出迎えてくれました。顔から胸、腹の赤褐色、赤い足が特徴です。
b0148352_1251450.jpg
b0148352_12512429.jpg

すごい至近距離です。こんな近くで見られるとは思いませんでした。羽を広げてサービスショットです。
b0148352_12524576.jpg

この写真では特徴である赤褐色の腹がよくわかりますね。
b0148352_1254147.jpg

餌を探しながら少しずつ移動していますが、開けた場所にはなかなかでてきません。そのとき、スーッと水面を泳ぎました。結構、泳ぎが達者のようです。
b0148352_1255176.jpg
b0148352_12554392.jpg

開けた場所にでてきました!ヒクイナは臆病なイメージがありましたのでこの個体には少々驚きました。
声はきけども姿がみえずのヒクイナをじっくり観察しました。こんなチャンス、そうそうありません!
b0148352_12565131.jpg

以前、撮ったクイナですが、ヒクイナのほうが一回り小さいです。
b0148352_12573337.jpg

この写真だともう一つの特徴である下尾筒の白い横縞がみえます。
b0148352_12582673.jpg

今回はこの時期にこの場所でヒクイナを見ることができて非常にラッキーでした。もしかしたら、近所にも越冬しているヒクイナがいるのかもしれませんね。
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-02-07 12:48 | 東京都 | Trackback | Comments(0)

フクロウとの出会い

今週末は撮影ではなく別の目的で出かけたため、現地に着いた時間も遅くなりました。
時間もよくないのでどうせなにもいないだろうとたかをくくり、いつも回る場所をさらっと見て昼食でもとろうかと思った矢先にフクロウを発見しました。こんなに明るい時間(午前11時)にここでフクロウをみたのは初めてです。それも距離が近い!カメラも用意しておらず慌てて準備し撮影したのですが焦って露出を大幅に間違えました。くやしいいい。。。
林縁の枯れ木の上にちょこんと止まっていました。
b0148352_21175323.jpg

撮影を始めるとこちらに顔を向けました。前回はかなり距離があったのでよくわかりませんでしたが、今回は距離が近かったので北海道で見たエゾフクロウとの色の違いがよくわかりました。やはり本州のものはかなり黒っぽいですね。
b0148352_21175031.jpg
b0148352_21187100.jpg

逃げられてしまうかなと思いましたが、しばらくその場で様子をうかがっていました。
b0148352_21184154.jpg

するとフワッと飛び立ち、林の中に消えていきました。露出をプラスにしすぎたためぼやっとした絵になってしましましたが、飛び立ち撮れました。
b0148352_2119115.jpg
b0148352_21192544.jpg

2回連続のフクロウになってしましましたが、この場所では初めて近距離で撮影することができました。これからしばらくこのあたりは一面雪に覆われているため、明るい時間もフクロウを見られる可能性は高いと思います。また、行っちゃうかもしれません(笑)
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-01-24 21:14 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)

青空をバックに

ノスリです。野辺山周辺で撮影しました。
この周辺にはケアシノスリがでているという情報をいただきうろうろしていたのですが、でてきたのはノスリでした。最初はかなり白っぽい個体だったのでもしやケアシでは?と思いましたが、後で写真を確認してみるとケアシではありませんでした。ケアシは撮ったことがないので次回に期待したいと思います。
少し残念でしたが、青空をバックに比較的近くでノスリを撮ることができました。
だんだんこちらに近づいてきます。車の中からだと気がつかないのでしょうか?
b0148352_21125128.jpg

んっ!?こっちみられてます??
b0148352_21131422.jpg

やはりこっちみてますよね???
b0148352_21133685.jpg

うん、完全にばれましたね。
b0148352_21135857.jpg

あれ~方向転換されてしまいました。
b0148352_21143274.jpg
b0148352_21144365.jpg

私の個人的な感想なんですが、最近ノスリって増えたようなきがしませんか?
昔はこんなに見なかったような気がするのですが。。いかがでしょうか?
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-01-13 21:07 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)