シマアオジ(Yellow-breasted bunting)/2009.06

b0148352_08421844.jpg
2009年6月中旬/撮影地北海道豊富町/ニコンD300・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR(テレコン1.7使用)


[PR]
# by hideaki0310 | 2017-05-29 19:00 | 過去の記録 | Trackback | Comments(2)

シマアオジ(Yellow-breasted bunting)/2009.06


b0148352_21585796.jpg
2009年6月中旬/撮影地北海道豊富町/ニコンD3・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR(テレコン1.7使用)


[PR]
# by hideaki0310 | 2017-05-28 08:00 | 過去の記録 | Trackback | Comments(0)

シマアオジ(Yellow-breasted bunting)/2009.06

b0148352_15401024.jpg
2009年6月中旬/撮影地北海道豊富町/ニコンD3・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR(テレコン1.7使用)

[PR]
# by hideaki0310 | 2017-05-26 19:00 | 過去の記録 | Trackback | Comments(0)

ズグロチャキンチョウ(Black-headed Bunting)/2017.05

今回の舳倉島で観察することができたズグロチャキンチョウ。島ではたびたび観察されていて過去にも何度か話を聞きましたが実際に観察することができたのは初めてです。ズグロチャキンチョウの本来の生息地は地中海沿岸から中央アジアにかけての地域です。日本はその生息地からかなり離れているためこの鳥が日本で記録された当初はカゴ抜け個体が定着して繁殖したいわゆる2次的分布が指摘されていました。というのもこのズクロチャキンチョウ、近縁のチャキンチョウとともにその容姿、鳴き声、飼いやすさからペットとしての人気が高く、30年ほど前までは相当数が輸入されていたようなのです。しかしながら近年では観察記録が増えてきたため自然飛来説が主流になったようです。ちなみに本来の分布の関係からチャキンチョウよりズグロチャキンチョウのほうが日本での観察例は多くあります。

今回観察できた個体は名前の由来となっている頭の黒い部分がやや薄く若い個体と思われます。それでも国内(特に南西諸島を除く本州以北)で観察されるものは幼鳥が多いため貴重な観察機会となりました。
b0148352_11003081.jpg

b0148352_11004176.jpg


b0148352_11004801.jpg
2017年5月上旬/撮影地石川県舳倉島/ニコンD500・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR





[PR]
# by hideaki0310 | 2017-05-22 19:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(4)

コサメビタキ(Brown flycatcher)/2017.05

b0148352_23572055.jpg
2017年5月上旬/撮影地石川県舳倉島/ニコンD500・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR

[PR]
# by hideaki0310 | 2017-05-21 20:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)