タグ:アカヒゲ ( 3 ) タグの人気記事

沖縄本島/2016.07.22~24

b0148352_2164289.jpg 
今春、次男が中学生になり一息つけたので夏の家族旅行は久しぶりに4人そろって沖縄に行ってきました。私は宮古又は石垣といった離島を考えていたのですが、他のメンバーの希望で沖縄本島にしました。初日の美ら海水族館、2日目のオクマビーチ、3日目のアメリカンビレッジなど沖縄本島を満喫してきました。7月の観光シーズンということで沖縄は家族連れを中心に観光客で溢れていました。またこの時期の沖縄は日中の日差しが強烈。しがたって鳥見が目的ということであれば完全なシーズンオフです。それでも行きがけに寄った三角池でヘラサギ、クロツラヘラサギを観察。同じく初日に少しだけ立ち寄った金武ではアオアシシギ、タカブシギなどのシギ類、2日目の夜のナイトツアーでは目的のヤンバルクイナを筆頭にリュウキュウコノハズク、オオコノハズク、アオバズクを見ることができました。そして3日目の早朝、やんばるの北部の林道でアカヒゲ、写真はダメでしたがノグチゲラを観察することができました。時期はずれということで鳥の方は正直期待していなかったのですが上々の結果となりなした。ただしカメラを間違えて旧型のD7100での撮影となってしまったのは反省点です。。。


b0148352_217239.jpg

b0148352_2355554.jpg

b0148352_2171169.jpg

林道で見つけたアカヒゲ。ご多分にもれず明るい場所には出てこないのでISO3200での撮影を強いられました。高感度に強いD500で撮影したかったのですが(笑)上の2枚の♂は今年生まれの若鳥と思われます。歩いているとすぐ脇のガードレールに飛び出してきました。警戒心も弱く目の前で餌をとっていました。下の写真は♀。7月の下旬ですが早朝ですとあちこちからアカヒゲの美声が聞こえてきます。

b0148352_0103748.jpg

ノグチゲラ。近くでドラミングが聞こえてきたと思っていたら突然真上の枝に飛んできました。真上の枝なのですが葉っぱと枝に阻まれ、撮れた写真は上の1枚だけでした。。残念。
2016年7月下旬/撮影地沖縄県国頭村/撮影機材ニコンD7100+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR


(観察種)
1 キジバト
2 ズアカアオバト
3 ゴイサギ
4 アオサギ
5 クロサギ
6 コサギ
7 ヘラサギ
8 クロツラヘラサギ
9 ヤンバルクイナ
10 バン
11 コチドリ
12 セイタカシギ
13 アオアシシギ
14 タカブシギ
15 ヒバリシギ
16 エリグロアジサシ
17 オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)
18 リュウキュウコノハズク
19 アオバズク(亜種リュウキュウアオバズク)
20 アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)
21 カワセミ
22 ノグチゲラ
23 ハシブトガラス(亜種リュウキュウハシブトガラス)
24 ヤマガラ(亜種アマミヤマガラ)
25 シジュウカラ(亜種オキナワシジュウカラ)
26 リュウキュウツバメ
27 ヒヨドリ(亜種リュウウキュウヒヨドリ)
28 ウグイス(亜種ダイトウウグイス)
29 メジロ(亜種リュウキュウメジロ)
30 セッカ
31 アカヒゲ(亜種ホントウアカヒゲ)
32 イソヒヨドリ
33 スズメ
34 シマキンパラ

[PR]
by hideaki0310 | 2016-07-26 07:00 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)

アカヒゲ~給餌

ヤンバルの森で見つけたアカヒゲのペアは雛への給餌に大忙し。♂は約10分おきくらいに餌を運んでくる。餌を見てみるとミミズや小さなムカデ、甲虫の幼虫のようだ。基本的に地面で餌をとるのだろう。このあたり冬になるとやってくるシロハラなどのツグミ類と餌が一緒であるため、冬の時期にはもっと南方に渡る個体群もいる。警戒音のような声を出しながら徐々に巣の周辺にやってくる。巣は渓流沿いの岸辺に立つ木の根元にあった。
b0148352_23493391.jpg
b0148352_23494264.jpg
b0148352_23495128.jpg
b0148352_2350086.jpg

♂に比べると♀は頻度が低かった。♂が3回に対して♀が一回という頻度。
b0148352_2350951.jpg
b0148352_23501973.jpg


今回は一泊二日の滞在で44種を確認。やや気温が低くあてが外れた部分もあったが、アカヒゲ、ヤンバルクイナ、ノグチゲラを観察できた。見知らぬ土地の中で、まだ見たことのない野鳥を探す。私にとってのBWの醍醐味の一つを満喫できたことがなによりの収穫だった。本格的にあたたかくなる4月中旬~下旬は沖縄のベストシーズンと言えるだろう。

2012年4月上旬・撮影地沖縄県国頭村
[PR]
by hideaki0310 | 2012-04-27 07:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

アカヒゲ(Riukiu Robin)~2012.04

b0148352_1102830.jpg

4月のヤンバルの森は非常に賑やかだ。早朝、谷のあちこちからアカヒゲの澄んださえずりが響き渡り、ノグチゲラのドラミングの音が響き渡る。森の生き物たちも一斉に活動を開始し繁殖のための準備に余念がない。初めて訪れたヤンバルはアカヒゲの個体数が多かったのには驚いた。この周辺の生息密度は非常に濃いと思われる。。しかしながら、姿を見るのはコマドリ同様、非常に難しい。道路わきのすぐそばで声は聞こえるが姿は見えずといったこともしばしば。

谷沿いの林道を歩きながら「ヒーヒー」というアカヒゲの声をたよりに探していくと渓流沿いでアカヒゲのペアを見つけることができた。アカヒゲ♂。沖縄本島で見られるアカヒゲは亜種ホントウアカヒゲ。奄美大島などに生息する亜種アカヒゲとちがって脇腹の黒班がなく全体的に灰色がかっている。
b0148352_1229254.jpg

b0148352_1104772.jpg


どうやら近くに巣があるらしく、口いっぱい餌を咥えている。アカヒゲが生活するのはよく茂った森の林床部。したがって非常に暗い。よく目を凝らさないと一見鮮やかな体色も周囲の色に溶け込んでしまう。
b0148352_12332317.jpg
b0148352_12333424.jpg


2012年4月初旬・撮影地沖縄県国頭村

1~3枚目 ニッコール500mmF4+ニコンD3(三脚使用)
4~5枚目 ニッコール300mmF4+ニコンD3(手持ち撮影)
[PR]
by hideaki0310 | 2012-04-10 12:37 | 南西諸島 | Trackback | Comments(2)