タグ:イスカ ( 4 ) タグの人気記事

イスカ(Common Crossbill)~2013.11

b0148352_186458.jpg
今回の舳倉島の象徴といえばこのイスカ。春の舳倉島では2~3回イスカを観察した経験がありましたが、秋の渡りのシーズンでは初めて観察しました。しかも1~2羽というわけでなく、10~20羽の群れを何度も観察しました。「キョッ、キョッ」という特徴のある鳴き声で島の上空を飛び回るものですから非常に目立ちました。先に島に渡っていた方から「イスカが島中に居る」とお聞きした時は半信半疑でしたが、今回はまさにそのような感じでした。
なによりも驚いたことが、島の玄関口である船着場のそばの広場にイスカが居たことです。どうやら広場にある松の木の実を食べに来ていたようでしたが、高いところを飛び回るイメージのあるイスカが目の前で松の実を食べているシーンはちょと現実離れしていました。ですから船を降りて荷物を宿に運ぶ途中でバックからカメラを取り出し撮影をしてしまいました。イスカは年によって日本への飛来数が大きく変化するこのとが知られていますが、今年は舳倉島以外でもイスカがよく観察されているようですので、もしかしたら今年はイスカの当たり年になるかもしれません。期待しましょう。
b0148352_1883094.jpg
b0148352_1884099.jpg

上の2枚が島に到着して最初に撮影した個体です。かなり衰弱しているようで、一心にまだ青い松の実をかじっていました。後で宿のご主人が、船に飛び込んできた弱ったイスカを広場に話したと聞き、妙に納得しました。その後、このイスカは元気を取り戻し、飛び去って行きました。
b0148352_189252.jpg

島北部の海岸でタヒバリ類を探していたら、イスカが群れでやってきてしばらく石の上にとまっていました。最後の3枚は、島から帰る寸前に撮影した個体です。出発まであと20分ほどでしたので、広場で別の鳥を撮影していたのですが、突然私がいるすぐそばの松の木にやってきました。
b0148352_18115343.jpg
b0148352_181229.jpg
b0148352_18121488.jpg

観察していて感じたことがもう一つ。10羽以上の群れを何度かみましたが、どの群れもほとんどが体色が赤い♂で♀はあまり見かけませんでした。。今回はイスカに始まり、イスカに終わった舳倉島でした。

2013年11月上旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2013-11-06 07:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(2)

A past record~オオマシコ・イスカ・ベニマシコ

11月に入り急に寒さが厳しくなってきた。いよいよ冬鳥の季節の到来だ。そのなかでもやはり赤い鳥ははずせない。冬に関東周辺で見られる赤い鳥を思い浮かべるとベニマシコ、オオマシコ、イスカなどがあげられる。ベニマシコはそれなりに数が多く見やすいが、他の2種類は探すのに少々根気が必要である。特にイスカは年によって渡来数が大きく変動しかつ行動範囲が広いため撮影のチャンスは少ない鳥だろう。今年はどうなのだろうか?

オオマシコ。オオマシコも年によって渡来数に変動が大きい。この年は比較的多かったと記憶している。赤い鳥の中でもひと際目を引く。
b0148352_10241974.jpg
b0148352_10243327.jpg
b0148352_10244478.jpg

2009年3月・撮影地山梨県

イスカ。それまでに何度か遭遇したことがあったがいつも高い木の上のほうで下から見上げるように観察していたが、舳倉島では目線で見ることができた。
b0148352_1025124.jpg
b0148352_10252721.jpg

2009年4月・撮影地舳倉島
清里で撮影した個体。清里周辺はカラマツ林が多くイスカの話をよく聞く。
b0148352_10254613.jpg

2008年12月・撮影地清里

ベニマシコ。いちばん身近な赤い鳥だろう。冬は少し地味になるが秋の渡来直後や春の渡去直前には夏羽に近いかなり赤い個体をよく目にする。今の時期は河原や湖のほとりの草原で種子をついばんでいる姿が見られる。
b0148352_10261286.jpg
b0148352_1026252.jpg
b0148352_10263912.jpg

今年はどこでであえるだろうか!?
2008年11月・撮影地山中湖
[PR]
by hideaki0310 | 2010-11-07 10:27 | 過去の記録 | Trackback | Comments(4)

舳倉島より~冬鳥その2

舳倉島シリーズ第3弾です。第3回は冬鳥と留鳥をご紹介します。ますはイスカです。イスカは初日に同行者が写真に収めましたが、私は見ることができませんでした。最終日の午後になって水場で見ることができました。今期は八ヶ岳で撮影しましたが、このような近距離で撮影できたのは初めです。

b0148352_113567.jpg

今回見ることができたのはこの♂だけで、♀は見かけませんでした。
b0148352_1132991.jpg

お次はルリビタキです。♂は明るいところには出てきてくれませんでした。
b0148352_114183.jpg

そのかわり♀は竹藪のなかから出てきてくれました。今回は♀の方を多く見かけました。
b0148352_1142758.jpg

キビタキとケンカ?をしていたジョウビタキです。ジョウビタキもまだまだ多く見られました。
b0148352_1145554.jpg

ウグイスです。竹藪の中で数多くさえずっていて非常に和みました。ちょうど桜の枝に出てきてくれた個体です。
b0148352_116464.jpg

お次はイソシギです。海岸の岩場に何羽か見られました。
b0148352_1171866.jpg

最後にホオジロハクセキレイです。数多いハクセイキレイの中に一羽だけこのホオジロハクセキレイが混じっていました。
b0148352_1175867.jpg

次回、GWのときには多くの夏鳥に会えることを期待しています!
[PR]
by hideaki0310 | 2009-04-26 21:59 | 舳倉島 | Trackback | Comments(6)

赤い鳥再び

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、2009年第一弾はおめでたい赤い鳥イスカです。昨年末の28日に撮影しました。今年の八ヶ岳周辺では10月の下旬からすっと50羽以上の群れが見られています。毎年来るわけではないので今年は数も多く当たり年だと地元の方も言っていました。
森の中でマツボックリを食べています。
b0148352_1501237.jpg

やはり朱色の体が目立ちます。
b0148352_150541.jpg

特徴のくちばしは大きく、下に曲がって食い違っています。
b0148352_1514073.jpg

b0148352_152543.jpg

ぶら下がったりしながらマツボックリを食べます。しかしこの鳥はとにかくじっとしていません。撮影は非常に苦労させられます。
b0148352_1525929.jpg

マツボックリを咥えながら隣の木に移動します。
b0148352_1532671.jpg

b0148352_154876.jpg

前回は上手く撮れなかったメスも撮ることができました。メスはオスと違って地味な色彩です。
b0148352_1551259.jpg
b0148352_1553154.jpg


イスカは広範囲を飛び回るのでポイントを絞ることが難しいです。また、警戒心が強いので近づくと飛んでしまいます。ですので撮影するためには、イスカたちが一生懸命マツボックリを食べているところを探してそっと近づくしかありません。
さらにイスカは松の梢付近で餌をとるので、探す際すっと上を向いていますので首が疲れます。撮影した次の日は一日首が痛かったです(笑)
イスカのいる林には、ほかにルリビタキ、ウソ、ツグミ、カラ類などが見られました。
近くに来たウソ。
b0148352_156677.jpg

この日は晴れていたかと思うと急に曇って雪が降ってきたり、風が強かったりと寒い一日でしたが、雪が積もったカラマツ林はとっても静かで素敵な時間を過ごすことができました。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-01-01 20:47 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)