タグ:オジロトウネン ( 5 ) タグの人気記事

オジロトウネン(Temminick's Stint)~2014.04

b0148352_18525795.jpg

祖納地区の水田では多くのシギチドリ類を見ることができた。数が多い順番から、タカブシギ、コチドリ、トウネン、セイタカシギ、アオアシシギ、ムナグロ、オジロトウネン、ウズラシギ、クサシギ、アカアシシギといったところである。この時期は普段見かけることが少ない成鳥夏羽を見ることができる。今回、真っ赤なトウネンを見ることができたし、コチドリの夏羽特有の黄色いアイリングも堪能した。

写真のオジロトウネンも夏羽に移行していた。普段関東でみかけるオジロトウネンは時期的に冬羽のものが多い。個人的には冬羽も好きなのであるがやはり夏羽のほうが鮮やかである。夏羽の特徴である翼の赤褐色の羽がわかっていただけると思う。
b0148352_18531271.jpg



ウズラシギ。このウズラシギも夏羽だ。関東で秋の渡りの時期にみるウズラシギ幼鳥も似たような色彩をしているが、この個体は成鳥の夏羽。下面にでる縦班がはっきりしておりV字型になっている。
b0148352_18533058.jpg
b0148352_18534594.jpg



タカブシギ。与那国島でも最も多く目にした種類だ。首周りの縦班は夏羽の特徴の一つであるが眉班がはっきりしているので夏羽い移行中というところだろう。近年私の住んでいる場所の近辺でこういった淡水生のシギ類を見る場所が少なくなってきていることは非常に残念である。
b0148352_1854121.jpg
b0148352_18542199.jpg



一羽だけ観察できたアカアシシギ。稲の間を移動していたので全身をじっくり確認することはできなかったが、このアカカシシギも夏羽であった。胸から腹にかけての縦班が目立ち白いアイリングもはっきりしている。夏羽であれば識別は容易であるが冬羽のアカアシシギとツルシギはよく似ている。大きさはツルシギのほうがやや大きく体型もスマートに見えるが最大の識別点は嘴基部の朱色。写真のようにアカアシシギは上下とも朱色だが、ツルシギは下嘴のみ朱色をしている。
b0148352_18543453.jpg



数多く見られたセイタカシギ。祖納の水田には10数羽の群れ、久部良ミトが一番多く20羽以上、満田原水田にも同じく10数羽の群れが見られた。与那国島では越冬もするが旅鳥のようなのでこの時期は多く見られるのだろう。
b0148352_23222075.jpg

与那国島ではそれなりの数のシギチドリ類を見ることができたが、与那国島の次によった石垣島ではほとんどその姿を見ることはなかった。すでに北へ旅立った後だったのであろうか。。

2014年4月上旬・撮影地与那国島祖納地区
[PR]
by hideaki0310 | 2014-04-24 07:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

オジロトウネン(Temminck's Stint)~2013.02

b0148352_20275181.jpg

ヒバリシギとともによく見かけたのが、このオジロトウネン。沖縄では越冬数が多いようだ。関東でもオジロトウネンが越冬しているが、ここ沖縄ではそこかしこに見かける。今回観察した個体は成鳥の冬羽が多かった。写真の個体も背に褐色味がなく、サブターミナルバンドも見られないことから成鳥冬羽だと思われる。
b0148352_20353459.jpg
b0148352_203547100.jpg

すべて同じ個体。金武はこの手のシギチがこの時期はうじゃうじゃいるのかと思いきや、広範囲にポツリ、ポツリと見られただけだった。覗いた時間が昼間でこのような状況はたまたまなのはそうでないのか、気になるところだ。

2013年2月上旬・撮影地沖縄県金武
[PR]
by hideaki0310 | 2013-02-28 07:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

オジロトウネン(Temminck's Stint)~2012.04

オジロトウネン。ほんとんどのシギチドリ類が旅立ったあとに数羽のオジロトウネンが水田で採餌していた。まだ冬羽をまとっている個体や、夏羽に換羽中の個体など様々。
b0148352_2030526.jpg
b0148352_20302361.jpg


リュウキュウツバメ(Pacific Swallow)。田園の畔の水たまりに水を求めて降りてきた。
b0148352_2327143.jpg
b0148352_23271038.jpg


バン(Common Moorhen)。沖縄では非常に数が多い。この水田地帯でもあちこちで姿を見かけた。夏羽では額板の赤が鮮やか。
b0148352_23291540.jpg
b0148352_23292599.jpg


2012年4月上旬・撮影地沖縄県金武
[PR]
by hideaki0310 | 2012-04-20 07:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

シギチドリ類(その2)

アオアシシギ(Common Greenshank)
b0148352_22592376.jpg


オジロトウネン(Temminck's Stint)
b0148352_22595111.jpg
b0148352_22595796.jpg


ヒバリシギ(Long-toed Stint)
b0148352_2302477.jpg
b0148352_230317.jpg


タシギ(Common Snipe)
b0148352_231278.jpg
b0148352_2311198.jpg


2011年10月下旬・撮影地石垣島/ニコンD3・D300併用+AFニッコール500mmF4+1.4テレコンバーター使用
[PR]
by hideaki0310 | 2011-11-21 22:53 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

秋のハス田にて~オジロトウネン

オジロトウネンです。
b0148352_21441157.jpg


今回はオジロトウネンに会うために秋のハス田を回りました。オジロトウネンは何度か目にしたことがありますが撮影した経験がなかったので、今回はこの鳥を目的に出かけました。この日は何ヵ所か休耕田を回りましたが、オジロトウネンはおろかシギチの姿がみえません。ちょっと不安になりましたが、車からちょっと広めのハス田に水が入っているのがみえたのでちょっとのぞいてみました。この場所はハスの収穫が終わったばかりの場所のようでした。するとハス田の畔の近くにトウネンを3羽見つけました。他になにかいないか探してみるとヒバリシギがいました。
b0148352_21443049.jpg


さらに奥をさがすと今度はヨーロッパトウネンが見つかりました。干潟では何度か見たことがありますが、このような内陸でみたのは初めてでしたのでちょっと驚きました。
b0148352_21445624.jpg


この勢いでオジロトウネンをさがしていると、いました!オジロトウネンです。しかしながらちょっと近づくと飛ばれてしまいました。
b0148352_21451425.jpg

気を取り直してさらに探すとまたいました。先ほどとは違う個体のようです。すでに冬羽になっていました。
b0148352_21452899.jpg

大きさはほぼトウネンと同じくらいですが、足が黄色(トウネンは黒)なのと冬羽では体の上面と胸は暗灰色なので区別できます。お腹はかなり白が目立ちます。
b0148352_21454737.jpg


オジロトウネンを観察していると奥に中型のシギが降りてきました。ちょっと距離はありましたがツルシギとわかりました。
b0148352_2146173.jpg

b0148352_21461692.jpg

この個体は幼鳥と思われますが、スマートな体系と赤い足が目立ちました。
b0148352_21475398.jpg


この日は他にシマアジ、ウズラシギ、オオハシシギなどが見られ大満足の1日となりました。

(10月上旬撮影・撮影地茨城県)
[PR]
by HIDEAKI0310 | 2009-10-04 21:48 | 茨城県 | Trackback | Comments(4)