タグ:カンムリカイツブリ ( 6 ) タグの人気記事

カンムリカイツブリ(Great Crested Grebe)〜2013.03

b0148352_22523294.jpg

やわらかな春の日差しが降り注ぐ中、カンムリカイツブリも夏羽に衣替えしていた。恋の季節もあと少し。しばらくすると独特のディスプレイも見られるかもしれない。
b0148352_22574695.jpg
b0148352_22575528.jpg
b0148352_2258593.jpg


2013年3月上旬・撮影地茨城県波崎
[PR]
by hideaki0310 | 2013-03-09 07:00 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

カンムリカイツブリ~2012.03波崎

カンムリカイツブリ。波崎周辺ではよく見かける。他のカイツブリ類と同様に冬羽から夏羽への移行の時期であるため、個体ごとの色合いが異なり面白い。

夏羽にかなり近づいている個体。
b0148352_1051080.jpg
b0148352_10511667.jpg


まだまだ冬羽に近い個体。
b0148352_10512849.jpg


アカエリカイツブリ。この種類はカンムリカイツブリに比べて換羽が遅いのかこの時期はまだまだ冬羽に近い個体が多い。
b0148352_10531354.jpg
b0148352_10532880.jpg


カイツブリ類ではないがウミアイサ。波崎でウミアイサを見たのは久しぶりで、渡り途中の個体かもしれない。ペアでのんびりと導流堤の内側を泳いでいた。
b0148352_10553793.jpg
b0148352_10554856.jpg


2012年3月下旬・撮影地波崎
[PR]
by hideaki0310 | 2012-03-28 07:00 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

ハジロカイツブリ・アカエリカイツブリ〜2012.01

久しぶりに銚子方面に足を運んだ。この日は天候が良く、波も穏やかだったので外洋の鳥は期待薄であったが、波崎の港ではスズガモの群れの中にハジロカイツブリとカンムリカイツブリが混じっていた。

ハジロカイツブリ(Black-necked Grebe)冬羽。一羽だけで行動していた。盛んに潜水を繰り返しては餌を探していた。

b0148352_21433616.jpg
b0148352_21434720.jpg


カンムリカイツブリ(Great Crested Grebe)。5〜6羽が昼寝をしていた。

b0148352_21444114.jpg
b0148352_21445226.jpg


アカエリカイツブリ(Red-necked Grebe )。銚子の第3漁港に一羽だけ浮いていた。以前に比べて目にする機会が多くなった種類の一つ。

b0148352_21472476.jpg
b0148352_21473470.jpg


ヒメウ飛翔。

b0148352_21475884.jpg


2011年1月上旬・撮影地茨城県・千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-28 07:36 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

ハジロカイツブリ他2種

今回は銚子周辺で見られたカイツブリ類を紹介します。(トップはハジロカイツブリ)
b0148352_1345158.jpg


ハジロカイツブリ(夏羽)
b0148352_13453563.jpg

b0148352_13455738.jpg

ハジロカイツブリ(冬羽)
b0148352_13461326.jpg



カンムリカイツブリ(夏羽)
b0148352_13463020.jpg

b0148352_13464652.jpg

b0148352_1347341.jpg



アカエリカイツブリ(夏羽)
b0148352_13472029.jpg

b0148352_13473320.jpg

b0148352_13474775.jpg

b0148352_1348059.jpg



2010年3月中旬・撮影地千葉県銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-20 13:52 | 茨城県 | Trackback | Comments(5)

冬の海鳥たち~アカエリカイツブリ・シノリガモ他

アカエリカイツブリです。
b0148352_8582098.jpg

年末から年始にかけて何度か海鳥をさがしに銚子にいってきました。ここは時期によってカモ類やカモメ類、アビ類やアジサシ類、シギチ類などほとんど一年中楽しめるお気に入りの場所です。関東周辺では毎回、今日はなにがでるかな?とワクワクしながら出かけられる場所はそんなにないと思いますので貴重な場所です。ご存知のとおり、銚子は太平洋に突き出た地形であるがゆえに目の前の海は千島海流(親潮)と日本海流(黒潮)がぶつかり合う場所でありさらに日本最大の利根川が流れ込むという非常に豊かな海であるという点が多くの海鳥をひきつける要因となっています。また、日本最大級の漁港という点も見逃せません。
アカエリカイツブリは外洋性のカイツブリですからカンムリカイツブリなどと比べると目にする機会が少ない種類ですがこの日は漁港のなかにスズガモと一緒に潜水を繰り返していました。
b0148352_85904.jpg


カンムリカイツブリです。ここ銚子では漁港のなかに多く見られます。2月にはいるとつがいによるディスプレイが始まります。
b0148352_8593671.jpg

b0148352_8593671.jpg


ミミカイツブリです。太平洋に突き出た場所であるがゆえに外洋性のカイツブリが多く見られます。ここではかならずと言っていいほど毎回見ることができます。
b0148352_92842.jpg

b0148352_925053.jpg


シノリガモです。銚子の近くの海岸に毎年群れでやってきます。オスの模様は特徴的です。なんでこんな色をしているのかと思ったら岩場にのると保護色になるようです。シノリガモの飛翔。
b0148352_932414.jpg

つがいでしょうか?後ろが♀です。
b0148352_94157.jpg


クロガモです。クロガモは外洋性のカモです。プロミナーで海を覗くとたくさんのクロガモをみることができます。
b0148352_944186.jpg

陸上で休憩中です。
b0148352_952079.jpg


最後にコオリガモです。
b0148352_955758.jpg

この個体はメスです。本来コオリガモは北海道や東北など北の海で見られることが多いですがこの個体は一羽だけでスズガモの群れに交じって行動していました。この日はちょっと沖合にいたので最初は双眼鏡で見つけられずにプロミナーで探してやっと見つかりました。
b0148352_963378.jpg

自分のことをスズガモと勘違いしているのかもしれませんね。今年もまた何度かこの場所に通うことになりそうです。

2009年12月~2010年1月撮影・撮影地銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-01-17 09:08 | 千葉県 | Trackback | Comments(9)

冬の漁港(その2)

アカエリカイツブリです。この写真は少し前に遠征した時の写真です。
アカエリカイツブリといえば、夏のサロベツ原野で夏羽を見ましたが、この写真はまだ冬羽でした。やはり冬羽はちょっぴり地味ですね。
b0148352_15125969.jpg

ちなみにこの写真はノートリです。漁港のすぐ岸よりを泳いでいたので車の中から撮影したものです。
b0148352_15133856.jpg

同じな所にいたカンムリカイツブリです。早くも夏羽になりかかっていました。ずいぶん早いような気がしますがどうなんでしょうか?
b0148352_1516753.jpg

最後にハジロカイツブリです。ハジロカイツブリはまだ冬羽でした。
b0148352_151652100.jpg

ミミカイツブリが撮れればカイツブリ類の勢ぞろいでしたが、この日はこの3種類で打ち止めでした。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-02-27 22:08 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)