タグ:キマユホオジロ ( 5 ) タグの人気記事

キマユホオジロ(Yellow-browed Bunting)/2017.05

キマユホオジロ♂ad-S。今回、数は多くありませんでした何固体かが見られました。舳倉島では春の渡りの時にはよくみかけますが、秋の渡りではほとんど目にしません。この個体は♂ですが、♀は♂より羽色が淡色です。島南東部の草原の隅にあるゴミ捨て場で一羽が餌を探していました。この場所は写真的にはイマイチですが、ホオジロ類やヒバリ類が多いので見逃せないポイントです。

b0148352_23320006.jpg
b0148352_23324039.jpg
2017年5月上旬/撮影地石川県舳倉島/ニコンD500・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR






[PR]
by hideaki0310 | 2017-05-19 23:42 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

キマユホオジロ(Yellow-browed Bunting)~2016.05

b0148352_11193570.jpg

今回の対馬で多く目にしたキマユホオジロ。畑、水田沿いにある藪の中に多数潜んでいて、人気がなくなると畑に降りて草のたねなどを採餌していました。基本的に群れで行動しているようでしたが群れといってもキマユホオジロだけではなく、シロハラホオジロ、コホオアカ、アオジといったホオジロ類の混群でした。
b0148352_11194588.jpg
b0148352_11195276.jpg


2016年5月上旬/撮影地長崎県厳原町/撮影機材ニコンD7100・AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
[PR]
by hideaki0310 | 2016-05-05 07:00 | 離島 | Trackback | Comments(0)

キマユホオジロ

b0148352_1745583.jpg

今年のGWは2回にわたって舳倉島を目指しましたが、1回目は風の影響で欠航となり島に渡るのは断念し、2回目も1泊する予定が次の日の予報を見ると風の影響で欠航する可能性が高く、急遽日帰りをすることになりました。。舳倉島は余裕をもった日程を組む必要がありますが、我々現役世代にとってはなかなかそこまでの時間的余裕はないので仕方がありません。将来の楽しみとしてとっておきます。GW中に行った友人の話ではかなりの種類が出ていたらしいのですが、私の渡った日は天候が回復した影響で鳥たちが旅立ってしまい、島はほぼもぬけの殻でした。渡りの島ですからこんなこともありますね。しかしそこはやはり舳倉島。キマユホオジロやシロハラホオジロ、ムギマキ、ムジセッカといった種類が観察できました。

キマユホオジロ。今回はいままでで一番多くの個体を観察しました。海辺の草地では3個体がさかんに採餌していました。
b0148352_17452829.jpg
b0148352_17453948.jpg
b0148352_17454619.jpg

帰りがけに撮影した個体です。船着き場のすぐそばの空き地に2~3羽のキマユホオジロがいました。
b0148352_1746692.jpg


シロハラホオジロ。今回見かけたのはこの1個体のみでした。前回は圧倒的にシロハラホオジロのほうが多かったのですが、渡りの時期が少し異なるようです。
b0148352_17462698.jpg
b0148352_17463494.jpg


カシラダカ。完全な夏羽になっていました。岩場でまっていると目の前にひょっこり現れました。向こうもびっくりしたようでしばらく固まっていました(笑)
b0148352_17465880.jpg


2011年5月中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2011-05-30 21:43 | 舳倉島 | Trackback | Comments(4)

春の舳倉島その4~ヒメコウテンシ他

今回はヒメコウテンシ他の紹介です。

ヒメコウテンシは舳倉島などの日本海側の島では毎年観察される種類です。昨年の春も1羽ですが見ることができました。
b0148352_19532596.jpg

ヒメコウテンシはヒバリの仲間ですが、ヒバリよりも一回り小さく鳴き声も違います。比較的開けた場所に出てきてくれるので観察はしやすいです。
b0148352_19545481.jpg

今回は4羽を同時に見ることができましたが、4羽は常に群れで行動しており、一度飛び立ってもしばらくするとまた同じ場所に戻ってくるという行動を繰り返していました。
b0148352_19564090.jpg
b0148352_19565291.jpg


コホオアカです。コホオアカは赤いほほと胸の縦じまが特徴です。下の写真は夕方に撮影したものですが、夕方に島に到着したばかりのようで枝に止まって体力の回復を図っていたようです。
b0148352_1958313.jpg
b0148352_19584713.jpg


こちらはホオアカです。ホオアカは関東でも見ることができますね。
b0148352_19594144.jpg
b0148352_19595659.jpg


キマユホオジロです。この個体は最後まで草むらのなかで餌をとっていて全身を見ることはできませんでした。残念。
b0148352_201014.jpg


道端に突然出てきたクロジ?のメスです。いつかこのあたりが瞬時に判断できるようになりたいと思います。
b0148352_202171.jpg


2010年5月中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-06-03 20:02 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

春の舳倉島その1~シマアオジ他

シマアオジです。
b0148352_23481181.jpg


先週末は日帰り弾丸ツアーで舳倉島に行ってきました。今年は天候不順の影響で渡り鳥が少なく、特に夏鳥の数が多くないとの話を聞いていました。実際に島に上陸しても話に聞いていたとおりの状況で特にヒタキ類の数が少なく感じました。日帰りでしたので鳥の動きが鈍い昼間の時間帯で会ったことも影響していると思います。
そんな中まず出会えたのがシマアオジです。北海道の原野で繁殖するシマアオジですが渡りの島である舳倉島では比較的よく見られます。この個体は成鳥のオスです。
b0148352_23482812.jpg

さらに少しの間だけでしたがシマアオジのさえずりも聞くことができました。ホオジロのさえずりをさらに柔らかくしたようななんとも心地よい歌声です。
b0148352_23484719.jpg


次はキマユホオジロです。キマユホオジロも渡りの時期に舳倉島ではよく見られる種類です。キマユの名前の通り黄色い眉が特徴です。
b0148352_23491241.jpg

b0148352_23492882.jpg

舳倉島に2軒ある民宿のうち一軒の民宿前の草地に一羽だけいました。
b0148352_23495071.jpg


最後がシロハラホオジロです。シロハラホオジロも本州ではなかなか見ることができない種類の一つです。海岸の岩場で餌をとっていました。
b0148352_23501099.jpg

じっとしているとすぐそばまで来ます。警戒心はあまりないようです。
b0148352_23502993.jpg

正面から見ると黒い頭と白いラインが目立ちます。カシラダカの夏羽に似ていますがカシラダカの顔にはこのようにはっきりしたラインはありません。
b0148352_23504950.jpg


次回はセキレイ類を紹介します。

2010年5月上旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-05-09 23:52 | 舳倉島 | Trackback | Comments(6)