タグ:クロツラヘラサギ ( 5 ) タグの人気記事

クロツラヘラサギ(Black-faced spoonbill)~2014.10(B)

b0148352_2341860.jpg


2014年10月上旬・撮影地沖縄県豊見城市
[PR]
by hideaki0310 | 2014-10-15 20:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

クロツラヘラサギ(Black-faced spoonbill)~2013.06

b0148352_948944.jpg
大瀬海岸で出会った、クロツラヘラサギ。ここ奄美では毎年数羽が飛来するようだ。世界的な希少種であるクロツラヘラサギであるが、近年各地で観察されることが多くなった。個体数は増加傾向にあるとのことなので、喜ばしい限りだ。この時期は夏羽になっていてもおかしくないが、この個体は成鳥夏羽に見られる黄金色の冠羽は見られない。飛翔シーンを確認できなかったのであるが、下の写真を見ると風切先端に黒い部分がわずかに見られるので、若い個体だろうと思う。ヘラの部分の黒色も成鳥に比べると褐色部が多く見られる。
b0148352_9483525.jpg

b0148352_948479.jpg
b0148352_949151.jpg
b0148352_9491350.jpg

このクロツラヘラサギ、私に全く動じることはなく、すぐそばを堂々と歩き回っていた。

2013年6月中旬・撮影地奄美大島大瀬海岸
[PR]
by hideaki0310 | 2013-07-20 07:00 | 離島 | Trackback | Comments(0)

クロツラヘラサギ((Black-faced Spoonbill) ~2013.02

b0148352_19175647.jpg

那覇空港からほど近い三角池には、毎年クロツラヘラサギが飛来する。ネットなどで調べてみるとこの三角池は大雨などが降った時に一時的に水をためておく場所のようだが、普段は単なるため池でお世辞にもきれいとは言えない。しかしながら、クロツラヘラサギの他に数種類のカモ類やシギチドリ類が見られる。年によってはソリハシセイタカシギなども飛来するらしい。私が立ち寄ったときはクロツラヘラサギは全部で10羽だった。基本的に昼間は寝ているがたまに餌をとるためだろうか起きだして独特の採餌方法を披露してくれる。
b0148352_19192313.jpg
b0148352_19201655.jpg


成鳥と幼鳥が混じっていたが、幼鳥は嘴が黒くないのですぐにわかるだろう。
b0148352_19214281.jpg


2013年2月上旬・撮影地豊見城市
[PR]
by hideaki0310 | 2013-02-15 07:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

クロツラヘラサギ・クロサギ

石垣島は周囲をサンゴ礁で囲まれた非常に美しい島だった。海岸に降りると白浜の海岸が広がり、その砂はすべてサンゴからできているという。あちらこちらにサンゴのかけらが転がっていた。そんな白い海岸線に同化するように石垣島を含めた南西諸島では「白い」クロサギを見ることができる。今回は海岸線で見られたサギ類を紹介する。

ますはクロツラヘラサギ。世界的に数が少ない希少種であるがここ石垣島では群れで越冬しているとのこと。普段はマングローブの広がる干潟の奥にいることが多いそうであるが今回は市街地の近くの新川河口で一羽のクロツラヘラサギを見つけた。独特の仕草で採餌していた。
b0148352_17184875.jpg
b0148352_1718586.jpg


同じ場所で見つけた、「白い」クロサギ。嘴と足の黄色が目立つ。他のシラサギ類とは明らかに違う特徴であるためわかりやすい。ところ変わればである。
b0148352_17192974.jpg
b0148352_17193733.jpg

こちらは「黒い」クロサギ。白浜の海岸で採餌していた。バックの風景からすると上の写真と逆のほうがイメージにあうような気がする。
b0148352_17201293.jpg
b0148352_17201856.jpg


他には定番のアオサギ。若い個体のようで第1回の冬羽であろう。
b0148352_17203184.jpg


ダイサギ。大きさからしてと亜種のチュウダイサギだろう。
b0148352_1721194.jpg


青い海をバックに飛ぶクロサギ。白と黒が両方一緒に飛んでいるシーンも見られた。
b0148352_17211985.jpg
b0148352_17212840.jpg


2010年12月中旬・撮影地石垣島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-12-28 21:22 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

湖北の思い出~ヘラサギ

ヘラサギです。
b0148352_1891464.jpg

昨年の末に滋賀県に遠征しサカツラガンを撮影した際にヘラサギにも会うことができました。関東周辺ですとクロツラヘラサギの話は聞きますがヘラサギはなかなかやって来てくれません。世界的に見るとクロツラヘラサギの方が稀少な種類なのですがわたしはヘラサギの方に縁がありませんでした。この場所には昨年5羽のヘラサギが来ているのと話を聞いていたのですが出かけるタイミングを逸してしまいましたので今年に期待していました。今年は1羽だけですがまたやってきてくれました。ポイントについて辺りを見渡すと池の中央部の枯れた蘆のところにヘラサギを発見!
b0148352_1895664.jpg

私が訪れたこの日は結局この場所から動くことがなくずっと寝ていました(涙)時々、顔をあげて辺りを見まわしますがまたすぐ寝てしまします。下の写真はやっと顔を上げたところです。
b0148352_1810402.jpg

この個体は成鳥です。くちばしが黒く先の部分が黄色です。幼鳥はくちばし全体が肉色をしています。夕方になっても相変わらず同じ場所に。。。たまに羽づくろいをします。
b0148352_18112353.jpg

b0148352_18123344.jpg


下の写真は以前銚子で撮影したクロツラヘラサギです。カモメを撮影していたら突然飛んできました。ヘラサギとちがって嘴全体が黒色です。
b0148352_18131644.jpg

このクロツラヘラサギ、先にのべた通り世界的な希少種なのですが近年さまざまな場所で飛来の報告があります。銚子と利根川を挟んで対岸の波崎では今年も一羽飛来しているようですが人が立ち入れない場所にいるのでなかなか近くで見ることはできませんが、銚子からスコープで覗くとなんとか確認できます。
b0148352_18135919.jpg


この場所は初めて訪れた場所でしたが湖あり、田園あり、里山あり、湿地ありと水鳥や猛禽類、の宝庫といえる場所でした。電柱に止っていたハヤブサ。まだ若い個体のようです。
b0148352_18144018.jpg


夕方ねぐら入りが見られたチュウヒです。芦原自体はそんなに広くありませんでしたが、数羽のチュウヒを見ることができました。
b0148352_18151155.jpg

b0148352_1816417.jpg

機会があったら是非また訪れてみたいと思う場所でした。

2009年12月下旬・撮影地滋賀県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-01-24 18:18 | その他の地域 | Trackback | Comments(8)