タグ:ケイマフリ ( 10 ) タグの人気記事

エトピリカ(Tufted Puffin)~2016.06

b0148352_22121551.jpg
落石クルーズの目玉、エトピリカです。悪天候のため予約していた土曜日の午後便が欠航になってしまいましたが波もなんとか収まった日曜日の便は無事出航となりました。イーグルさんのブログ(道東の野鳥情報 http://eastern-hokkaido.blogspot.jp/)には詳しく書かれていますがこの時はユルリ島、モユルリ島に環境省の委託調査が入っており、調査船による周辺地域への立ち入りの影響で海鳥の観察状況が思わしくないとのアナウンスを事前にガイドの方からお聞きしていました。一バードウオッチャーとして意見を言わせていただくと、海鳥の繁殖に影響を与えかねない調査であればまったく必要がないと思います。ユルリ島、モユルリ島の貴重な環境、繁殖地を守ろうとしている地元の方々には是非頑張っていただきたいと思います。全面的に応援しています。

一抹の不安を抱えて出発したクルーズでしたが結果としては素晴らしい出会いに恵まれました。ユルリ島手前で、まずウミスズメ。次にハシブトウミガラス、そして極めつけがツノメドリ!その後も本命のエトピリカを複数観察することができました。ツノメドリについては次回の記事でご紹介したいと思います。

クルーズの本命エトピリカ。ポイントについた当初は姿が見えず心配しましたが、ユルリ島、モユルリ島の間の海域に4羽の群れを発見できました。やはり何度見ても興奮します。その後もクルーズ船のすぐそばでじっくり観察することができました。
b0148352_22123364.jpg


島からやや離れた沖合で2羽のエトピリカを間近に観察することができました。本来、この時期にこのような沖合で見ることはないらしいのですが、今年は例年と少し行動パターンが異なるようです。繰り返される委託調査の影響でないことを祈ります。
b0148352_2212426.jpg


ハシブトウミガラス。夏羽のハシブトウミガラスは初めて見ました。遠くで見つけた時はウミガラスかと思ったのですが、近づいてみると上嘴基部に白線がるのが見えたのでハシブトウミガラスと分かりました。嘴もウミガラスに比べると太く遠くから識別する場合には嘴の白線よりも頭が大きく見えるという点がポイントになると思います。
b0148352_23283235.jpg

b0148352_23284285.jpg



ケイマフリ。
b0148352_22131488.jpg


ウトウ
b0148352_22132447.jpg


ウミスズメ
b0148352_22133266.jpg


2016年6月中旬・撮影地根室市沖(落石ネイチャークルーズ)/ニコンD500・ニコンD500+AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
[PR]
by hideaki0310 | 2016-06-27 07:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

エトピリカ(Tufted Puffin)~2014.06(M)

b0148352_1464861.jpg
今年も落石クルーズに乗船してきました。当初は3日目の午後便と最終日の午前便の2便に乗船する予定でしたが発達した低気圧の余波で3日目は欠航となってしまい、最終日の午前便に乗船しました。6月の中旬といえばエトピリカの観察にはやや時期が早いのですが、その分ミズナギドリやアホウドリなどが期待できます。今回は期待していたミズナギドリの大群は見られませんでしたが、エトピリカのユーモラスな姿を見ることができました。

メインのエトピリカは3羽が観察できました。ユルリ島とモユルリ島が見渡せる沖側がエトピリカの一番の観察ポイントですが最初はその海域に到着してもエトピリカの姿が見つからなかったので少々焦りました。しかし双眼鏡で丹念に探していくとユルリ島近くに2羽のエトピリカが浮かんでいるところを見つけることができました。遠くからエトピリカを発見するコツは海面にいる場合には顔の白い鳥を探すこと、飛んでいる場合には海面からやや高い場所を直線的に飛んでいる鳥を見つけることです。
b0148352_13581234.jpg
b0148352_13582125.jpg




ウミスズメ(ancient murrelet)。ユルリ島までの海域で出会えました。4羽の群れで船が近づくと一旦潜るのですが長くは潜れないので近く浮き上がってきます。この時期ならではの夏羽でした。
b0148352_1414622.jpg
b0148352_141551.jpg
b0148352_142371.jpg




ケイマフリ(Spectacled Guillemot)。落石クルーズでは毎回見られるケイマフリですが、今回は繁殖のために集まっていた群れを観察することができました。50羽ほどの群れでしたがあちこちでつがい同士で鳴き合う「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」という愛らしい声がクルーズ船まで聞こえてきます
b0148352_1422970.jpg
b0148352_142437.jpg
b0148352_1425159.jpg

発達した低気圧が通過した余波でうねりがかなりあり観察、撮影には苦労しましたが、今回もまた新しい発見のあったクルーズでした。また7月下旬に訪れる時もクルーズに参加しようと思いっています。

2014年6月中旬・北海道根室市ユルリ島周辺
[PR]
by hideaki0310 | 2014-06-30 06:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

ケイマフリ(Spectacled Guillemot)~2014.03

b0148352_23581477.jpg
北海道ではよく見かけるケイマフリですが、関東近海で姿を見る機会はなかなかありません。それでも冬季になると神奈川県よりも南に位置する奥駿河湾などではしばしば姿が目撃されるようなので、いくつかの個体群は関東より南で越冬しているのでしょう。今回見られた個体はこの場所が気に入ったようでもう一ヶ月近くこの地に滞在しているようです。時々岸近くにやってきてくれるので至近距離で観察することができました。このケイマフリ、この時期らしくまだまだ冬羽でしたが、よく見てみると換羽中のようにも見えます。黒い背中がやや褐色味があったのと足の色がややくすんだ赤だったことから推定すると若い個体なのかもしれません。

たまに岸近くにやってきては船の周りを潜り、餌を探していました。
b0148352_23584022.jpg

b0148352_2359040.jpg

b0148352_23585054.jpg

b0148352_23583088.jpg


2014年3月上旬・撮影地千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2014-03-12 07:00 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

ハイイロヒレアシシギ(Red phalarope)~2013.07

b0148352_1249161.jpg

ハイイロヒレアシシギの群れ。潮目には海上から見ると藻などが集まっているだけに見えるが、彼らから見れば餌となるプランクトンが豊富に集まる場所である。このような潮目には相当数のヒレアシシギが見られた。よく見るとアカエリヒレシシシギが少数混じっている。大きさを比較すると図鑑のとおり、ハイイロヒレアシシギの方がかなり大きいことがわかる。ハイイロヒレアシシギも夏羽から冬羽に換羽中のものがほとんど。
b0148352_12492053.jpg
b0148352_12493021.jpg

アカエリヒレアシシギ。ハイイロヒレシシギとの比率は1:9といったところ。
b0148352_12494030.jpg

クルーズの人気者ケイマフリ。今回は霧に阻まれて少数しか確認することができなかったが、このあたりでは相当数が繁殖しているらしい。
b0148352_12495023.jpg
b0148352_1250086.jpg


2013年7月下旬・撮影地根室ユルリ島周辺海域
[PR]
by hideaki0310 | 2013-08-12 05:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

ケイマフリ(Spectacled Guillemot) ~2012.06

b0148352_118262.jpg

北海道の楽しみといえば海鳥。この落石のクルーズ船に乗り込むのは今回で3回目。初回は7月下旬、2回目は2月j初旬、そして今回の6月中旬である。2月はもちろん凍えるような寒さだが、6月のこの時期もまだまだ寒い。厚手のフリース、ダウン、手袋は必須となる。それにしてもこの海域の鳥影の濃さにはいつも驚かされる。今回はオオハム、ウトウ、ケイマフリ、ウミガラス、エトピリカ、コアホウドリ、トウゾクカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、オジロワシが見られたが、この時期だとほかにヒレアシシギ、ミズナギドリなども見られることが多い。最近、ついにツノメドリが観察されたと聞く。
そんな中、毎回楽しませてくれるのがこのケイマフリ。このクルーズ船の目玉はなんといってもエトピリカであるが、世界的に見るとこのケイマフリの方が分布が狭く、数も少ない。そういった理由で海外のバーダーたちはエトピリカよりもケイマフリのほうをありがたがるらしい。黒い体に白いアイリングと赤い足、姿も愛くるしく人気の野鳥だ。
b0148352_11123285.jpg


2012年6月中旬・北海道落石クルーズ
[PR]
by hideaki0310 | 2012-07-13 07:00 | 北海道 | Trackback | Comments(2)

ケイマフリ〜2012.02歯舞クルーズ

ケイマフリ(Spectacled Guillemot)

b0148352_18143126.jpg


歯舞クルーズでのお目当ての一つはこのケイマフリ。オホーツク海が流氷で覆われるこの時期、海鳥たちは海岸沿いに南下する。したがって流氷の先端に当たるこの海域ではケイマフリの姿が多くなる季節。12月に見たときよりも胸から腹にかけての白い冬羽の中に黒い羽が混じってごま塩のような個体も見られた。

b0148352_1820499.jpg
b0148352_18201662.jpg
b0148352_18202721.jpg
b0148352_18203717.jpg


2012年2月上旬・撮影地北海道根室市/ニコンD300使用
[PR]
by hideaki0310 | 2012-02-27 07:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

ケイマフリ他〜2011.12歯舞クルーズ

北海道の東のはし、歯舞漁港からクルーズ船に乗り込んだ。気温は低いが天候は晴れ、海は非常に穏やかであった。海が余りにも穏やかすぎたせいなのか、目的の野鳥には会えなかったが、眼前にみえる歯舞諸島を見ながらいかに納沙布岬から間近であるかを体感することができた。

さて、本題の海鳥といえばウミスズメ、ウミガラスSP、ケイマフリ、クロガモ、スズガモ、コオリガモ、シノリガモ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ヒメウ、ウミウ、アカエリカイツブリといったところで、残念ながら種類、数ともには思っていたよりも少なかった。船頭さん曰く、今年は特別少ないとのことであった。

ケイマフリ(Spectacled Guillemot)冬羽。夏羽と違い、体の下面が白くなる。

b0148352_19544668.jpg
b0148352_19545423.jpg
b0148352_1955146.jpg


アカエリカイツブリ(Red-necked Grebe)冬羽。

b0148352_1957996.jpg
b0148352_1957223.jpg


ウミスズメ(Ancient Murrelet)冬羽。

b0148352_2015925.jpg
b0148352_202877.jpg



2011年12月下旬・撮影地北海道根室市
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-06 09:42 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

知床半島 その1(ケイマフリ)

b0148352_8272651.jpg

世界自然遺産に登録された知床半島には手つかずの自然が残されており、シマフクロウやヒグマといった貴重な生物の生息地となっています。知床半島が素晴らしいのは陸地だけではありません。半島周辺を囲む豊かな海です。また、半島の東側であるウトロと知床峠を越えた反対側の羅臼では地形の関係もあって気候がかなり異なります。羅臼側は海流と風の関係で気温が低く、霧に包まれることが多いのですが、峠をを挟んだ反対側のウトロは晴れることが多いのです。そういった気候の違いもあり、半島の東側と西側では見られる動植物にも違いがあるようです。今回はウトロ側と羅臼側の両方で船から観察しました。

ケイマフリ。ケイマフリはウトロ側のほうで目にすることが多いです。ウトロ側は海岸線が切り立った崖になっている場所が多く、そういった岩場で多くの海鳥が繁殖しています。ケイマフリもその中の一つです。
b0148352_8274611.jpg
b0148352_8275781.jpg

船からは下の写真のような場所に多くの海鳥が見られます。写っているのはウミウとオオセグロカモメです。
b0148352_8282175.jpg


フルマカモメ。これは羅臼側で撮影しました。羅臼側のクルーズは岸から離れた場所を進みますので、非常に多くのフルマカモメを目にすることができます。関東近辺ですとオオミズナギドリがメジャーですが、ここではフルマカモメが主役です。ここでも白色型が一羽だけ出現しましたが、暗色型がほとんどです。日本近海で見られるフルマカモメはほとんどが暗色型で白色型はほとんどみかけませんが、緯度が高い地域では逆にほとんどが白色型で暗色型は少数派になるようです。
b0148352_8285037.jpg
b0148352_829155.jpg
b0148352_829159.jpg


ウトウ。港をでるとすぐにいくつかの群れと遭遇しました。
b0148352_8293695.jpg


羅臼側の主役はなんといってもクジラなどの海獣類です。3月~6月にかけてはシャチ、7月~9月にかけてはクジラが多く見られるようです。今回はなんと両方出現してくれ、特に野生のシャチは初めて見ました。この時期、こんな陸地の近くでシャチが見られるのも世界的にめずらしいそうです。今回は5~6頭の群れを数回見ることができました。シャチは海のギャングと呼ばれ、クジラやアザラシなどを餌にします。近くで見るとすごい迫力でした。
b0148352_8301337.jpg
b0148352_8302571.jpg


マッコウクジラ。最初は遠くに潮吹きが見えました。まき上がる海水はかなり遠方からも確認することができます。最後のほうに近くで観察することができました。やはり大きい!ちなみに写真ですとわかりにくいですが、このマッコウクジラ、尻尾の大きさだけで3メートルあるそうですよ。この後、天敵のシャチを嫌がるように深い海に潜行していきました。
b0148352_8305266.jpg
b0148352_831319.jpg


2011年7月下旬・撮影地知床半島
[PR]
by hideaki0310 | 2011-08-08 08:33 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

落石クルーズ その2(エトピリカ)

b0148352_13205264.jpg

今回のクルーズの目的であるエトピリカは最終的には12羽を確認することができました。この時期はほぼ必ずと言っていいほど見られるようですが、やはり最初に目に入った時には感動しました。撮影目的で行かれる方はまず船酔い対策を万全にすることをお勧めします。小さな船ですので思ったよりも揺れると思います。また、風があると波しぶきがかかりますので、晴れていても雨カッパを持っていくといいでしょう。カメラの防水対策も忘れずに。。波がなければ長いレンズも可能だとは思いますが、撮影のしやすを考えると手持ちレンズをお勧めします。一般の観光客の方もいらっしゃるので周りの方への配慮もお忘れなく。そしてなにより寒い!私が訪れた時には気温15度で晴れていましたが、雲っていたりすると10度前後になることも多いようです。

エトリピカ。今回の主役です。モユルリ島の手前でまず1羽。さらにユルリ島とモユルリ島の間に4羽、後方のユルリ島から船の横を通過してモユルリ島方面に飛翔する2羽、その後もほぼ絶え間なく出てきてくれました。これほどよく見られるのは珍しいとのことでラッキーでした。トップと下の写真は船の近くにやってきた2羽です。しばらく観察しているとちょうど飛び立ちました。
b0148352_1321535.jpg
b0148352_13211136.jpg


ケイマフリ。ここでは少数派のようです。黒い体に白いアイリング、赤い足がかわいいです。ウミスズメ類でも飛び方に違いがあるようで、エトピリカは比較的海面から高い場所を飛ぶのに対して、ウトウは海面すれすれ、ケイマフリはその中間といった感じでした。
b0148352_13212527.jpg
b0148352_13213153.jpg


ウトウ。船が港をでてまず目にするのがウトウだと思います。数は非常に多く、船の前方、左右すべてウトウといった光景にも遭遇しました。なかなか近距離で撮れなかった種類でしたが今回は満喫しました。
b0148352_13214722.jpg
b0148352_1321517.jpg
b0148352_13215790.jpg


ハイイロヒレアシシギ。最初はアカエリヒレアシシギかと思いましたが、ピン甘ですが写真を確認してみるとハイイロのほうでした。夏羽から冬羽への換羽が始まっているようです。100羽以上の群れが見られました。
b0148352_13221541.jpg
b0148352_13222135.jpg


クロトウゾクカモメ。船の前をいきなり横切っていきました。双眼鏡からカメラに持ち替え構えるとすでに通過した後でした。
b0148352_1322341.jpg


今回は長男との2人旅でしたので長男にもカメラを持たせるとなかなかいいカットをモノにしてました(下の写真)負けたかも。。。(笑)
b0148352_13224797.jpg


ガイドの高野氏からは鳥だけでなく根室周辺の地形のお話もきかせていただき、楽しい時間を過ごすことができました。今度は時期を変えて冬に訪れてみたいと思います。寒いだろうな。。

2011年7月下旬・撮影地モユルリ島周辺

(落石クルーズ)観察種16種類

ウトウ、ケイマフリ(4)、エトピリカ(12)、ウミガラス(1)、ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、フルマカモメ、クロトウゾクカモメ(1)、ハイイロヒレアシシギ、チシマウガラス(2)、ウミウ、ヒメウ、ウミネコ、オオセグロカモメ、オジロワシ(1)
[PR]
by hideaki0310 | 2011-07-29 21:17 | 北海道 | Trackback | Comments(2)

北海道にて(その4)~ケイマフリ

ケイマフリ(チドリ目 ウミスズメ科 37cm)
b0148352_16301264.jpg


前回ご紹介した知床半島ではケイマフリが繁殖しています。北海道では天売島が繁殖地としては有名で、ここ知床半島では天売島ほどの個体数はいません。私が訪れたときはちょっと繁殖時期から外れていたので本来はもっと生息しているのかもしれません。「ケイマフリ」という名前は特徴である赤い足からきています。なんでもアイヌ語の「ケイマフレ=赤い足」が由来とのことでした。

関東周辺でも冬にまれにみられるようですが、今回は真っ黒のケイマフリ(冬羽では胸からおなかにかけて白くなります)を船から見ることができました。
b0148352_16303642.jpg

観光船がウトロの港を出港してすぐにケイマフリが数羽ういていました。船が近づくと一応逃げますがあまり遠くにはいきません。羽づくろいをしたりして結構のんびりしています。
b0148352_16305318.jpg

ウトロ港を船で出発するとすぐに断崖絶壁がみえてきますが、そのあたりに一番多く見られました。船が近寄ると短い距離を飛びます。黒い体と赤い足が特徴です。
b0148352_1631816.jpg

b0148352_16313069.jpg

つがいでしょうか?二羽で飛び回っていました。
b0148352_16314910.jpg

b0148352_1632381.jpg

海面近くを直線的に飛びます。逆光なのが少し残念でした。。。
b0148352_16332730.jpg


同じ航路で見られたウトウです。ケイマフリとちがってかなり沖合をとんでいました。
b0148352_16322356.jpg

b0148352_16323684.jpg


2010年7月下旬・撮影地知床半島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-08-10 16:35 | 北海道 | Trackback | Comments(4)