タグ:コオリガモ ( 5 ) タグの人気記事

コオリガモ~2012.02歯舞クルーズ

コオリガモ(Long-tailed Duck)

b0148352_21394525.jpg


道東2日目はクルーズ船に乗り込んだ。昨年の12月にも同じクルーズ船に乗ったが今回は2月ということで流氷の浮かぶ海でのクルーズとなった。状況としては12月同様、鳥影は濃いとはいえなかったが薄い氷をかき分けながらのクルーズは初めての経験だった。種類としては、コオリガモ、クロガモ、シノリガモ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、ウミスズメ、ケイマフリ、ウミガラス、オオハムといったところ。

コオリガモ♂。船が近づくと慌てて飛び立つ。

b0148352_1755267.jpg

b0148352_1755227.jpg


陸地からそれほど離れていない場所には小さな群れがいくつも浮かんでいた。

b0148352_21393559.jpg


ワシカモメ。流氷の上で羽を休めていた。

b0148352_17563314.jpg


流氷の上を飛ぶクロガモの群れ。

b0148352_21425561.jpg


ここはロシアとの国境線がすぐ目の前だ。歯舞諸島の水晶島や貝殻島灯台がすぐそば。

b0148352_21431981.jpg
b0148352_21432862.jpg


運がいいとウミバトやコウミスズメ、エトロフウミスズメなども見られることがあるようだ。鳥の種類もさることながら、流氷の浮かぶ国境の海は普段味わうことができない雰囲気を体験できる。

2012年2月上旬・撮影地北海道根室市/ニコンD300使用
[PR]
by hideaki0310 | 2012-02-24 07:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

コオリガモ〜2011.12尾岱沼

コオリガモ(Long-tailed Duck)

今年はどの地域でも冬鳥が少ないと聞く。この時期の北海道は当たり外れが大きいため何ともいえないところであるが、やはり「少ない」という印象であった。秋の大きな台風で渡り鳥が大量に死んでしまったという話も聞くが、以前に比べれば鳥の自体が確実に減少しているものと思う。

コオリガモ。やはり北海道に来たらこの鳥は見ておきたい。様々な漁港を回ったが至近距離で見ることができたのは2カ所。両方とも♂の若鳥だった。♂の第一回の冬羽は♀に似るが、くちばしのピンク色で若い♂と判断した。
b0148352_21533710.jpg
b0148352_21534855.jpg


クルーズ船から撮影したコオリガモの群れ。歯舞漁港沖合5キロほどの場所にはコオリガモ、クロガモ、シノリガモなどの海ガモの群れがいくつか見られた。
b0148352_21562980.jpg
b0148352_21564414.jpg


2011年12月下旬・撮影地北海道別海町・根室市
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-22 07:41 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

コオリガモ

b0148352_1030326.jpg

3月。北の大地にも春の気配が感じられるようになる。大地はまだまた雪に覆われているが、日中、風がなければ日差しは暖かく感じられる。先発組はすでに北へ向かて旅立ち、代わりに南からハクチョウなどの旅鳥が到着し始めていた。最盛期に比べるとカモ類もかなり減っているようである。そんなわずかに残っているカモ達の中にコオリガモのペアを見かけた。最盛期はもっと多いのであろうが、この時は♂1羽、♀1羽のみ。2羽は盛んに羽ばたきや水浴びをしたりなんだか落ち着かない様子であった。
コオリガモ♂成鳥。
b0148352_10305938.jpg
b0148352_10311164.jpg
b0148352_10312132.jpg
b0148352_10313932.jpg
b0148352_103149100.jpg
b0148352_10322037.jpg

コオリガモ♀。♀には♂成鳥のような長い中央尾羽はなく、頭の白い部分が目立つ♂とちがって♀の頭頂部は黒褐色。したがって白と黒のコントラストもはっきりしない。♂第1回冬羽はメスと同じように中央尾羽は長くないが、嘴の先がピンク色が認められることで区別できる。この個体は背中の換羽も進んでいるように見える。
b0148352_10375138.jpg

b0148352_10331128.jpg


コオリガモを撮影した約3時間後に東北関東大震災が発生し、津波のすさまじい威力を目の当たりにすることになった。今回、岸近くにいるはずのカモ類が非常に少なかったのは彼らの野生が身に迫る危険を察知していたのかもしれない。

2011年3月上旬・撮影地北海道別海町
[PR]
by hideaki0310 | 2011-03-27 20:28 | 北海道 | Trackback | Comments(4)

雪と氷と~コオリガモ

コオリガモ(Long-tailed Duck)です。
b0148352_8504216.jpg

外房方面にユキホオジロを見にいったあと、そのまま北上してし、銚子周辺でコオリガモを見てきました。このコオリガモ、スズガモの群れに交じって行動しておりスズガモの群れを丹念に探すと見つかります。ユキホオジロといい、コオリガモといいもともと北方系の野鳥ですから関東周辺で見られるのは貴重だと思います。先月訪れたときは♀が一羽だけいましたが、今回は♂の若い個体が入って2羽で行動していました。日本では寒い海にいるという意味?でコオリガモという名前がついていますが、英名はロングテールドダック、つまり長い尾をもったカモという意味です。残念ながら長い尾っぽを持つのは♂の成鳥個体に限られますので今回は見られませんでしたが、いつの日か厳冬の北海道で見てみたいと思います。さて、このコオリガモ、なかなか警戒心が強く、人が近づくと直ぐに沖に行ってしまいます。この日も最初は岸近くにいましたが、別のカメラマンが近づいたため沖に出てしまいました。逆光でしたが、一番近いカットです。
b0148352_8511641.jpg

♂の羽ばたきです。若い個体ですので成鳥のように白と黒との境界がはっきりしませんが美しいカモです。
b0148352_8515317.jpg

♂♀のツーショットです。
b0148352_852298.jpg

実は、このあとちょっと目を離したすきにコオリガモのペアはどこかにいってしまいました。まるで忍者のようでした。

この日は他に何ヶ所かを回りました。波崎で見つけたクロガモです。一羽だけスズガモの群れに交じっていました。
b0148352_8525935.jpg


同じく波崎で見つけたアカエリカイツブリです。かなり夏羽に近づいてきました。
b0148352_8533158.jpg

カンムリカイツブリとのツーショットです。
b0148352_8542753.jpg


定番のスズガモ。光があたって頭のグリーンがよく見えました。
b0148352_855919.jpg


最後にハマシギです。ユキホオジロのポイントでも銚子や波崎でもよく見かけました。ユキホオジロと同じ場所にいたハマシギですがも撮っていませんでした(笑)
b0148352_8555518.jpg

港のドラムカンの上で休む群れです。
b0148352_8564878.jpg

この日は時間があったのでさらに猛禽類を狙いましたが、それは後日掲載します。

2010年2月上旬・撮影地千葉県・茨城県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-02-17 08:56 | 千葉県 | Trackback | Comments(12)

冬の海鳥たち~アカエリカイツブリ・シノリガモ他

アカエリカイツブリです。
b0148352_8582098.jpg

年末から年始にかけて何度か海鳥をさがしに銚子にいってきました。ここは時期によってカモ類やカモメ類、アビ類やアジサシ類、シギチ類などほとんど一年中楽しめるお気に入りの場所です。関東周辺では毎回、今日はなにがでるかな?とワクワクしながら出かけられる場所はそんなにないと思いますので貴重な場所です。ご存知のとおり、銚子は太平洋に突き出た地形であるがゆえに目の前の海は千島海流(親潮)と日本海流(黒潮)がぶつかり合う場所でありさらに日本最大の利根川が流れ込むという非常に豊かな海であるという点が多くの海鳥をひきつける要因となっています。また、日本最大級の漁港という点も見逃せません。
アカエリカイツブリは外洋性のカイツブリですからカンムリカイツブリなどと比べると目にする機会が少ない種類ですがこの日は漁港のなかにスズガモと一緒に潜水を繰り返していました。
b0148352_85904.jpg


カンムリカイツブリです。ここ銚子では漁港のなかに多く見られます。2月にはいるとつがいによるディスプレイが始まります。
b0148352_8593671.jpg

b0148352_8593671.jpg


ミミカイツブリです。太平洋に突き出た場所であるがゆえに外洋性のカイツブリが多く見られます。ここではかならずと言っていいほど毎回見ることができます。
b0148352_92842.jpg

b0148352_925053.jpg


シノリガモです。銚子の近くの海岸に毎年群れでやってきます。オスの模様は特徴的です。なんでこんな色をしているのかと思ったら岩場にのると保護色になるようです。シノリガモの飛翔。
b0148352_932414.jpg

つがいでしょうか?後ろが♀です。
b0148352_94157.jpg


クロガモです。クロガモは外洋性のカモです。プロミナーで海を覗くとたくさんのクロガモをみることができます。
b0148352_944186.jpg

陸上で休憩中です。
b0148352_952079.jpg


最後にコオリガモです。
b0148352_955758.jpg

この個体はメスです。本来コオリガモは北海道や東北など北の海で見られることが多いですがこの個体は一羽だけでスズガモの群れに交じって行動していました。この日はちょっと沖合にいたので最初は双眼鏡で見つけられずにプロミナーで探してやっと見つかりました。
b0148352_963378.jpg

自分のことをスズガモと勘違いしているのかもしれませんね。今年もまた何度かこの場所に通うことになりそうです。

2009年12月~2010年1月撮影・撮影地銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-01-17 09:08 | 千葉県 | Trackback | Comments(9)