タグ:コジュリン ( 6 ) タグの人気記事

オオセッカ(Japanese Swamp Warblar)〜2012.05

この日は九十九里〜銚子〜利根川下流域〜稲敷と回る。九十九里や銚子では低気圧通過後の海鳥に期待したが見事に振られた。利根川下流域の葦原ではオオセッカ、コジュリン、オオヨシキリが賑やかだった。コヨシキリはまだ見られなかったのでひと足遅くこの場所にやってくるのだろう。

オオセッカ。オオヨシキリと同様、この時期は葦の根元付近でさえずることが多い。
b0148352_2237187.jpg
b0148352_22373016.jpg
b0148352_2237394.jpg


コジュリン。
b0148352_22381478.jpg
b0148352_22383694.jpg


世界的な希少種であるオオセッカ。有名な生息地であった秋田県の八郎潟では姿が見られなくなって久しい。青森県の仏沼ではこの鳥を保護するために土地の買い上げまで行われている。それに比べて利根川下流域の葦原は貴重な繁殖地にもかかわらず、ほぼノーケア状態。護岸工事や道路建設などによって年々環境は悪化しているように思う。

2012年5月上旬・撮影地千葉県東庄
[PR]
by hideaki0310 | 2012-05-12 07:00 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

オオセッカ・コジュリン

b0148352_0191537.jpg

真夏の日差しが降り注ぐ日が続いています。鳥たちの繁殖期も終盤を迎え、昼間はこの日差しを避けるようにひっそりしていることが多くなりました。そんな中、河原ではオオセッカ、コジュリンが暑さをものともせず、元気に飛び回っています。

コジュリン♂。森林の小鳥たちのさえずりを聞くことが少なくなるこの時期ですが、河原のコジュリンはまだまだ元気に囀ります。早朝だけでなく昼間でも盛んに囀ってくれるのですぐに姿を見つけることができます。
b0148352_0192952.jpg
b0148352_0193614.jpg


オオセッカ。オオセッカもこの時期盛んに囀り飛翔を行います。この場所のオオセッカの生息密度は非常に濃く、ぱっと見回しただけで少なくとも10個体以上が確認できます。希少種であることを忘れてしまいそうです。
b0148352_0194952.jpg
b0148352_0195872.jpg

特徴である囀りは非常に音量があり、かなり遠くからでもその声を確認できます。飛びながら鳴くことが多いのでこの存在は確認しやすいですが、囀り飛翔が終わると葦の中に潜ってしまうので撮影にはそれなりのコツが必要です。
b0148352_0201231.jpg
b0148352_0202084.jpg
b0148352_0202883.jpg


田んぼでドジョウを採るチュウサギ。まだ7月ですが、嘴を見ると黄色になっていてすでに冬羽に移行が始まっているようです。
b0148352_0204445.jpg
b0148352_0205146.jpg


2011年7月中旬・撮影地千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2011-07-18 00:22 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

ノジコ・ツメナガセキレイ他

この春の舳倉島ではノジコが多く見られました。南東側にある草原にはアオジ、タヒバリ、ホオアカ、カワラヒワなどが飛び回っていましたが、アオジだと思って見てみるとノジコで同時にこれだけのノジコを見たのは初めてです。ちょうどタイミングがよかったのでしょう。

ノジコ。白いアイリングと黄色いお腹が目立ちます。草原でみるノジコは新鮮でした。
b0148352_1423157.jpg
b0148352_14232543.jpg
b0148352_14233593.jpg


コジュリン。舳倉島ではコジュリンは初めてです。眉班がはっきりしているので♀だと思います。♂の夏羽は黒い頭巾をかぶったようになります。嘴が肉色なので冬の装いが残っています。
b0148352_14235313.jpg
b0148352_1424280.jpg


アオジ。頭が黒いシベリアアオジがかなりの割合で混じっていましたが、写真は普通のアオジです。
b0148352_14242386.jpg


センダイムシクイ。春の舳倉島のムシクイといえばセンダイムシクイとエゾムシクイが多く、メボソムシクイはあまり見かけません。逆に秋は圧倒的にメボソムシクイのほうが多く見られます。毎年定期的に観察できているわけではないので確実なことはわかりませんが、5月上旬という時期的なものなのか、それとも渡りのコースが春と秋とでは違うのか、興味のわくところです。
b0148352_14272797.jpg


ツメナガセキレイ。この時期は必ずと言っていいほど夏羽のツメナガセキレイが見られます。黄色いお腹が目立ちます。日本で繁殖するツメナガセキレイは亜種ツメナガセキレイ(キマユツメナガセキレイ)ですが、春の舳倉島ではこの亜種マミジロツメナガセキレイが一番多く見られます。秋になるとと亜種ツメナガセキレイのほうが多く見られる傾向があります。
b0148352_1424422.jpg
b0148352_14245282.jpg


また、秋の渡りの時まで舳倉島とはしばしのお別れです。

2011年5月中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2011-06-10 20:17 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

コジュリン

b0148352_10533886.jpg

久しぶりに訪れた河川敷はまだ一面枯れた葦に覆われていた。ここでは毎年、オオセッカ、コジュリン、コヨシキリ、オオヨシキリなどが繁殖する。観察には彼らの行動が最も活発になる梅雨前の6月からが適しているであるが、この時期にはコヨシキリ以外のメンバーはすでに到着している。この日は曇り空のもと、彼らの姿を探しているとまず葦原の奥からオオセッカの独特の囀りが聞こえてくる。まだこの時期は目立つ場所には出てこないので姿を一瞬見るのにとどまった。オオセッカとは対照的なやわらかな囀りのコジュリンは声をたよりに探してみると葦の中段でさえずっている姿を見ることができた。
b0148352_10342822.jpg

オオセッカと同じくこの時期は目立つ場所にはなかなか出てこないがオオセッカに比べると囀りのときは一か所でじっとしているので比較的観察しやすい。すでに顔の部分は黒くなっていたがまだ頭頂は茶色で、完全な夏羽までもう少しといったことろであった。
b0148352_10365192.jpg
b0148352_1036591.jpg

b0148352_10391215.jpg

完全な夏羽になると下の写真のようになる。頭だけでなく背中も今よりも黒いラインが目立つ。
b0148352_105556.jpg


2011年4月下旬・撮影地千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2011-04-25 20:25 | 千葉県 | Trackback | Comments(2)

芦原の夏~オオセッカ

今回は夏の芦原に生息する鳥たちに会いにいってきました。今回の目的はサンカイノゴイとオオセッカ、コジュリンなどの小鳥でしたが、ますはオオセッカ、コジュリンからご紹介します。コジュリンは今年の4月に訪れたときにじっくりと観察することができましたが、まだ完全な夏羽ではありませんでした。オオセッカに至っては芦原のかなたにチラッと見かけただけでした。今の時期は繁殖の真っ最中ですのでベストシーズンといえます。
いつもの河川敷の芦原に降り立つとそこら中から鳥たちのさえずりが聞こえます。まず現れたのがコヨシキリでした。コヨシキリは高原のイメージがありますが、ここでは平地の芦原で繁殖しています。
b0148352_2353286.jpg

あしの先端でさえずります。声はオオヨシキリよりも甲高く、金属的な感じがします。
b0148352_2355359.jpg

次に現れたのがコジュリンです。真黒な頭のオスです。
b0148352_23101344.jpg

コジュリンの囀りはコヨシキリと違ってゆっくりしたテンポです。ホオジロのさえずりをもっと柔らかくした感じと言えばいいでしょうか。
b0148352_2310345.jpg

この個体はメスです。メスはさえずらないので見つけにくいです。
b0148352_23105594.jpg

これはセッカです。ヒッ、ヒッ、ヒッと鳴きながら波状に飛びます。
b0148352_23111574.jpg

いよいよ本命のオオセッカ。この場所は生息密度が非常に高く、いたるとことろで独特のさえずり飛翔が見られました。
b0148352_23113530.jpg

あしからあしへの飛び移りながらさえずります。
b0148352_23115337.jpg

b0148352_23121541.jpg

最後に定番のオオヨシキリ。芦原の小鳥の中では一番大きいですし、さえずりも一番賑やかです。
b0148352_23124219.jpg

b0148352_2313215.jpg

次回はサンカノゴイとヨシゴイをご紹介します。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-06-16 23:15 | 千葉県 | Trackback | Comments(10)

河原の歌い手~コジュリン

今回はコジュリンを紹介します。コジュリンは極東の特産種で、海外のバーダーたちのあこがれの鳥です。関東では繁殖期に利根川の河川敷で見ることができます。今回(4月初旬)は少し時期が早いかとも思いましたが、利根川の河原に行ってみました。
いつものポイントにつくと早速コジュリンのさえずりが聞こえてきました。ここでは一番の歌い手でしょう。
b0148352_8455230.jpg

顔の部分がだいぶ黒くなってほぼ夏羽に移行していました。
b0148352_8462834.jpg

この個体はさえずりに一生けん命で近くにいっても逃げません。
b0148352_84705.jpg

すぐそばにいた別の個体ですが、こちらのほうが頭が黒いです。
b0148352_8472879.jpg

河原にはほかに、オオセッカ、オオヨシキリ(声のみ)、ヒバリ、セッカ、ホオジロなどがみられました。オオセッカはさえずり飛翔をおこなっていましたが、芦原の奥の方でしたのでもう少し季節が進めば撮りやすくなると思います。
蘆の間からでてきたウクイス。
b0148352_848311.jpg

畦にいたヒバリです。
b0148352_8484239.jpg

近くの電線にはハヤブサが止まっていました。
b0148352_8492878.jpg

次回は梅雨の少し前に訪れてみようと思います。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-04-20 20:42 | 千葉県 | Trackback | Comments(5)