タグ:コチョウゲンボウ ( 6 ) タグの人気記事

コチョウゲンボウ〜2012.01

コチョウゲンボウ(Merlin)

b0148352_8241944.jpg


年の初め、猛禽類のポイントに立ち寄った。ポイントにつくとたくさんのスズメやカワラヒワ、ホオジロ類が電線に止まっている。彼らを目当てにしている猛禽類にとっては格好のえさ場なのだろう。

コチョウゲンボウ♀。ここでは必ずといっていいほど出会う確率が高い。昨年も一昨年も同じ場所でコチョウゲンボウを見ているので、もしかしたら同じ個体かもしれない。♂の若かも?との思いがあるが、大きさから♀の可能性が高い。

b0148352_8245898.jpg


上の個体と同一個体。

b0148352_825589.jpg
b0148352_8251928.jpg


チュウヒ。朝方はよく田園の上を飛び回る。写真のように地上に降りていることも多く、近づくと不意に飛び立たれてびっくりすることがある。

b0148352_8301611.jpg
b0148352_8303530.jpg
b0148352_8305016.jpg


2011年1月上旬・撮影地茨城県
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-30 07:15 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

コチョウゲンボウ〜2012.01

コチョウゲンボウ(Merlin)

b0148352_226367.jpg


2012年早々、コチョウゲンボウの♂を観察することができた。毎年コチョウゲンボウは観察しているが、♂の成鳥を近くで観察したのは久しぶりだ。コチョウゲンボウ自体猛禽の中では小柄な部類だが、♂となるとさらに小さく見える。遠くから見るととても猛禽とは思えない大きさ。

b0148352_22104329.jpg


車をブラインドに近づいていくとかなり近くまで寄ることができた。

b0148352_2212310.jpg
b0148352_22121674.jpg


約20分ほど電線であたりを見回していたが、ふっと飛び立った。小さい分、行動は素早くシャッターを切ったときは飛び出した後だった。。

b0148352_2214343.jpg


同じ場所にいたノスリ。ノスリくらいゆっくり飛んでもらえると私でもなんとか撮影できる。

b0148352_2215186.jpg
b0148352_22153158.jpg


2012年1月初旬・撮影地千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-12 07:03 | 千葉県 | Trackback | Comments(2)

冬の猛禽類

今週は猛禽類を求めて利根川に行ってきた。他にも目的はあったが朝一番でいつものポイントに着くと早速チョウゲンボウが出迎えてくれた。
b0148352_23255510.jpg

ここは利根川沿いに広がる田園地帯でこの場所で冬を越している小鳥たちが非常に多い。オオジュリン、ツグミ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワといった小鳥たちだがこれらを狙う猛禽類にとっては格好の狩り場となる。今季初めて訪れたのであるがまだ小鳥類はいつもよりも少なめ。。そのことが影響したのか猛禽類もいつも見られるハイイロチュウヒなどは見られなかった。それでもコチョウゲンボウ、チュウヒ、ノスリ、トビといった面々を観察することができた。

コチョウゲンボウ。今年はあちこちで見かける。またしても♀だったが至近距離でじっくり観察できた。チョウゲンボウなどとくらべると非常に目が大きい。その分、精悍に見える。
b0148352_232625100.jpg
b0148352_23263361.jpg
b0148352_23264228.jpg

ここでは田園の中央を走る電線が彼(彼女?)の休憩所又は監視所となる。
b0148352_2327083.jpg


チュウヒ。田園の畔の草むらに潜んでいた。朝の狩りのあと一服をしていたのかもしれない。
b0148352_23271749.jpg
b0148352_23272730.jpg


ミサゴ。彼らもこの場所を休憩所として使っているようでしばしば見かける。
b0148352_23274361.jpg


このポイントは今季も十分に楽しませてくれそうだ。

2010年12月上旬・撮影地茨城県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-12-04 23:29 | 茨城県 | Trackback | Comments(2)

コチョウゲンボウ

ここ伊豆沼・蕪栗沼周辺は猛禽類の宝庫でもある。今回は個体数が多かった順にトビ、ノスリ、コチョウゲンボウ、チュウヒ、オジロワシが見られた。オジロワシは沼の中央の枝に止まっていたが距離が遠くて写真には残せなかった。他に目立ったのはコチョウゲンボウ。コチョウゲンボウは少なくとも4個体を確認した。すべて若又は♀タイプであったが、生息密度は相当高いと思われる。

電線に止まったコチョウゲンボウ。背中の羽根の感じから♀であろう。
b0148352_23431757.jpg
b0148352_23432772.jpg

別個体の飛び出し。逆光でわかりにくいが幼鳥のようだ。
b0148352_23434237.jpg

田んぼの真ん中に止まった。この個体は最初に掲載した個体を見つけた次の日にそれほど離れていない場所で撮影したので、同一個体かもしれない。
b0148352_23435648.jpg
b0148352_2344736.jpg


ノスリは本当に多かった。田んぼのあちこちで見られた。
b0148352_23442754.jpg
b0148352_23443757.jpg


2010年11月下旬・撮影地蕪栗沼周辺
[PR]
by hideaki0310 | 2010-11-25 23:45 | その他の地域 | Trackback | Comments(2)

コチョウゲンボウ

先日訪れた農耕地でコチョウゲンボウに会うことができた。初めてのフィールドだったので土地勘もなく農道を流していると地上約1~2メートルの低空を飛ぶ猛禽類を発見した。その瞬間、コチョウゲンボウとわかった。コチョウゲンボウはチョウゲンボウと違って地上すれすれをジクザグにそれも素早く飛ぶ。大きさもチョウゲンボウよりも一回り小さくツミよりも多少大きいくらいだ。個体数自体もそれほど多いわけではないのでなかなかカメラに収めるのは難しい。このフィールドはかつてコチョウゲンボウが多数入るポイントとして有名であったが、いまでは数個体が入るのみとなったようである。今回出会ったのはおそらく若鳥。♀のの可能性もあるが背中の羽の模様から判断すると♂の若だろう。成鳥♂は非常に美しい色と模様をしているがなかなか会う機会に恵まれない。今回はこのフィールドでは♀のみだったがまだシーズンは始まったばかりだから今後に期待したい。

田んぼのワラボッチの上に止まるコチョウゲンボウ。こんな場所がお気に入りだ。
b0148352_1453528.jpg
b0148352_1454596.jpg
b0148352_146013.jpg
b0148352_146943.jpg
b0148352_146255.jpg

以前、北関東で撮影したコチョウゲンボウ。おそらく♂の若だと思われる。
b0148352_1464219.jpg


同じフィールドで見たノスリ。複数個体が見られたが特にこの個体は目の前で地上と電線を何度も往復していた。他にはチョウゲンボウにちょっかいを出されている個体もいたがノスリのほうは完全無視を決め込んでいたようだ。
b0148352_147344.jpg
b0148352_1471184.jpg
b0148352_1471913.jpg


やはり初めて訪れるフィールドはなにがでるか分からないので楽しい。情報にたよらず自分で見つけた時の喜びは格別のものがある。次回はどんな出会いがあるだろう。冬本番になったらまた訪れてみようと思う。

2010年11月中旬・撮影地静岡県沼津市
[PR]
by hideaki0310 | 2010-11-18 20:03 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)

コチョウゲンボウ・チュウヒほか

コチョウゲンボウです。
b0148352_8464756.jpg

利根川沿いの田園地帯で見つけました。電線の止まりものですが、ほぼ真下から撮影したので距離は近いです。この個体ですが最初は背中の色から若い♂かと思ったのですが、先輩のご意見により♀という結論に至りました。幼鳥や若鳥の識別はむずかいしです。
b0148352_8471110.jpg

b0148352_8473074.jpg

この手の種類は♂より♀のほうが一回り大きいですが、その♀でもかなり小さく見え、チョウゲンボウのようにヒラヒラ飛ばずジクザグに素早く飛びます。これはチョウゲンボウが地上の昆虫やネズミ類を主食にしているのと異なり、コチョウゲンボウが小鳥類を主食にしているからでしょう。今回飛ぶところは撮れませんでしたが、飛行高度もチョウゲンボウほど高くありません。
b0148352_8475141.jpg

車から撮ったのですが、車のドアを大きく開けた瞬間に飛ばれました。警戒心は強いようです。

同じ場所で撮ったチュウヒです。
b0148352_8481560.jpg

チュウヒもこの辺りを代表する猛禽類ですが、コチョウゲンボウは田んぼや畑、チュウヒは芦原というようにうまく住み分けができています。この場所にはハイイロチュウヒもいますがハイイロチュウヒの狩り場はコチョウゲンボウと同じ田んぼや畑です。V字を保って芦原の上空を旋回していました。
b0148352_8483773.jpg

b0148352_8485247.jpg


ワシタカ類ではありませんが、銚子の漁港で撮ったワシカモメです。羽根の具合から2年目の冬羽かと思われます。
b0148352_8491689.jpg

同じく、2年目の冬羽と思われるシロカモメ。漁船が捨てたイワシ?をセグロカモメと争っていました。
b0148352_8493392.jpg

この日は漁船の水揚げがなかったせいか港にはカモメの姿が少なく、特に大型カモメが少なく感じます。この日ワシカモメ、シロカモメの成鳥はまったく見かけませんでした。

2010年2月上旬・撮影地千葉県・茨城県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-02-24 08:52 | 茨城県 | Trackback | Comments(8)