タグ:コホオアカ ( 8 ) タグの人気記事

舳倉島~2014.5.3

b0148352_11165698.jpg
毎年恒例の春の渡りで今年は舳倉島に渡った。今回は天候に不安があったので2泊3日に予定を急遽日帰りに変更したためかなり慌ただしい鳥見となってしまった。毎度のことながら現役世代にとってはかなりリスクの多い島だ。事前情報によると鳥の数、種類ともに多くないと聞いていたが観察種を見てみるとまさにその通りの結果となった。4月に訪れた与那国でもそうであったが、今年(2014年)は天候不順により小鳥たちの渡りがかなり遅れているらしい。5月10日過ぎからに期待といったところだろうか。。

今回の特徴としてはジョウビタキ、マヒワなどの冬鳥がまだ見られたこと、オオルリ、キビタキといった夏鳥の数が少なかったことが挙げられる。個別の種類としてはビンズイが非常に多く見られたこと、亜種シベリアアオジの数が亜種アオジに比べて圧倒的に多かったこと、ムシクイ類ではほとんどがセンダイムシクイで秋に多く見られるメボソムシクイは見かけなかったこと、毎年この時期に多く見られるノビタキの数が少なかったことが印象的だった。左の写真は亜種シベリアアオジ。


コホオアカ夏羽。

b0148352_11353078.jpg



キマユホオジロ。
b0148352_11355129.jpg



サンショウクイ♀。
b0148352_11365176.jpg

ノゴマ♂。
b0148352_11373232.jpg

コサメビタキ。
b0148352_1139314.jpg

亜種オオカワラヒワ。
b0148352_11374524.jpg




(観察種)

オオハムSP(航路)、オオミズナギドリ(航路)、ウミウ、ダイサギ(亜種チュウダイサギ)、アオサギ、トビ、ツミ、ミサゴ2、ハヤブサ、イソシギ、ウミネコ、ウトウ(航路)、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ツメナガセキレイ、ビンズイ、サンショウクイ、ヒヨドリ、モズ2、ノゴマ1、コルリ、ジョウビタキ♀1、ノビタキ、イソヒヨドリ、マミチャジナイ、ツグミ、ウグイス、オオヨシキリ、ムジセッカ、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、ムギマキ、オオルリ、コサメビタキ、メジロ、ホオジロ、シロハラホオジロ、コホオアカ、キマユホオジロ、ノジコ、アオジ(亜種シベリアアオジ)、クロジ、アトリ、カワラヒワ(亜種オオカワラヒワ)、マヒワ2、ニュウナイスズメ♀1、ハシブトガラス(以上50種) 他目撃情報 ムラサキサギ、イスカ、コノハズク、ベニヒワなど
[PR]
by hideaki0310 | 2014-05-07 07:00 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)

シマセンニュウ(Middendorff's grasshopper warbler)~2013.10

b0148352_21241577.jpg
10月までの舳倉島航路の島からの出航時間は午後の3時。
いつもなら、最後の数分まで時間を惜しんで歩き回るのですが、今回はあまりの鳥の少なさに少々疲れてしまい、島でのラスト1時間ほどは水場で時折やってくるムシクイを観察していました。すると奥の破の地面をトコトコ歩く影を発見!ピョンピョンではなくトコトコだったのでビンズイかな?と思って双眼鏡を向けるとシマセンニュウでした。北海道ではよく見かけるシマセンニュウですが、渡りの途中で姿を見ることはその生態上希で、私も北海道以外の地域で見たのは初めてです。
扇型の尾と顔つきからシマセンニュウと判断したのですが、雨覆い先端の白班、胸と頭部の黒い縦班、黄色味を帯びた眉班と胸から幼鳥と分かりました。結局開けた場所には出てこず、一瞬だけの観察となりましたが私には嬉しい出会いとなりました。
b0148352_2126547.jpg
b0148352_2127760.jpg
b0148352_21272456.jpg


コホオアカ。今回、ホオジロ類はほとんど見られず、期待していたシラガホオジロやツメナガホオジロは見ることができませんでしたが、このコホオアカはいつもどおり楽しませてくれました。地鳴きは「チッ」というアオジに似た地鳴きですが、アオジのように濁らず、やや優しいトーンです。アオジと同じブッシュに潜んでいてもアオジよりは潜らないことが多いので、比較的姿は見やすいです。
b0148352_2128204.jpg
b0148352_21283535.jpg


カラアカハラ。今回一番の珍鳥でしょうか..
このカラアカハラ、春の渡りの時によく観察されますが、秋も少数が通過しているようです。この個体は喉から体下面にかけてが白く胸の黒班から♀の成鳥個体と思われます。やや距離があったので詳細はわかりませんでしたがこんな開けた場所にも出てくるのかと少々驚きました。
b0148352_21284456.jpg
b0148352_212902.jpg


2013年10月初旬・撮影地石川県舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2013-10-15 07:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

コホオアカ(Little Bunting)〜2012.10

b0148352_21483851.jpg

道端にでてきて草のたねを採餌していた。同じ場所にアオジ、ミヤマホオジロ、シロハラホオジロなどなど。やはりこの時期の離島の顔ぶれは豪華。

b0148352_21523239.jpg

さらに今回、一羽のコホオアカが梢で盛んにさえずっていた。もちろんコホオアカのさえずりを聞いたのは初めて。ホオジロ類らしいアップテンポで美しいさえずりだった。上の写真は羽を開いてさえずるコホオアカ。

2012年10月初旬・撮影地石川県舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2012-10-20 07:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

コホオアカ

コホオアカ(Little Bunting)成鳥冬羽

夏羽にくらべて冬羽では、ほほの赤茶色部分が薄く、小さくなり、背中も灰色がかります。すでに渡りの最盛期はすぎていましたが、草むらで1羽だけ見つけました。

b0148352_14474169.jpg
b0148352_14474941.jpg
b0148352_1448458.jpg


2011年11月上旬・撮影地石川県/ニコンD3+AFニッコール500mmF4+1・4テレコンバーター使用
[PR]
by hideaki0310 | 2011-11-11 21:49 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

ミヤマホオジロ・シラガホオジロ

秋の舳倉島での見どころはムシクイ類、ヒタキ類と並んでホオジロ類があげられる。私は見ることができなかったが今年もイワバホオジロ(ズアオホオジロとの見解もあり)が出現してバーダーを喜ばせた。今回はそんなホオジロ類も期待していたのだが結果は・・・やはり夏の暑さの影響だろうか、この時期かなりの確率で見られるツメナガホオジロは見られず少々さびしい結果となった。それでも舳倉島の定番?コホオアカやミヤマホオジロ、シラガホオジロを見ることができた。

ミヤマホオジロ。もうすぐ関東でも到着の一報が入るだろう。舳倉島ではジョウビタキ、アトリ、マヒワと並んで数が多かった。警戒心が強いのは舳倉島でも同じだ。
b0148352_2125912.jpg
b0148352_213886.jpg
b0148352_2131732.jpg


シラガホオジロ。島中央の道沿いに突然飛んできた。最初見たときは??であったがよく見るとシラガホオジロだった。下の写真は第1回の冬羽だろう。成鳥にくらべるとかなり淡色に見える。また特徴の頬の白い部分も見られない。
b0148352_213347.jpg
b0148352_2134240.jpg
b0148352_21349100.jpg

これは別個体であるがやはり第1回の冬羽の個体だろう。この時期は若鳥が目立つ。
b0148352_214950.jpg


コホオアカ。この鳥を見ると舳倉島に来たことを実感する。それほどこの島では渡りの時期には必ずといっていいほど出会える。
b0148352_2142490.jpg


10月下旬からの寒波の影響で舳倉島にも一斉に冬鳥が入って来たと聞く。台風の影響で今年最後の渡航は見送った。また来年、どんな鳥たちと出会えるのか!?今から楽しみである。

2010年10月中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-11-01 21:07 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

春の舳倉島その4~ヒメコウテンシ他

今回はヒメコウテンシ他の紹介です。

ヒメコウテンシは舳倉島などの日本海側の島では毎年観察される種類です。昨年の春も1羽ですが見ることができました。
b0148352_19532596.jpg

ヒメコウテンシはヒバリの仲間ですが、ヒバリよりも一回り小さく鳴き声も違います。比較的開けた場所に出てきてくれるので観察はしやすいです。
b0148352_19545481.jpg

今回は4羽を同時に見ることができましたが、4羽は常に群れで行動しており、一度飛び立ってもしばらくするとまた同じ場所に戻ってくるという行動を繰り返していました。
b0148352_19564090.jpg
b0148352_19565291.jpg


コホオアカです。コホオアカは赤いほほと胸の縦じまが特徴です。下の写真は夕方に撮影したものですが、夕方に島に到着したばかりのようで枝に止まって体力の回復を図っていたようです。
b0148352_1958313.jpg
b0148352_19584713.jpg


こちらはホオアカです。ホオアカは関東でも見ることができますね。
b0148352_19594144.jpg
b0148352_19595659.jpg


キマユホオジロです。この個体は最後まで草むらのなかで餌をとっていて全身を見ることはできませんでした。残念。
b0148352_201014.jpg


道端に突然出てきたクロジ?のメスです。いつかこのあたりが瞬時に判断できるようになりたいと思います。
b0148352_202171.jpg


2010年5月中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-06-03 20:02 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

秋の舳倉島日記その1~ムネアカタヒバリ

今年4回目の舳倉島に行ってきました。今回は日程の都合上日帰りでの渡航となりましたが、結果として沢山の渡り鳥にあうことができました。前日はオオモズ、トラフズク、カラシラサギが見られているという情報を先輩からいただいていましたので、そのあたりも期待です。

実際、この日は天候も良く波も穏やかでした。経験上、こんな日はあまり鳥の数が多くないのですがこの日は島に上陸した瞬間に渡り鳥の多さに驚きました。ここかしこで鳥の鳴き声が聞こえ、上空には中型のツグミ類の群れや小型のホオジロ類の群れがいくつも見られます。秋の舳倉島は都合4回目ですが、いままでで一番鳥が目立ちます。そんな中見られた種類をいくつかご紹介します。まずはコホオアカから。
b0148352_13182712.jpg

コホオアカはこの島に来ると必ずといっていいほど見られる種類です。ホオジロの仲間らしく海岸沿いの草地で地上におりて餌をとっていました。
b0148352_13184450.jpg

b0148352_13185932.jpg


次は定番のミヤマホオジロです。今回はジョウビタキ、カシラダカに続き多く見られました。下の写真はメスです。今回はメスの方が多く見られ、オスは少なかったように思います。
b0148352_13191683.jpg

こちらがオスです。メスに比べると顔の部分の黄色と黒がはっきりしています。
b0148352_13193061.jpg


3種類目はムネアカタヒバリです。今回の個体は冬羽でしたので名前のとおりの胸の赤褐色は見られませんでした。さらにこの個体は冬羽でも残る耳羽の赤い部分もなく最初は別の種類かと思いましたが、背中の黒い縦縞がはっきりしているのと同じくその間の白い線がはっきりしているところから判断しました。先輩曰くこのあたりの識別は中級だそうです。。。勉強します。
b0148352_13194529.jpg

下の写真などはぱっとみただけだとビンズイと間違えそうですが、ビンズイはもっと背中の緑味が濃く縦縞もありません。
b0148352_1320292.jpg

ちょっと被っていますがこちらがビンズイです。
b0148352_13201779.jpg

ちょっと遠いですが、背中から撮れたカットです。全体的な色と背中の模様が異なることがわかっていただけると思います。
b0148352_13203158.jpg

私が最初に間違えたヨーロッパビンズイは背中の縦縞は似ていますが、全体的にもっと色が薄くベージュっぽいとのことでした。この日は別の場所ででていたようですが私は見られませんでした。

(2009年10月下旬・撮影地舳倉島)
[PR]
by hideaki0310 | 2009-10-26 13:22 | 舳倉島 | Trackback | Comments(11)

舳倉島より~コホオアカほか

舳倉島シリーズ第5弾です。まだまだ小出しでいきます(笑)
今回はホオジロ類をご紹介します。今回の舳倉島での目標として、キマユホオジロとシロハラホオジロを是非撮りたかったのですが今回は残念ながら撮れませんでした。次回のお楽しみにします。
まずはオオジュリンから。冬の芦原の主役ですね。完全に夏羽にはなっていない個体でした。
b0148352_1834320.jpg

次はカシラダカです。きれいな夏羽の個体でした。一瞬シロハラホオジロかと思いましたが、落ち着いて観察するとカシラダカでした。
b0148352_18343881.jpg

次は海岸沿いで見つけたコホオアカです。コホオアカは昨年の秋に舳倉島で初めて見ることができましたが、一瞬のみで写真も完全証拠写真でしたので今回じっくり撮影できてよかったです。この場所は渡ってきたばかりの鳥若しくはこれから旅立つ鳥の集合場所のようで、ほかにセンダイムシクイ、エゾムシクイ、ノジコ、カシラダカ、ビンズイなどが見られました。無事、目的地まで渡ってほしいですね。
b0148352_194352.jpg

同じ場所で見られたノジコです。岩場で見るノジコは雰囲気が違いますね。この個体は黄色みが少なく感じましたがアイリングがはっきりしているのでノジコとわかります。
b0148352_195853.jpg

ホオジロ類ではありませんが、ノジコやコホオアカと一緒にいたビンズイです。黄色みが薄かったりするとヨーロッパビンズイの可能性もあるのですか。。。
b0148352_195399.jpg

最後にこの島の定番のミヤマホオジロ。まだ、相当数が島で見られました。
b0148352_1961244.jpg

舳倉島シリーズも残りあと2回です。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-05-20 21:27 | 舳倉島 | Trackback | Comments(2)