タグ:ササゴイ ( 5 ) タグの人気記事

ササゴイ(Striated heron)~2013.07

b0148352_22573559.jpg

梅雨明け宣言があったこの土曜日、関東は今年初めての猛暑に見舞われた。少しでも涼しい場所へと地元の河川に向かった。この時期なると毎年ササゴイを撮影することが恒例となっている。このササゴイ、神奈川にはこの時期になるとやってくる夏鳥である。同じ仲間のゴイサギなどと比べると行動が非常にアクティブで長い時間観察していても飽きることはない。この日も2羽のササゴイが目の前で独特の行動を見せてくれた。
b0148352_22233674.jpg
b0148352_22234873.jpg
b0148352_2224159.jpg

川の中央部のブロックの上でじっと小魚を待つ。今の時期、酒匂川では鮎の遡上が見られ、ササゴイの獲物はその鮎。1時間ほど観察している間、3~4匹の鮎を見事に捉えていた。
b0148352_22265560.jpg

ブロックからブロックに器用に飛び移るのだが、その飛び方はなかなかユーモラス。
b0148352_23514968.jpg

b0148352_22285042.jpg


2013年7月上旬・撮影地神奈川県酒匂川
[PR]
by hideaki0310 | 2013-07-07 06:00 | 神奈川県 | Trackback | Comments(0)

クロハラアジサシ(Whiskered Tern)~2012.10

b0148352_1811997.jpg

台風一過の宮古島に渡った。といっても今回は会社の社員旅行。社員旅行とはいえ、バックに300ミリレンズと双眼鏡を忍ばせ、あわよくば渡り途中の珍鳥を。。。(笑)前日までは台風の進路を見てほぼ諦めていたのだが、ほかのメンバーの願いが通じたのか、島にいた3日間は天候に恵まれた。10月下旬の宮古島といえば、バーダーにとってはやや季節外れ。それでも渡り途中のものも含めて41種を確認することができた。

クロハラアジサシ。全部で10~20ほどのクロハラアジサシを観察した。ほとんどが冬羽であったがこの個体は夏羽から冬羽に換羽中の様子。ゴルフ場のはしっこて一休み。
b0148352_184258.jpg


どうやらゴルフ場の脇にあるため池で採餌しているようだ。なんとも珍しい取り合わせ。
b0148352_1852578.jpg
b0148352_1853483.jpg


同じ場所にいたササゴイ。関東では夏鳥だが、ここ宮古島には冬になるとやってくる。
b0148352_1862853.jpg


2012年10月下旬・撮影地宮古島
[PR]
by hideaki0310 | 2012-10-30 07:00 | 南西諸島 | Trackback | Comments(0)

ササゴイ(Striated Heron)~2012・05

b0148352_8515684.jpg

地元の河川でササゴイを観察。夕方近くになると活発に行動を始める。今年もペアが居ついてくれたようなのでこの先が楽しみだ。広い河原では姿を隠すことは難しいが、撮影する方は三脚を立てずに座り、草陰から撮影することをお勧めする。人間の気配をけせば彼ら本来の動きが観察できるし、驚くほど近くまで来てくれる。
b0148352_8524690.jpg
b0148352_8525858.jpg
b0148352_853742.jpg
b0148352_8531699.jpg


2012年5月下旬・撮影地神奈川県
[PR]
by hideaki0310 | 2012-05-28 07:00 | 神奈川県 | Trackback | Comments(0)

ササゴイ

b0148352_10174818.jpg

この河川の夏の風物詩のひとつ、ササゴイです。毎年、この時期になるとササゴイを撮りに出かけますが、今年は例年に比べて個体数が多いようです。ササゴイの活動が活発になる夕方を狙って待っていると川を横断するように置かれているブロックの上に数羽のササゴイがやってきました。毎年ですと1~2羽を見かけるだけなのですがこの日は全部で5羽。どうしてなのかと考えてみると理由がなんとなく分かってきました。この河川はアユ釣りで有名な河川で、6月の解禁を迎えると多くの釣り人がやってきます。今年は震災の影響で釣り人が少なくその分、ササゴイが安心して餌を捕っているようです。アユも豊富なのでしょう。

ササゴイの魅力は何と言ってもその採餌方法です。川におかれたブロックをつたいながら、気に入ったポイントが見つかるとじっとまちます。下の写真は首を伸ばして魚を捕ったところです。獲物はヨシノボリのようでした。
b0148352_10192840.jpg

b0148352_10213949.jpg

一か所で餌を捕るとまた近くのブロックに移動します。見ていて飽きません。
b0148352_10223517.jpg
b0148352_10224523.jpg
b0148352_10225470.jpg


久しぶりに中州に営巣しているコアジサシ。
b0148352_10231660.jpg
b0148352_10232590.jpg

例年ですともう少し上流に営巣することが多いのですが、ここらの中州は昨年秋の台風に伴う大雨の影響で立っていた木々が流され、さらに上流から大量の砂が流れ着いたことによってだいぶ環境が変わりました。その結果、コアジサシ達にとって営巣に適した場所になったようです。このような場所は是非大切にしたいものですが、釣り人や犬の散歩にやってくる人たちが知らずに営巣場所に侵入してしまい、営巣場所を放棄してしまわないか心配です。先日も犬を放している人がいて、注意をしたら逆に文句を言われました。年配の方でした。私のような若造に言われて腹が立ったのかもしれませんが、このような自然環境を次世代に受け継ぐという意識がないのかと悲しくなりました。観察する方はコロニーには近づかないという節度のある行動をお願いします。

ホウロクシギが一羽だけいました。
b0148352_10234594.jpg
b0148352_10235310.jpg

ここでは5月初旬あたりにオグロシギ、オオソリハシシギ、トウネン、キョウジョシギ、キアシシギといった種類はよく見かけますが、ホウロクシギを見たのは初めてです。しかも時期的にはかなり遅いです。嘴や体の縞模様をみると若い個体のようですから、繁殖に参加しない越夏個体かもしれません。

2011年6月下旬・撮影地神奈川県
[PR]
by hideaki0310 | 2011-07-03 10:32 | 神奈川県 | Trackback | Comments(2)

夏の風物詩~ササゴイ

ササゴイです。ササゴイは夏に日本にやってくる夏鳥です。似たような仲間にゴイサギがいますがこちらは一年中日本にいる留鳥です。ササゴイは流れの早い場所で岩の上から魚をとらえます。夏の河原でブロックの上にたたずむササゴイをみかけることが多いと思います。疑似餌(鳥の羽根)を利用したハンティングを行うこともあるようです。
b0148352_14465687.jpg


この日は地元の河原にササゴイを探しにいきました。ササゴイは夕方から夜にかけて活動が活発になりますので、4時過ぎに出かけました。川のなかに置かれたブロックの周りをさがすといました、ササゴイです。獲物をねらっているのでしょう。まったく動きません。しばらく観察していると何度か水の中に首を突っ込んで狩りをしていましたが、うまくいきません。
b0148352_14472879.jpg

b0148352_1448035.jpg

業を煮やしたのか、ちょっとずつ場所を移動しながら狩りを始めました。
b0148352_14484178.jpg

ブロックからブロックへと器用に飛び移ります。
b0148352_14501822.jpg

いつの間にか目の前まで来ました。狩りに夢中で私にはまったく気が付かないようすです。
b0148352_1450525.jpg

場所を決めて姿勢を低く構えました。
b0148352_14511760.jpg

しかしながら、午前中までの雨の影響で増水した川では獲物をとらえることは難しいようです。結局獲物を捉えるシーンは観察できませんでした。涼風が吹きわたる夕暮れの河原でとても素敵な時間をくれたササゴイに感謝です。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-08-02 14:52 | 神奈川県 | Trackback | Comments(10)