タグ:シマアジ ( 4 ) タグの人気記事

野付半島 その1(シマセンニュウ)

b0148352_21314593.jpg

初夏の北海道といえばやはりノゴマやシマセンニュウといった草原性の鳥が主役になりますが、例年この時期(7月下旬)になりますと繁殖も終わり草原は静寂に包まれます。しかしながら今年は半月ほど繁殖時期が遅れているようで、草原はまだまだ鳥たちの歌い声であふれていました。今回回ったのは日程の関係上、野付半島周辺です。野付半島は砂嘴(さし)と呼ばれる、海流によって運ばれた砂が堆積して形成される地形です。その長さは28キロに及び日本最大の砂嘴といわれています。先端部に至るまでの細長い地形上に草原が広がり、先端部分にも湿地や草原が点在します。したがって、草原性の鳥以外にもタンチョウやカモ類、シギチドリ類も多く見られバラエティに富んだ鳥相が魅力です。

シマセンニュウ。今回草原で一番目立つ存在でした。繁殖期も後半と思われますが、朝夕はソングポストで元気に歌声を響かしていました。下の写真は突然目の前の草の中にでてきたシマセンニュウです。特徴である扇型の尾がはっきりわかると思います。
b0148352_2132564.jpg
b0148352_21321354.jpg


コヨシキリ。草原のジャズシンガーとの異名を持つようにその鳴き声は非常に目立ちます。シマセンニュウよりも目立つ場所で囀りますので姿は見つけやすいです。
b0148352_21325252.jpg
b0148352_2133194.jpg


シマアジ。アカアシシギを探して湿地を覗いているとヒドリガモと一緒に小さめのカモが見えました。少し距離がありましたのでコガモかなと思いましたが、黒い嘴、明瞭な眉班でシマアジと分かりました。時期的にはかなり早いような気がします。
b0148352_2133174.jpg


ツバメチドリ。これもシマアジのすぐそばの中州に降りていました。野付半島でツバメチドリを見るとは思っていませんでしたのでちょっと驚きました。今年はツバメチドリによく会います。秋の渡りはすでに始まっているようで、湿地ではトウネン、キアシシギ、タカブシギなどが見られました。
b0148352_21332936.jpg


オオハクチョウ。緑の草原とオオハクチョウの組み合わせはかなり意外な感じですが、どうやら怪我をしているため繁殖地には戻れず、この場所で越夏したようです。
b0148352_21334365.jpg


2011年7月下旬・撮影地野付半島
[PR]
by hideaki0310 | 2011-07-31 21:35 | 北海道 | Trackback | Comments(2)

春の渡り鳥~シマアジ

シマアジです。
b0148352_22501034.jpg


シマアジは旅鳥として春と秋にやってきます。昨年の秋にも地元の田園でシマアジを見つけるとこができましたがその時はエクリプスの地味な色をしていました。下の写真はエクリプスのシマアジです。
b0148352_22503317.jpg

今年に入ってからも何度か情報をいただきましたが日程が合わずに見ることができませんでした。しかし、先週末にまたシマアジの情報をいただきようやく見ることができました。それも至近距離で。。この場所ならではの光景です。われわれがポイントに着くとほどなくしてコガモと一緒に綺麗なシマアジの♂が飛んできました。遠目でもすぐにシマアジとわかるほどはっきりした色合いです。
b0148352_22505180.jpg

b0148352_2251781.jpg

b0148352_2251257.jpg

しばし美しさに見とれているとなんとこちらに近づいてきます。
どうやら水草の根を食べているようです。
b0148352_22514873.jpg

b0148352_2252769.jpg

メスを探しましたが、この日は見つけることができませんでした。コガモのメスとシマアジのメスは似ていますが、コガモのほうが色が黄色みが薄く褐色、くちばしはシマアジは真っ黒ですがコガモは黄色い部分がある、シマアジのほうが眉斑が明瞭などどいう相違点があります。このシマアジ、完全リラックスモードでこちらをまったく気にしていません。覗き穴の内側にいるBIRDERやカメラマンの興奮度合いとは大違いです(笑)
b0148352_9251150.jpg

b0148352_22524660.jpg

夕方のやわらかな日の光に照らされたシマアジは本当に綺麗でした。
b0148352_2253534.jpg

b0148352_22532222.jpg


2010年4月下旬・撮影地千葉県浦安市
[PR]
by hideaki0310 | 2010-04-27 22:54 | 千葉県 | Trackback | Comments(8)

豊かな自然とともに~シマアジ

少し前に今年度最後の予定で休耕田、ハス田を回ってみました。すでに季節は10月。今年の秋の渡りも終盤を迎えた感があります。前回ご紹介したオジロトウネン、ツルシギ以外に思いがけずシマアジにほか何種類か観察することができましたので今回ご紹介したいと思います。

まずは今回偶然に出会えたシマアジです。今年は地元神奈川での出会いに続き2回目です。この個体はしばらくこの場所に滞在しているらしく人慣れしているせいか私のほうにどんどん近寄ってきました。シマアジは比較的警戒心が強いと思っていたのでちょっと驚きました。エクリプスですので♂♀の判定は難しいですが全体的な色の印象からメスだと思います。
b0148352_9324478.jpg

b0148352_9332110.jpg

今回、この個体をみてわかったのですが、前回神奈川で観察した個体は幼鳥でした。幼鳥は成鳥に比べると明らかにオレンジ色が強く、今回の個体とは別種のような感じがしました。参考までに前回の写真も掲載します。この時期の識別は本当に難しいです。
b0148352_93478.jpg


シギチの仲間ではオオハシシギが見られました。この近くでは毎年越冬している個体がありますが、この個体は渡りの途中のようです。前日まではめずらしい幼鳥が見られたとのことでしたが、この日は成鳥しか見られませんでした。
b0148352_9351455.jpg

b0148352_9354686.jpg


ウズラシギです。2、3枚目の赤味の強い個体が幼鳥です。幼鳥のほうが成鳥よりカラフルです。
b0148352_936833.jpg

b0148352_9363260.jpg

b0148352_9365518.jpg


9月と10月で両方とも見られた種類としてはエリマキシギがあります。9月は2羽、今回は1羽見られました。
b0148352_9374185.jpg


ラストがオグロシギです。9月には見られませんでしたが、今回は多数(20羽以上)見られました。
b0148352_9382258.jpg


この場所を訪れるたびに周辺の環境の素晴らしさを感じます。何十年、何百年と変わらない鳥たちとの営みの一端を感じることができるような気になる場所だと思います。

2009年10月初旬撮影 撮影地茨城県
[PR]
by hideaki0310 | 2009-10-13 09:40 | 茨城県 | Trackback | Comments(6)

珍客来訪~シマアジ(幼鳥)

b0148352_918229.jpg

「シマアジ」というとお刺身で食べることが多い高級魚をイメージする方も多いかと思いますが、今回ご紹介するのは春と秋に旅鳥として日本を通過するカモの仲間のシマアジです。カモの仲間の多くは冬から夏にかけては雄が美しい繁殖羽根を纏っていますが、秋のこの時期は非繁殖羽根(エクリプス)となり雌とおなじような地味な姿になります。今回地元の田園で出会ったシマアジは2羽でおそらくペアだと思いますが、エクリプスのため雌雄の判別は難しいです。
b0148352_9195444.jpg

b0148352_9202935.jpg

水を張った休耕田で泳ぎながらさかんに餌を探していました。
b0148352_921962.jpg

b0148352_9214928.jpg

エクリプスのシマアジ。どちらがオスでどちらがメスでしょうか?
b0148352_9222128.jpg

陸に上がったシマアジ。大きさはコガモと同じくらいですが、コガモのメスよりも全体的にオレンジというか黄色みが強く、背中の羽の感じが異なります。(追記:この個体は幼鳥と思われます。成鳥のエクリプスはこのような黄色みはなく、淡色です。)
b0148352_92311100.jpg

下の写真はコガモです。全体的に色が薄くくちばしの色も黄色い部分があり黒一色のシマアジとは異なります。
b0148352_9234649.jpg

次は繁殖羽根を纏ったシマアジをぜひ撮ってみたいと思います。
b0148352_9243810.jpg


2009年8月下旬撮影
[PR]
by hideaki0310 | 2009-09-06 09:26 | 神奈川県 | Trackback | Comments(4)