タグ:センダイムシクイ ( 4 ) タグの人気記事

舳倉島/ムシクイ類の識別Ⅱ

舳倉島では春秋の渡りの時期に多くのムシクイ類を観察することができます。その多くが今回取り上げるセンダイムシクイ、エゾムシクイ、メボソムシクイです。私の経験では春(GW前後)はセンダイムシクイ、エゾムシクイが多く、メボソムシクイはほとんど見かけませんが、秋は圧倒的にメボソムシクイが多く見られます。今回もその経験則の通り、エゾムシクイ、センダイムシクイが多く見られメボソムシクイは見かけませんでした。と思ったのですが家に帰って撮影した写真を見返してみると現場ではセンダイムシクイだと思っていた個体がメボソムシクイだったり、エゾムシクイだったりということががいくつかありました。地鳴きなど現場でのヒントがあるとまだわかるのですがやはりムシクイ類は難しいです。

センダイムシクイ。これはわかりやすい個体でした。上面(背中)が黄色みが強いオリーブ色で3種のなかで一番明るく見えます。下嘴全体が山吹色で暗色斑がないことも識別点になります。他には明瞭な頭央線があること、下面(おなか)が見えたなら黄色い下尾筒も有効な識別点です。

b0148352_23564492.jpg
エゾムシクイ。エゾムシクイの識別点はまず脚の色。基本3種の中で一番ピンク色です。私はまずここで判断します。また、比較的明瞭な翼帯が2本入ります。他の2種よりも黄緑味は少なく、下面は白っぽく見えます。頭が背中よりも暗色に見えることも有効な識別点です。
b0148352_00175985.jpg
下の写真は現場ではセンダイムシクイと思ったのですがよく見てみるとエゾムシクイの特徴を備えていました。
b0148352_00253159.jpg
メボソムシクイ。下の写真も現場ではセンダイムシクイだと思っていましたが、下尾筒の黄色み少ないこと、下嘴が暗色であることからセンダイムシイではないことがわかります。また、下面に黄色みがあり、脚も肉色であることからエゾムシクイでもないのでメボソムシクイと判断しました。
b0148352_00275067.jpg
秋に見られるメボソムシクイはわかりやすい個体が多いのですが、春のメボソムシクイはなかなか判断が難しいです。下の写真は秋に撮影したメボソムシクイです。
b0148352_00333716.jpg

撮影地/石川県舳倉島







[PR]
by hideaki0310 | 2017-05-13 14:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

春の舳倉島その6~チフチャフ

今回はチフチャフを紹介します。

チフチャフはユーラシア大陸に分布するムシクイ類で日本ではなかなか見られない種類ですが、舳倉島などの島嶼では比較的観察例があります。しかし、主に秋が多く今回春の渡りで見られたのはかなりラッキーだと思います。

チフチャフの名前の由来はその鳴き声からで、「チフチャフチャフ」と鳴くそうですが、今回その声は聞かれませんでした。そのかわりウソのような「ヒー」という声がかすかに聞こえました。
b0148352_1134422.jpg

チフチャフは図鑑によると大きさは12センチ、センダイムシクイと同じような大きさですが、全体的に灰褐色で眉班は白です。くちばしと脚が黒という特徴があります。
b0148352_1161886.jpg
b0148352_1163986.jpg
b0148352_1171698.jpg

ムシクイの仲間ですからやはり動きは速く、一か所にじっとしてはいません。さらに距離があったためなかなか思うように撮影できませんでした。
b0148352_119297.jpg

b0148352_11101866.jpg


センダイムシクイです。チフチャフと比べると明らかにオリーブ色で遠目でも判断できます。
b0148352_1112666.jpg
b0148352_11123791.jpg


エゾムシクイです。センダイムシクイかと思いましたが、鳴き声が違いました。また、頭の色合いと背中の色合いが違うのでエゾムシクイと判断しました。やはり判別は難しいです。
b0148352_11151825.jpg
b0148352_11161187.jpg


2010年5月初旬、中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2010-06-06 11:16 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

暑さを避けて~マミジロ・クロツグミ

暑さを避けて高原の水場を覗いてきました。この日下界?は30℃をゆうに超える猛暑日でしたが、山の上は小雨が降り気温も20℃に届かないような肌寒い天候でした。途中で雨が本降りになってきたので早々に退散しましたが短い時間でも野鳥たちは姿を見せてくれました。

まずはコガラ。今年生まれの若様でしょうか?
b0148352_1649241.jpg

b0148352_1649156.jpg


次にセンダイムシクイ。この個体は翼帯の1本が薄く頭央線もかすかに見られる程度だったのでメボソムシクイと迷いましたが、嘴の色と下尾筒の色(センダイは黄色みがあり、メボソには黄色みがない)から識別しました。この種類は鳴いてくれないと非常に識別が難しくなります。
b0148352_16492978.jpg

b0148352_16494226.jpg


次は定番中の定番、ヤマガラです。ヤマガラも濃い緑の中で見るととても美しいです。
b0148352_16495597.jpg


これはオオルリのメス。ここではオスもいますが私は見たことがありません。
b0148352_1650755.jpg


この場所の本命、マミジロです。この個体は今年生まれの幼鳥だと思います。ちょっと褐色味があり、胸に羽毛状の白い毛が見られます。成鳥は雨覆い以外は褐色味がなくほぼ真黒です。
b0148352_16501791.jpg

b0148352_16513053.jpg


最後もクロツグミの幼鳥です。メスかと思いましたが、胸の斑点がメスと違うので♂の幼鳥だと思います。この時期は成鳥よりも警戒心の薄い幼鳥をよく見かけます。
b0148352_16514211.jpg


もうしばらくするとこの場所では夏鳥が去りひっそりとしてしまします。

2009年8月上旬撮影
[PR]
by hideaki0310 | 2009-08-24 16:52 | 富士山周辺 | Trackback | Comments(6)

舳倉島/ムシクイ類の識別

今回はムシクイの仲間をご紹介します。今回、舳倉島で会うことができたムシクイ・ウグイスの仲間はセンダイムシクイ、エゾムシクイ、メボソムシクイ、キマユムシクイ、ヤブサメ、ウグイスでした。この仲間は非常に似通っており、姿だけではなかなか識別することが困難です。地元であればだいだい場所で判断できます。山中湖ならセンダイムシクイ、富士山の五合目ならメボソムシクイという具合です。また、さえずりもまったく違いますので、さえずってくれさえすれば識別は容易にできます。しかし、舳倉島ではこれらが同じ場所にしかもさえずらずにいるので識別は困難を極めます。ちゃんと識別できるバーダーは少ないと思います。今回はその中でメジャーなセンダイムシクイ、エゾムシクイ、メボソムシクイをご紹介しますが、なかには判別が微妙なものもありますのでご指摘いただけると嬉しいです。
ますは海岸沿いの岩場で見つけたエゾムシクイ。頭部が体とはやや違って緑灰褐色で翼帯が2本あるところで判断できます。脚がピンク色であることも重要な識別点になります。
b0148352_13404952.jpg

草むらの中にいた個体です。ちょっとわかりずらいですが足がピンク色なのでエゾムシクイと判断できます。
b0148352_13413088.jpg

次は水場にきたセンダイムシクイです。センダイムシクイの特徴は翼帯が一本なのと頭部が緑黄色、胸が白いということです。また、足は黄緑色で頭にははっきりした頭央線があります。
b0148352_1341593.jpg

岩場にいたセンダイムシクイ。渡ってきたばかりのようでばてていました。
b0148352_13425146.jpg

次がメボソムシクイ。。。だと思ったのですが、センダイムシクイの可能性もあり、確認中です。この個体は別の写真で頭央線が確認できなかったことと、尾っぽが長いことでメボソだと思いましたが、友人の指摘により翼帯が一本しかないことに気が付きました。(この写真には写っていませんが下尾筒が黄色味を帯びていることからセンダイムシクイと判明しました)
b0148352_13432745.jpg

最後はヤブサメ。虫のような声が特徴で小さく、尾っぽも短いので判別できます。普段はなかなか藪からでてこない種類ですが、ここでは夕方になると比較的見やすいようです。
b0148352_13542940.jpg

ムシクイの識別は姿だけでなく、鳴き声(地鳴き)が重要だということを今回覚えました。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-05-15 22:33 | 舳倉島 | Trackback | Comments(6)