タグ:ハジロカイツブリ ( 8 ) タグの人気記事

外川・銚子・利根川~2014.03

b0148352_231315.jpg
2月~3月といえばカモメ類が最も見やすい時期で毎年銚子方面に何度か足を運んでいますが、今年に限っては長男の受験やら仕事の関係やらでなかなか行く機会がありませんでした。記録を見てみるとまる1年ぶりの訪問となりました。結果は目的のクロワカモメは見ることができず、期待していたカモメ類も漁港での水揚げがなかったせいか思ったより少なく、密かに期待していたアビ類も空振りと少々残念でしたが、事前に知り合いから聞いていた外川漁港のケイマフリを見ることができたのと帰りがけにだめもとで覗いた黒生漁港でビロードキンクロを見つけることができました。他にも普段はなかなか近くで観察できないクロガモやカイツブリ類を間近で観察できたのも収穫でした。時間の関係で銚子周辺のポイントを回ることができなかったので観察種は思ったより増えませんでしたが、やはりこの時期の銚子は期待を裏切りません。

この日は北風が強く吹き付け3月とはいえ非常に寒い日でしたが、目についたのはカイツブリ類。カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリは普段通り多く見られましたが、アカエリカイツブリの数の多さには少々驚きました。外洋性が強い種類ですから普段、あまり人目につきにくいせいもありると思いますが、これほどアカエリカイツブリを至近距離で多く見かけたのは初めての経験です。


アカエリカイツブリ。長く鳥を見ている方であればお分かりになると思いますが、アカエリカイツブリはこの海域ではそれほど数が多いわけではないと思うのですがこの日は本当によく見かけました。強風が岸近くに呼び込んだせいでしょうか。。
b0148352_23334595.jpg

b0148352_23335551.jpg




ハジロカイツブリ。
b0148352_23342776.jpg

b0148352_23343874.jpg




ミミカイツブリ。
b0148352_233714.jpg



カンムリカイツブリ。

b0148352_23372795.jpg




2014年3月上旬・撮影地銚子周辺

(観察種)
ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ヒメウ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズカモ、クロガモ、ビロードキンクロ、トビ、コチョウゲンボウ、ミサゴ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、カナダカモメ、シロカモメ、カモメ、ウミネコ、ケイマフリ、キジバト、ヒバリ、ハクセイキレイ、タヒバリ、イソヒヨドリ、ツグミ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハジボソガラス(以上40種)
[PR]
by hideaki0310 | 2014-03-10 07:08 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)

ミミカイツブリ(Horned Grebe)~2014.1

b0148352_1110762.jpg

久しぶりに訪れた九十九里では、久しぶりにミミカイツブリ(冬羽)を観察することができました。このミミカイツブリ、同じ仲間のハジロカイツブリなどに比べると目にする機会は少ないですが、この海域ではこの時期比較的よく目にすることができます。この日は我々がカメラを構える堤防の周りをウロウロしながら盛んに餌を探していました。
b0148352_11112151.jpg
b0148352_11113316.jpg

観察していると潜水によって獲物を捕獲する確率はかなり高く、写真のような根魚を何匹も見事に捕えていました。


少し離れた場所で撮影したハジロカイツブリ(冬羽)。この時期のハジロカイツブリは単独で見られることが多いですが、もう少し時期が進み羽色の中に春の気配が感じされるようになると群れを作り泳ぎ回る姿を見ることが多くなります。
b0148352_11123128.jpg
b0148352_11124775.jpg



ミミカイツブリと同じ場所で撮影したアビ。沖合に浮かぶビロードキンクロを観察していたところ、突然近くにやってきました。近くといっても距離は100メートルくらいでしょうか。。この日はアビのほかにオオハムと思われる個体とアカエリカイツブリを観察することもできた。やはりこの海域は海鳥が面白い。
b0148352_1113990.jpg
b0148352_11131869.jpg


2014年1月上旬・撮影地九十九里
[PR]
by hideaki0310 | 2014-01-21 07:00 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

ハジロカイツブリ(Black-necked Grebe) ~2013.03

b0148352_21141418.jpg

3月。急に春めいた日が多くなった。花粉症の方は大変だろうがやはりこの季節はなんとなくうきうきする。ビジネス用のスーツ、シャツ、ネクタイなども冬の間には敬遠していた明るい色のものをなんとなく選ぶようになる。鳥たちもそんな気分になるのだろうかなどと考えながら、のんびり探鳥をするのは本当に楽しい。この日見たハジロカイツブリはほとんどが冬羽だったが、一羽だけ鮮やかな夏羽の個体を見ることができた。どのようなきっかけで換羽が始まるのだろう。
b0148352_21225050.jpg
b0148352_2123971.jpg

春はまた出会いと別れの季節。我が家の周辺もシロハラ、ジョウビタキなどの冬鳥の姿は見なくなった。しかしやがてツバメがやってきてくれるはずだ。オオルリ、コマドリといったカラフルで歌声のすばらしい鳥たちに出会える季節がまたやってくる。

2013年3月上旬・撮影地茨城県波崎
[PR]
by hideaki0310 | 2013-03-22 07:00 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

ミミカイツブリ~2012.03波崎

海鳥を求めて久しぶりに調子方面に向かった。3月も半ばを過ぎるとカモ類の数はぐっと減り、カモメ類も成鳥が少なくなり、幼鳥又は若鳥の姿が目立つようになる。それらに代わって、春の渡りによってアビ類やウミスズメ類の姿を見ることが多くなる。この日は特に変わったものは見つからなかったが、カイツブリの仲間の姿が目立った。冬羽は地味な印象が強いカイツブリ類だが、この時期は夏羽への移行最中の個体が多く、なかにはほぼ夏羽の個体も混じっていた。

ミミカイツブリ。この個体はまだまだ冬羽であるが、首の部分の色がやや変わってきている。この時期は換羽の時期にあたるので両種の色あいがとてもよく似ているが、ハジロカイツブリとの違いは顔の白い部分と黒い部分が目の上下ではっきり分かれていること、くちばしがまっすぐであることなどから判断できる。
b0148352_10372974.jpg
b0148352_10374074.jpg
b0148352_10375029.jpg


ハジロカイツブリ。一番多く見られたので冬羽の個体からほぼ夏羽の個体までバラエティに富んでいた。
b0148352_10393742.jpg
b0148352_10394582.jpg
b0148352_1039597.jpg
b0148352_1040516.jpg


2012年3月下旬・撮影地茨城県波崎
[PR]
by hideaki0310 | 2012-03-26 07:00 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

ハジロカイツブリ・アカエリカイツブリ〜2012.01

久しぶりに銚子方面に足を運んだ。この日は天候が良く、波も穏やかだったので外洋の鳥は期待薄であったが、波崎の港ではスズガモの群れの中にハジロカイツブリとカンムリカイツブリが混じっていた。

ハジロカイツブリ(Black-necked Grebe)冬羽。一羽だけで行動していた。盛んに潜水を繰り返しては餌を探していた。

b0148352_21433616.jpg
b0148352_21434720.jpg


カンムリカイツブリ(Great Crested Grebe)。5〜6羽が昼寝をしていた。

b0148352_21444114.jpg
b0148352_21445226.jpg


アカエリカイツブリ(Red-necked Grebe )。銚子の第3漁港に一羽だけ浮いていた。以前に比べて目にする機会が多くなった種類の一つ。

b0148352_21472476.jpg
b0148352_21473470.jpg


ヒメウ飛翔。

b0148352_21475884.jpg


2011年1月上旬・撮影地茨城県・千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-28 07:36 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)

ハジロカイツブリ他2種

今回は銚子周辺で見られたカイツブリ類を紹介します。(トップはハジロカイツブリ)
b0148352_1345158.jpg


ハジロカイツブリ(夏羽)
b0148352_13453563.jpg

b0148352_13455738.jpg

ハジロカイツブリ(冬羽)
b0148352_13461326.jpg



カンムリカイツブリ(夏羽)
b0148352_13463020.jpg

b0148352_13464652.jpg

b0148352_1347341.jpg



アカエリカイツブリ(夏羽)
b0148352_13472029.jpg

b0148352_13473320.jpg

b0148352_13474775.jpg

b0148352_1348059.jpg



2010年3月中旬・撮影地千葉県銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-03-20 13:52 | 茨城県 | Trackback | Comments(5)

春の漁港jにて~カイツブリ~

今回の銚子遠征では、カイツブリの4種を見ることができました。この季節はちょうど夏羽への換羽の時期で、夏羽の個体と冬羽の個体が両方見られます。また換羽途中の夏羽と冬羽の中間という個体も見られました。
まずはハジロカイツブリ。ここ銚子では一番数が多いです。この個体は夏羽です。
b0148352_22452899.jpg

下の写真の個体はまだ冬羽がだいぶ残っていました。
b0148352_2246731.jpg

これははミミカイツブリです。実はミミカイツブリを写真に収めたのはこれが初めてでした!ハジロカイツブリはよく見かけますが、ミミカイツブリはなかなか会えませんのでうれしかったです。この個体は夏羽へ換羽中の個体のようで冬羽と夏羽の中間みたいです。4月になれば完全な夏羽になるのでしょう。
b0148352_2246354.jpg

b0148352_2247137.jpg

ほかにはカンムリカイツブリの夏羽が多く見られました。特に波崎港では複数の個体が同時に見られ、ディスプレイも見られました。
b0148352_22474353.jpg

今回は普段なかなか目にすることがない、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリが見られて大満足でした!
[PR]
by hideaki0310 | 2009-03-25 22:52 | 千葉県 | Trackback | Comments(6)

冬の漁港(その2)

アカエリカイツブリです。この写真は少し前に遠征した時の写真です。
アカエリカイツブリといえば、夏のサロベツ原野で夏羽を見ましたが、この写真はまだ冬羽でした。やはり冬羽はちょっぴり地味ですね。
b0148352_15125969.jpg

ちなみにこの写真はノートリです。漁港のすぐ岸よりを泳いでいたので車の中から撮影したものです。
b0148352_15133856.jpg

同じな所にいたカンムリカイツブリです。早くも夏羽になりかかっていました。ずいぶん早いような気がしますがどうなんでしょうか?
b0148352_1516753.jpg

最後にハジロカイツブリです。ハジロカイツブリはまだ冬羽でした。
b0148352_151652100.jpg

ミミカイツブリが撮れればカイツブリ類の勢ぞろいでしたが、この日はこの3種類で打ち止めでした。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-02-27 22:08 | 茨城県 | Trackback | Comments(0)