タグ:ワシカモメ ( 7 ) タグの人気記事

コオリガモ~2012.02歯舞クルーズ

コオリガモ(Long-tailed Duck)

b0148352_21394525.jpg


道東2日目はクルーズ船に乗り込んだ。昨年の12月にも同じクルーズ船に乗ったが今回は2月ということで流氷の浮かぶ海でのクルーズとなった。状況としては12月同様、鳥影は濃いとはいえなかったが薄い氷をかき分けながらのクルーズは初めての経験だった。種類としては、コオリガモ、クロガモ、シノリガモ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、ウミスズメ、ケイマフリ、ウミガラス、オオハムといったところ。

コオリガモ♂。船が近づくと慌てて飛び立つ。

b0148352_1755267.jpg

b0148352_1755227.jpg


陸地からそれほど離れていない場所には小さな群れがいくつも浮かんでいた。

b0148352_21393559.jpg


ワシカモメ。流氷の上で羽を休めていた。

b0148352_17563314.jpg


流氷の上を飛ぶクロガモの群れ。

b0148352_21425561.jpg


ここはロシアとの国境線がすぐ目の前だ。歯舞諸島の水晶島や貝殻島灯台がすぐそば。

b0148352_21431981.jpg
b0148352_21432862.jpg


運がいいとウミバトやコウミスズメ、エトロフウミスズメなども見られることがあるようだ。鳥の種類もさることながら、流氷の浮かぶ国境の海は普段味わうことができない雰囲気を体験できる。

2012年2月上旬・撮影地北海道根室市/ニコンD300使用
[PR]
by hideaki0310 | 2012-02-24 07:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

シロカモメ・ワシカモメ〜2011.12

北海道でカモメといえばシロカモメ、ワシカモメ、オオセグロカモメに代表される大型カモメ。とくにシロカモメは関東の人間からすると驚くほどに数が多く、野付半島の海岸線や尾岱沼といったオホーツク海側ではオオセグロカモメについで数が多い。野付半島の海岸沿いで20羽ほどの群れの一つを確認してみるとすべてシロカモメという群れもあった。逆に関東でよく見かけるセグロカモメはほとんど見られない。関東周辺でもシロカモメは見ることができるがほとんどが若鳥。しかし、北海道では成鳥を数多く目にすることができる。

シロカモメ(Glaucous Gull)成鳥冬羽。

b0148352_20221943.jpg

b0148352_2021142.jpg

b0148352_225057100.jpg


ワシカモメ(Glaucous-winged Gull)成鳥冬羽。

b0148352_20222716.jpg

b0148352_20235095.jpg


オオセグロカモメ(Slaty-backed Gull)成鳥冬羽。

b0148352_20212549.jpg


2011年12月下旬・撮影地北海道別海町
[PR]
by hideaki0310 | 2012-01-18 07:03 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

ワシカモメ

b0148352_982996.jpg

この日の漁港は非常にカモメの数が多く、修復が終わった有名ポイントの堤防では数えきれないほどのカモメが羽を休めていた。ほとんどがセグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、カモメ、ユリカモメである。その中にシロカモメ、ワシカモメがぽつぽつ、さらにカナダカモメなどの希少種が混じる。カモメは基本種でも年齢の差や個体差が大きく識別は難しいが何度かじっくりと見ていると違いがだんだんとわかってくる。スコープ、双眼鏡、図鑑はカモメ観察には欠かせない。

ワシカモメ。この日は比較的近い場所に成鳥が止まってくれた。
b0148352_985741.jpg

この日はワシカモメの幼鳥が多く第1回の冬羽と思われる個体はあちこちで見ることができた。
b0148352_991531.jpg


シロカモメ成鳥。このシロカモメは小型の亜種でぱっと見は珍種のアイスランドカモメに似ているためびっくりするが頭の形、尾羽の色などで判断することができる。
b0148352_993990.jpg
b0148352_995262.jpg


ウミネコ成鳥。ごく普通の鳥だが識別の際には普通種が基本となるため、特徴をしっかり覚えておくことが珍種の発見につながる。
b0148352_9101134.jpg
b0148352_9102095.jpg


2011年2月上旬・撮影地千葉県
[PR]
by hideaki0310 | 2011-02-13 09:11 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

大型カモメ

今回は大型のカモメ類を紹介します。(トップはワシカモメ)
b0148352_17581777.jpg


ワシカモメ(L61~68㎝)、成鳥冬羽。きれいな個体です。漁港の中で浮かんでいました。
b0148352_17591874.jpg

ウミウの獲物を横取りしようとマークしていますがうまくいきません。
b0148352_17594141.jpg

b0148352_180249.jpg

ワシカモメ、第3回冬羽。カモメが集まるポイントにいました。
b0148352_1882282.jpg

ワシカモメ、第2回冬羽。
b0148352_1884274.jpg


オオセグロカモメ(L55~67㎝)、成鳥夏羽
b0148352_1802732.jpg

オオセグロカモメ、成鳥冬羽。右はセグロカモメ。背中の色の違いがよくわかります。
b0148352_1822888.jpg


セグロカモメ(L55~67㎝)、成鳥冬羽
b0148352_1824860.jpg

b0148352_1862673.jpg


ホイグリン系、成鳥冬羽。ホイグリン系は秋と春によく見かけます。
b0148352_1812414.jpg

ちょっとわかりにくですが、頭の後ろに斑が集中しているのが特徴の一つです。
b0148352_181457.jpg


2010年3月・撮影地千葉県銚子
[PR]
by hideaki0310 | 2010-04-08 18:10 | 千葉県 | Trackback | Comments(2)

コチョウゲンボウ・チュウヒほか

コチョウゲンボウです。
b0148352_8464756.jpg

利根川沿いの田園地帯で見つけました。電線の止まりものですが、ほぼ真下から撮影したので距離は近いです。この個体ですが最初は背中の色から若い♂かと思ったのですが、先輩のご意見により♀という結論に至りました。幼鳥や若鳥の識別はむずかいしです。
b0148352_8471110.jpg

b0148352_8473074.jpg

この手の種類は♂より♀のほうが一回り大きいですが、その♀でもかなり小さく見え、チョウゲンボウのようにヒラヒラ飛ばずジクザグに素早く飛びます。これはチョウゲンボウが地上の昆虫やネズミ類を主食にしているのと異なり、コチョウゲンボウが小鳥類を主食にしているからでしょう。今回飛ぶところは撮れませんでしたが、飛行高度もチョウゲンボウほど高くありません。
b0148352_8475141.jpg

車から撮ったのですが、車のドアを大きく開けた瞬間に飛ばれました。警戒心は強いようです。

同じ場所で撮ったチュウヒです。
b0148352_8481560.jpg

チュウヒもこの辺りを代表する猛禽類ですが、コチョウゲンボウは田んぼや畑、チュウヒは芦原というようにうまく住み分けができています。この場所にはハイイロチュウヒもいますがハイイロチュウヒの狩り場はコチョウゲンボウと同じ田んぼや畑です。V字を保って芦原の上空を旋回していました。
b0148352_8483773.jpg

b0148352_8485247.jpg


ワシタカ類ではありませんが、銚子の漁港で撮ったワシカモメです。羽根の具合から2年目の冬羽かと思われます。
b0148352_8491689.jpg

同じく、2年目の冬羽と思われるシロカモメ。漁船が捨てたイワシ?をセグロカモメと争っていました。
b0148352_8493392.jpg

この日は漁船の水揚げがなかったせいか港にはカモメの姿が少なく、特に大型カモメが少なく感じます。この日ワシカモメ、シロカモメの成鳥はまったく見かけませんでした。

2010年2月上旬・撮影地千葉県・茨城県
[PR]
by hideaki0310 | 2010-02-24 08:52 | 茨城県 | Trackback | Comments(8)

シロカモメ

カモメシリーズ最終回です。
この日は漁港の片隅のこの場所にたくさんのカモメが集まっていました。お目当ては下水の中に含まれる魚のきれはしみたいです。幼鳥が多く、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメの幼鳥の識別には非常に勉強になりました。
これはシロカモメ、一回目冬羽だと思います。
b0148352_13311581.jpg

これはワシカモメ、2回目冬羽かと思います。やはり嘴が太いです。
b0148352_13313560.jpg

カナダカモメ(前々回掲載)がみられたのもこの場所です。カナダカモメを撮っていると白いやや小型のカモメが降りてきました。最初は大きさと雰囲気からアイスランドカモメかと思いました。大きさはセグロカモメより明らかに小さかったので、期待しましたが家に帰って調べてみると小型のシロカモメでした。詳しくはわかっていないようですが、シロカモメの小型の亜種であるアカスカシロカモメではないかということです。

b0148352_13323688.jpg

翼をひろげても真白!とても奇麗なシロカモメです。

b0148352_13333229.jpg

アイスランドカモメと小型のシロカモメは非常によく似ていて間違いがおおいとのことです。この個体はアイスランドカモメにくらべて足が長く、目が鋭く、全体のシルエットもアイスランドカモメとは異なります。残念ですが、シロカモメでしょう。
b0148352_13335967.jpg

この日は他の場所でもシロカモメの成鳥が見られました。この個体は夏羽になっていました。
b0148352_13342427.jpg


来シーズンは是非、アイスランドカモメをみてみたいと思います。
[PR]
by hideaki0310 | 2009-04-12 20:22 | 千葉県 | Trackback | Comments(0)

大型カモメ

今回はカモメの識別に挑戦してみました。最近のBWが写真が目的になってしまっていた反省から、BWの基本に立ち返ってカモメの識別にチャレンジです。ご存じのとおりカモメの識別は奥が深くむすかしいですが、今回は基本種を中心に見てきました。その中でもまず大型カモメの仲間についてです。大型カモメは5年で成鳥になります。大型カモメの識別の基本になるのはセグロカモメです。
ますは基本のセグロカモメから。

b0148352_0505517.jpg

このセグロカモメを基準として他種を識別していきます。次はオオセグロカモメ。一枚目はオオセグロは4回目冬羽、二枚目は成鳥夏羽だと思われます。
b0148352_0512989.jpg
b0148352_0514323.jpg

3種類目はワシカモメです。一枚目、二枚目は成鳥冬羽、三枚目は1回目冬羽だと思われます。
b0148352_0521295.jpg

b0148352_0524538.jpg
b0148352_053417.jpg

4種類目はシロカモメです。シロカモメは残念ながら成鳥は撮れませんでした。一枚目の写真は1回目冬羽、二枚目は2回目冬羽だと思います。
b0148352_0591531.jpg

b0148352_161257.jpg

やはりカモメの識別は難しいですが難しいだけに楽しさもあります。なんかカモメにはまりそうな感じがします。なお、上記の識別は個人的な見解ですので間違いがあれば是非ご指摘ください!
[PR]
by hideaki0310 | 2009-03-23 01:06 | 千葉県 | Trackback | Comments(2)