人気ブログランキング |

森の歌い手たち~マミジロ

マミジロです。近年、マミジロのような大型ツグミ類は非常に数が減ってしまいました。25年前の山中湖畔では早朝あちらこちらでクロツグミの声を聞くことができましたが、いまではその姿をみることが難しくなってしまいました。マミジロ、アカハラ、クロツグミは高原の優秀な歌い手ですから、ちょっとさみしい感じがします。
マミジロが「キョロン、ツィー」、アカハラが「キョロン、キョロン、ツィー」クロツグミがこれらの応用系の歌声です。

高原の水場にやってきたマミジロ♀。倒木の陰で様子をうかがいます。
b0148352_23105044.jpg

辺りを警戒しながら水場に降りてきました。
b0148352_2311784.jpg

マミジロは3種類の中でも最も深い森に住んでいるためなかなか姿をみることが難しい野鳥です。特にメスは囀りをしないのでさらに目にする機会が少ないのですが、この場所ではメスの方が頻繁にやってきます。メスのほうがきれい好きなのでしょうか?
b0148352_23112371.jpg

b0148352_23114025.jpg

この日はメスしかやってきませんでしたが、オスは真っ黒で眉の白が目立ちます。
b0148352_23115961.jpg


次にやってきたアカハラ。この場所のツグミ類の中では一番数が多いようです。
b0148352_23121464.jpg

名前の由来となっているお腹の赤い部分がとてもしれいです。
b0148352_23123240.jpg


最後がクロツグミ♀。クロツグミも今回はメスしかやってきませんでした。メスはオスに比べると全体的に色が薄い感じかします。
b0148352_23124324.jpg

b0148352_23125550.jpg


普段はもっと種類が見られるのですが、この日は雨がふったりやんだりでしたので鳥たちもお休みモードに入っていたのかもしれません。
2009年7月下旬撮影
by hideaki0310 | 2009-07-25 23:14 | 富士山周辺 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/11589699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by N_BIRDER at 2009-07-25 23:38
こんばんは。
そうですか。大型ツグミ類は数が減っていますか・・・確かにそうかもしれませんね。ブラインドを張っている場合はいいですが、湖畔の水場等、人が多いと、彼らは出るに出れなくて少し可愛そうな気がしますね。
Commented by harada5550 at 2009-07-26 00:50
げげ!
ひょっとして土曜日は家にいるって言ってたのに、午後から行ったんですか?
マミジロ、クロツグミバッチリ撮れてていいじゃないですか。
効率的でしたね。間違っていたらごめんなさいね。
Commented by よっちゃん3 at 2009-07-26 06:26 x
お早うございます。大型ツグミ類、確かに目にする機会は減ってますね。
私が現在住んでいる川崎市北部でも、アカハラをたまに目にするくらい。
今回の作品は水場とのことですが、普通の自然環境で彼らを探すこと
は非常に難しくなってしまいました。少しさびしい気がしております。
ところで、ツグミ類のメスは、いずれも色合いが良く似てますね。
私なんぞでは、とても識別が不可能という気がしました。
Commented by likebirds at 2009-07-27 15:53
こんにちは。
高原の水場にやってきたマミジロ、クロツグミ、アカハラ。
みんな親戚みたいによく似ていて、とても可愛いですね。

私はまだマミジロに会ったことがありません。
鳴き声も綺麗なのですね。
黒と白のステキな姿、本当にオシャレですね。(likebirds妻)
Commented by hideaki0310 at 2009-07-29 08:43
N_BIRDERさん、おはようございます。
そうですね、これららの鳥たちは警戒心が強いですから
人がいるとなかなか姿をみせませんね。
湖畔の水場も昔はブラインドに入って撮影することが基本でしたが
人が増えてそうもいかなくなりましたね。
鳥たちにあまりプレッシャーを与えない撮影を心がけたいと思います。
Commented by hideaki0310 at 2009-07-29 08:48
haradaさん、おはようございます。
土曜日は家にいましたよ(笑)夕方、近所の川に出かけた程度です。
これは平日にちょっとだけ撮影をしたときのものです。

毎年、この時期は撮るものが少なくて困りますが、その分身近な
鳥たちを撮るチャンスですからいろいろと探してみるのも楽しいかもしれませんね。
Commented by hideaki0310 at 2009-07-29 08:53
よっちゃん3さん、おはようございます。
そうですね、この仲間は確実に数が減っていると思います。
山中湖畔などではその傾向が顕著で、アカハラ、クロツグミなどは
探さなくてもあちこちにいた記憶があります。
彼らは森の歌い手ですから、高原の早朝のにぎやかなコーラスが
聞こえないのは本当にさびしい限りです。
Commented by hideaki0310 at 2009-07-29 08:57
likebirdsさん、おはようございます。
アカハラ、クロツグミ、マミジロの3種類は、大きさ、鳴き声など共通点が
多いですね。特にクロツグミとマミジロのメス同士はよく似ていると思います。

マミジロはもともと数が少ない上に深い森にいますから、見るのは
なかなか難しい鳥さんですね。
Commented by びびさん at 2009-07-30 23:13 x
おおお、これがマミジロですか。♂はツートンだけど綺麗な鳥ですね。
クロツグミ♀も初めて見ました。シックな装いでこちらもいいですね。
Commented by hideaki0310 at 2009-08-02 09:06
びびさん、おはようございます。
マミジロのオスはまっくろですが、いい味だしていますよ(笑)
なかなか見られない鳥さんですので、出てきてくれると感動します。
クロツグミは一般的にオスの方が目にする機会は多いですが、
ここではメスのほうがよくでてきます。
<< 南国からの使者~ブッポウソウ 元気でいるでしょうか~ヤマセミ >>