人気ブログランキング |

真夏の田園にて~セイタカシギ

暑い日が続きますね。この時期は野鳥たちの繁殖シーズンも終わり、秋の渡りにはちょっと早いですので毎年どこに行こうか迷う時期です。今回は真夏の田園にちょっと気の早いシギチドリ類を探しにいきました。結論からいいますと収穫はいま一つでしたがそんな中でも撮影できたものをご紹介します。

ますはムナグロ。水の張られた休耕田に10羽程度の群れが降りていました。この個体はすでに冬羽になっていました。ムナグロは干潟などで見かけるダイゼンと非常によく似ていますが、一回り小さく鳴き声も異なります。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_2292392.jpg


お次は定番のアオアシシギです。まだ数が少なく3~4羽が広い休耕田で餌をついばんでいました。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_2210437.jpg


セイタカシギです。アオアシシギがいた休耕田の近くで見つけました。その名の通り赤くて長い脚が特徴です。昔は珍鳥の部類でしたが今では関東近郊でも繁殖しており渡りの時期にも比較的多くみられるようになりました。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_22102166.jpg

下の写真は若鳥でしょうか?褐色味が強く足も鮮やかなピンク色ではありません。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_22103599.jpg


セイタカシギと同じ休耕田にいたコチドリ。車から撮影していたらすぐ近くまで来てくれました。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_22105064.jpg


最後がタカブシギです。草の生い茂った休耕田を双眼鏡で観察していると「ピッピッピッ」という声がしたので待っていると草の陰から出てきました。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_2211473.jpg

胸まで水につかりながら一生懸命餌を探していました。
真夏の田園にて~セイタカシギ_b0148352_22111556.jpg


まだ時期的にはちょっと早かったようです。8月後半~9月にかけて今年も珍鳥に期待しましょう。
by hideaki0310 | 2009-08-14 22:12 | 茨城県
<< 夏から秋へ~アマサギ 今年も無事に~サシバ >>