人気ブログランキング |

貴重な夏羽?~エリマキシギ

エリマキシギです。エリマキシギは北極圏で繁殖し、冬はオーストラリア南部に渡るという長距離の渡りをします。その途中で春と秋に日本でも見られる訳ですが、個体数はあまり多くなく、さらに春の渡りではあまり目にする機会はなくほとんどが秋の渡りの時期に見られます。エリマキシギは夏になると見事な繁殖羽を纏います。その繁殖羽がまるでカラフルな襟巻をしているように見えることからエリマキシギという名前がつきました。ただしこの見事な夏羽を日本で見かけることはほとんどなく、大部分が秋に見られる冬羽と幼鳥です。私も何度かエリマキシギを観察した経験がありますがすべて幼鳥でした。

そんなエリマキシギですが、今回一部夏羽が残った個体が近県に出ているとの情報をいただき早速行ってきました。フィールドについてしばらく観察していると目的のエリマキシギがアオシシギの群れとともに目の前の休耕田に降り立ちました。
b0148352_0385079.jpg

完全な夏羽ではありませんが、背中の色や首の周りにははっきりと夏羽が残っていました。このエリマキシギは5~6羽のアオアシシギと一緒に行動していました。
b0148352_0391498.jpg

いままで幼鳥しか見たことがなかったので一部とはいえ夏羽が残っている個体を観察できて感激です!
b0148352_0393347.jpg

b0148352_039473.jpg

このエリマキシギはしばらくこの休耕田で採食した後にどこかへ飛んでいきました。

以前の写真になりますが、地元で撮った幼鳥です。時期的にはもう少し遅い9月頃ですが幼鳥の姿からはエリマキシギの名前の由来はわかりません。
b0148352_041284.jpg

このときはめずらしく10羽ほどの群れが休耕田で採食していました。エリマキシギは干潟などよりもこのような淡水を好むようです。
b0148352_0402568.jpg

b0148352_041118.jpg


いつの日か完全な夏羽を纏ったエリマキシギを撮ってみたいものです。

2009年8月中旬撮影(一部2007年9月初旬撮影)
by hideaki0310 | 2009-08-31 00:42 | 群馬・栃木 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/11834784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よっちゃん3 at 2009-08-31 08:38 x
お早うございます。エリマキシギ、実は私もある休耕田に先週行って
来たのですが、そこには全くその影もありませんでした。でも、元々
夏羽のエリマキシギを見ること自体が至難の業なのですね。ご教示
いただき、ありがとうございました。これからは、別の場所を探して
みようかと思いますが、他の鳥も見たいので、結局どこかの干潟に
なってしまうかもしれません。
Commented by hideaki0310 at 2009-09-02 15:55
よっちゃん3さん、こんばんは!
そうですね、夏羽のエリマキシギは25年の鳥見人生のなかで初めてです。
もともと個体数があまり多くない種類ですし、夏羽をまとっている時期に
日本で見られることが少ないですから、なかなか難しいのではないでしょうか?
今年は別の場所でほぼ完全な夏羽のエリマキシギが見られているようですので
次回はぜひ私も完全な夏羽を見てみたいと思ってします。
<< 残雪の上で~イワヒバリ イワツバメ(House mar... >>