人気ブログランキング |

赤色型~ツツドリ

ツツドリです。
赤色型~ツツドリ_b0148352_17161039.jpg

ツツドリは夏鳥として日本にやってきて繁殖します。ツツドリの名前の由来はその鳴き声で「ポポポポポ~」と竹筒を叩いたような声で鳴きます。ツツドリの仲間にはカッコウ、ホトトギスといった種類がありますが、この仲間に共通の特徴は「托卵」という習性です。「托卵」とは自分で子育てを他の鳥に任せてしまうというものです。したがって、自分たちでは巣作りなどは一切しません。卵を預ける相手をさがして、その相手の巣に自分の卵を産みつけます。ツツドリの場合には主にムシクイ類に預けることが多いようです。

そんなツツドリですが、普段は鳴き声ばかりで姿をみることはなかなか難しい種類です。しかし、ちょうど秋の渡りが行われる今の時期は都市公園などで見られることが多くなります。今回、隣県にちょっとめずらしい赤色型のツツドリが出ているとの情報をいただき行ってきました。ポイントに着くと栗の木の葉っぱの陰にツツドリが休んでいました。
赤色型~ツツドリ_b0148352_1716295.jpg

この仲間は外見が非常に似ていて識別が難しいのですが、カッコウ、ツツドリ、ホトトギスの中でホトトギスは一回り小さく、カッコウとツツドリ胸の横縞で判定します。個体差もありますが、ツツドリはカッコウに比べて横縞が太くはっきりしている傾向にあります。

下の写真は舳倉島で秋に撮影したホトトギスです。他の2種類にくらべてやや小さくスマートな印象です。ですが、正直、100%の自信はありません。この個体はおそらく幼鳥だと思います。
赤色型~ツツドリ_b0148352_1716545.jpg


これはカッコウです。北海道で撮影しました。ツツドリに比べ胸の横縞ははっきりせず縞の本数も少ないのがわかります。
赤色型~ツツドリ_b0148352_17171295.jpg


ツツドリに話を戻します。この個体のように赤味が強い個体を赤色型といいますがカッコウやホトトギスにも赤色型はいますが、ツツドリに比べるとその割合が少なく圧倒的に普通型が多い傾向にあります。
赤色型~ツツドリ_b0148352_17172692.jpg

赤色型~ツツドリ_b0148352_17173976.jpg

木の間を飛び移りながら、獲物である毛虫をさがします。比較的動きはゆっくりしていました。
赤色型~ツツドリ_b0148352_17175968.jpg

赤色型~ツツドリ_b0148352_17181158.jpg

夕方近くなってようやく隣の桜の木に移動してくれました。まだまだ桜の葉っぱが完全に枯れ落ちていないのでちょっと撮りにくいですが、なんとか全身を写せました。
赤色型~ツツドリ_b0148352_17182581.jpg

赤色型~ツツドリ_b0148352_17183889.jpg

次は普通型のツツドリを狙いたいと思います。

2009年9月中旬撮影(埼玉県)
by hideaki0310 | 2009-09-19 17:20 | 埼玉県
<< ヒメハマシギ(Western ... 高山での出会い~ホシガラス >>