オオハムorシロエリオオハム

オオハムSPです。
b0148352_1554722.jpg


春の嵐が過ぎ去ったあとの海岸で見つけました。この個体を最初に見たときにはシロエリオオハムか?と思いました。というのは過去、この海域でこの時期に見られるオオハム類はシロエリオオハムが多かったからです。下の写真からもお分かりになると思いますが、かなり夏羽への換羽がすすんだ個体でした。
b0148352_156626.jpg

強風にあおられたからでしょうか、めずらしく岸壁近くを泳いでいました。最初はシロエリオオハムと思っていましたがじっくり観察すると疑問がわいてきました。それは泳ぎ方です。シロエリオオハムはもうちょっと体全体が沈んでいる感じで泳ぐ印象がありましたがこの個体はかなりお腹の白い部分が水面に見えていました。そこでいろいろと調べてみたり先輩にポイントのレクチャーを受けたのですが最終的にオオハムともシロエリオオハムとも判定できないという結論に達しました。図鑑などを見てみるとオオハムのほうがやや大きく喉の部分が黒又は暗い緑色でやや上を向いた嘴、シロエリオオハムの喉は黒紫色で嘴がまっすぐとあります。この個体は喉の部分は黒緑色とオオハムの特徴ですが、くちばしはまっすぐでシロエリオオハムの特徴もあります。
b0148352_1562746.jpg

b0148352_1564350.jpg

典型的なオオハムは頭の形が四角い形状をしていますが、この点は写真の角度によって見えたり見えなかったりで判断がつきません。
b0148352_157312.jpg

b0148352_1572072.jpg

b0148352_1573992.jpg

最大の違いは飛んだときに見える下尾筒に黒い線があるかないか(あればシロエリなければオオハム)といことですが、残念ながら飛んでいるところは見られませんでした。最後にこの海域では冬はオオハム、春は圧倒的にシロエリオオハムが多いとのことです。その点ではシロエリオオハムの可能性が高いのかもしれません。
こんな至近距離で見られたのに識別ができないとは驚きましたが、そこがまた魅力なのかもしれません。


2010年4月下旬・撮影地銚子外川漁港
[PR]
by hideaki0310 | 2010-05-07 02:21 | 千葉県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/13264202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamasemi at 2010-05-08 00:46 x
ううん、それほど識別が難しいとは、驚きました!
それにしても近くで見ると、クロから藍色へ綺麗な色合いですよねぇ~^^
Commented by hideaki0310 at 2010-05-09 23:55
yamasemiさん、こんばんは!
シロエリオオハムとオオハムは非常によく似ていて決定的な識別点は
下尾筒の黒いラインだそうです。lここは飛んでないと見えませんから
この写真のような状態だと人によって見解が分かれるくらい難しいようです。
<< 春の舳倉島その1~シマアオジ他 春のシギチその3~ツルシギ >>