ホオジロガモ

b0148352_2339737.jpg

この時期、道東の海岸は一面、流氷に覆われる。知床のウトロや斜里周辺では海岸から地平線までほぼ氷の世界となる。しかしながらよく見てみるとところどこ海面が開いている場所があり、そのような場所ではカワアイサやホオジロガモ達が潜水しながら採餌していた。
ホオジロガモ♂。この海域では最も数が多い。
b0148352_23432673.jpg

ホオジロガモ♀。関東周辺では♀を目にする機会が多いが、道東では圧倒的に♂が目立った。♀のほうが南に渡る傾向があるのだろうか。。
b0148352_23445737.jpg

氷の間を縫うように泳ぐ。もうすぐ旅立ちの季節なのだろう。
b0148352_23462614.jpg
b0148352_23463563.jpg
b0148352_23464412.jpg

羽ばたき。
b0148352_23473146.jpg
b0148352_23474699.jpg


2011年3月上旬・撮影地北海道ウトロ・小清水町他
[PR]
by hideaki0310 | 2011-04-05 23:49 | 北海道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/15190320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 舳倉島の春 タンチョウ >>