オオルリ・ムギマキ

b0148352_15521369.jpg

今回の舳倉島では珍鳥との出会いはありませんでしたが、この時期はいわゆる普通種が多く見られます。島にいた4時間で40種以上が見られるのですから、いかに種類が豊富なのかわかっていただけると思います。

オオルリ♂。ここでは目線で見られます。島の中央にある桜の木周辺を飛び回っていました。少し時期が早いと桜の花と一緒に撮れます。
b0148352_15524146.jpg
b0148352_15525153.jpg
b0148352_1553194.jpg

オオルリ♀。このときは♀のほうが多く見かけました。以前にも感じましたが、やはり渡りの時期は♂よりも♀のほうが少し遅いようです。
b0148352_15532953.jpg


ムギマキ♂成鳥。松林の中で見つけました。いつもの通り、単独行動です。昨年のこの時期には沢山のムギマキが見られましたが今回は2個体のみでした。すぐに松の木の上部を素早く移動していたためじっくりとは観察できませんでした。
b0148352_1616244.jpg

b0148352_15535514.jpg


ルリビタキ若鳥。やはり暗い場所にしかでてきません。「ヒッ、ヒッ、ヒッ」という声で気がつきました。
b0148352_15543581.jpg
b0148352_15544692.jpg
b0148352_15545939.jpg


2011年5月中旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2011-06-03 22:50 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/15683245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コルリ クロトウゾクカモメ >>