人気ブログランキング |

アカショウビン(リュウキュウアカショウビン)

b0148352_11232470.jpg

この時期の宮古島はアカショウビンの生息密度が非常に濃かったことが印象的でした。大野山林では朝、いたるところからアカショウビンの鳴き声が聞こえてきます。森を歩いていると何度も目の前をアカショウビンが横切ります。大野山林以外でも農耕地の横にあるちょっとした茂みからもアカショウビンの声が聞こえてきます。いったいどのくらいのアカショウビンが生息しているのかとびっくりするほどでした。

早朝に森で出会ったアカショウビン。
b0148352_11234264.jpg

本州に渡来する亜種アカショウビンとは異なり、宮古島周辺の南西諸島で見られるアカショウビンは亜種リュウキュウアカショウビンです。見た目の違いはほとありませんが、羽根の部分がやや紫がかって見える印象です。しかし、意識して見ればという程度で光の加減などでまた違った印象になります。鳴き声も亜種アカショウビンよりやや控えめな感じがしましたが、明確な違いはわかりませんでした。ただし、背中のコバルトブルーの縦班は本州でみるアカショウビンよりも目立つ個体が多いように思います。なぜ南西諸島にだけ亜種リュウキュウアカショウビンが渡ってくるのか本当に不思議です。
b0148352_1124231.jpg
b0148352_11241376.jpg
b0148352_11242191.jpg

写真のほとんどは大野山林にある水場で撮影しましたが、ここにはひっきりなしにアカショウビンがやってきます。ブランドネットを貼っていると本当に近くまできて何度も目の前で水浴びをしてくれます。やはり体を隠し、話し声を立てないというのが基本のようですね。
b0148352_1124468.jpg
b0148352_11245474.jpg

一度に3~4羽のアカショウビンが来るので、お互いにけん制し合っていました。
b0148352_1125665.jpg
b0148352_11252111.jpg

ここは単なる水場ではなく、彼らにとってはえさ場でもあるようです。地上におりたり、枝の周囲をホバリングしながら昆虫類を採餌していました。
b0148352_11253523.jpg
b0148352_11254224.jpg


2011年6月中旬・撮影地宮古島
by hideaki0310 | 2011-06-25 19:21 | 南西諸島 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/15827475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by N_BIRDER at 2011-06-25 12:35
こんにちは。
アカショウビンは本当に密度が濃いですね。
下のオオクイナ、拍子抜けするぐらい姿を現してくれたようですね。
次の南方遠征は石垣か本島を考えていましたが、三宅も捨てがたいですね・・・オオクイナの画像をみてしまうと。
Commented by hideaki0310 at 2011-06-26 08:40
おはようございます。
宮古はまさにアカショウビンだらけでした。それでも夢中になって撮ってきましたよ(笑)
オオクイナは時期もあるのかもしれませんが、よく出てきました。6月ということで人が少なかったのも影響しているかもしれません。やはり朝方が一番出現頻度が高かったです。
<< ツバメチドリ オオクイナ >>