ミフウズラ

b0148352_1125992.jpg
ミフウズラはインドから東南アジア、台湾にかけて生息する種類で日本では南西諸島に留鳥として生息します。本州に生息するウズラは「キジ目、キジ科」。それに対してミフウズラは「ツル目、ミフウズラ科」い分類されますので、キジの仲間というよりクイナの仲間に近いことになります。
しかしながら、姿や行動は「ウズラ」に似ていて、なかなか姿は見ずらく、普段はサトウキビ畑の陰に隠れて出てきません。さらにミフウズラは留鳥ですが、秋から春は天敵であるサシバなどの猛禽類が多いためしげみからでてくることは少ないらしいのです。したがってこの時期はサシバなどの猛禽類がいなくなるのと繁殖のため行動が活発になるのとのでミフウズラの姿を見やすい時期と言えるかもしれません。それでも島に滞在した3日間でミフウズラを目撃したのは3回。すべて朝と夕方です。

朝方、畑の開けた場所にでてきたミフウズラ。♀です。
b0148352_1131586.jpg
b0148352_1132293.jpg

ミフウズラは♀のほうが♂よりも目立つ色をしています。タマシギ、ヒレアシシギなどと同じですね。下の写真はミフウズラのペアです。
b0148352_1133894.jpg

道路沿いに出てきた♂。車の中から撮影しましたが、どんどんこちらに近づいてきました。
b0148352_1135297.jpg
b0148352_114013.jpg
b0148352_114937.jpg


ミフウズラを探しているときに出会ったシロハラクイナ。水田のない宮古島では石垣島に比べて個体数は少ないようですが、畑ややぶで何度か目にしました。
b0148352_1143214.jpg
b0148352_1144180.jpg


2011年6月中旬・撮影地宮古島
[PR]
by hideaki0310 | 2011-07-10 11:07 | 南西諸島 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/15917942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamasemi at 2011-07-10 22:49 x
ごぶさたしてます。
離島に行ってると思ったら今度は南の島ですかぁ~^^
やはり色艶やかな感じがしますねぇ、いいものを見せて貰いました!
Commented by N_BIRDER at 2011-07-12 18:18
ミフウズラ最後に撮影されましたか。
3日間で3回も目撃するとは流石ですね。
私も車の中から撮影しましたが、雌と雄が並ぶと体の大きさが一回り違ったのが印象に残っています。
Commented by hideaki0310 at 2011-07-12 23:29
こちらこそ、ご無沙汰してます。宮古島、暑かったです。
南の島は早めの梅雨明けですっと好天でした。
夏の沖縄は初めてでしたが、青い海と空が印象的でした。
Commented by hideaki0310 at 2011-07-12 23:33
石垣島では振られましたので、今回どうしても見てみたかったのでよかったです。
お話のとおり、昼間はでてきませんね。2日目に一度目撃しましたが、
シャッターチャンスに恵まれず、最終日にようやくファインダーに収めることができました。なかなか手ごわいですね。
<< キンバト(リュウキュウキンバト) クロアジサシ >>