ツバメチドリ

b0148352_21405261.jpg

夏本番を迎え毎日暑い日が続いていますが、海岸のアジサシ類、利根川沿いのオオセッカ、コジュリンを目的に出かけました。最初の目的地は波崎。ここでは毎年いろいろな種類のアジサシが観察されている場所です。少し前まではベニアジサシ、クロハラアジサシなどが見られていたようですが、私が訪れた際にはコアジサシとアジサシのみでした。当日、ハシグロクロハラアジサシの幼鳥の情報がありましたが私は見ることができませんでした。そんな中、楽しませてくれたのがツバメチドリです。2週間ほど前から見られているようですが、今回は2羽のツバメチドリが荒れ地で立たずいでいました。

ツバメチドリ夏羽。先日地元の河原でもそうでしたが、ツバメチドリが見られたのはコアジサシの営巣地のすぐ脇です。アジサシやコチドリなどもそうですが、コアジサシの営巣地の近くはいろいろな種類が見られることが多いです。コアジサシがいるかなのか、鳥が集まる場所にコアジサシが営巣するからなのか。。。
b0148352_21411521.jpg
b0148352_21412687.jpg

このツバメチドリ、ほとんど動くことがなく一日中半径10メートル以内をウロウロしているようです(笑)一度、昆虫が目の前を通り過ぎましたが、ほとんど反応しませんでした。
b0148352_21415359.jpg
b0148352_2142698.jpg


アカアシアジサシ。アジサシの群れの中に一羽だけ混じっていました。ベニアジサシとよく似ていますが、背中の色、尾羽の長さ、足の長さで判断できます。
b0148352_21422465.jpg
b0148352_21423345.jpg


こちらはアジサシ。夏羽の個体だけではなく、若い個体もかなり混じっていました。下の写真は一枚目は成鳥夏羽。2枚目と3枚目は若鳥だと思います。
b0148352_21425237.jpg
b0148352_2143256.jpg
b0148352_21431114.jpg


この場所はコアジサシが繁殖している場所です。私が訪れた日は撮影者が多く、写真に夢中になって巣や雛に近づきすぎ、コアジサシの親に威嚇されている人を何人か見かけました。写真を撮る際には正しい知識を持って鳥に接するようにしましょう。巣や雛に近づかない配慮がほしいところです。

2011年7月中旬・撮影地波崎
[PR]
by hideaki0310 | 2011-07-20 21:44 | 茨城県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/15975782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamasemi at 2011-07-21 23:06 x
ツバメチドリ、いい泣き顔ですよねぇ~^^僕にはいつも夏の思い出ですが・・・
確かにコアジサシのところで僕も見かけましたよ!色々見れて楽しいですね~^^
Commented by hideaki0310 at 2011-07-25 00:46
こんばんは。
北海道に行っておりレスが遅れました。
やはり夏羽のツバメチドリはこの泣き顔が特徴ですね。実は北海道でもツバメチドリを見つけました。
今までチャンスがなかったのがウソのようです。見られるときはこんなものですね。
<< エトピリカ オオセッカ・コジュリン >>