エゾビタキ他~離島より(その3)

b0148352_14132766.jpg

めっきり涼しくなった今日この頃、関東でも小鳥たちの秋の渡りの便りを聞くようになりました。その中でもやはりこの時期の主役はエゾ、コサメ、サメのヒタキ類ではないでしょうか?他にも川沿いの草地では冬の装いに着替えたノビタキが、またちょっとした山の開けた場所では、タカ類やツバメ類などが見られます。無論、舳倉島でもそういった小鳥たちを見ることができます。

エゾビタキ。エゾビタキに会うと秋の訪れを感じます。この時期は幼鳥が多いのですが、この個体は成鳥のようです。道端の草むらでさかんにフライングキャッチをして虫を捕えていました。
b0148352_14134459.jpg


コサメビタキ。コサメビタキもエゾビタキと同じようにこの時期に一番多く目にします。今回もヒタキ類で一番多く見られました。
b0148352_1414749.jpg
b0148352_14141627.jpg


センダイムシクイ。今回島ではムシクイ類が少なくちょっと残念でした。今回見られたムシクイはほとんどがメボソムシクイで、センダイムシクイは2日目に初めて確認できました。
b0148352_14144093.jpg


ツツドリ(幼鳥)。光の加減で少し見えにくい画像ですが、雨覆いの部分が赤っぽいことから幼鳥と判断できます。この個体以外にも赤色型も観察しました。赤色型は♀の成鳥に現れます。写真のように部分的に赤いものを赤色型と呼んでいるブログも見かけますが、これは幼鳥の特徴です。
b0148352_1415068.jpg
b0148352_14151214.jpg

下の写真は、以前に撮影した赤色型です。部分的ではなく、全体的に赤い色をしているのが分かると思います。
b0148352_14155133.jpg


今回は少し時期的には早い事を承知で島に渡りました。島はこれからが秋の渡りの本番。楽しみな季節が続きます。

先日、とあるこの道の大先輩が後輩に送った言葉を読む機会がありました。その文章は長年鳥を見てきた方にしか言えない数々貴重なお言葉が入っていました。その中の言葉に「バードウオッチングは大人の趣味である」という文言がありました。無論、子供がやってはいけないという意味ではありません。この言葉をどう受け止めますか??少なくとも写真を撮って喜んでいるだけでは本当のバードウオッチングとは言わない、いつまでもムシクイは難しい、シギチは苦手で終わってしまう。私自身、この言葉の意味を確認しながら、大人の趣味としてバードウオチングを今後も楽しんでいきたいと思います。

2011年9月下旬・撮影地石川県/撮影機材ニコンD300+TCー14EⅡ+AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
[PR]
by hideaki0310 | 2011-10-07 14:37 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/16402985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ムギマキ ツメナガセキレイ他~離島より(... >>