人気ブログランキング |

エリマキシギ(Ruff)〜2012.05

b0148352_12473988.jpg

エリマキシギ♂夏羽。いままで観察した中で一番夏羽に近い個体。道路脇の休耕地でミミズを採餌していた。頸に黒い襟巻状の飾羽が出ている。この飾羽の色は個体によって異なるようだが、この個体は黒ベースに白い縞模様が入っている。
b0148352_12475045.jpg
b0148352_1248078.jpg
b0148352_12481324.jpg

b0148352_1343875.jpg


ウズラシギ夏羽。幼鳥と色合いが似るが成鳥の夏羽では白い眉班が不明瞭で、胸や脇にV字型の黒い班が見られる。
b0148352_132779.jpg


ムナグロ夏羽。この日は非常に多く見られ、全部で100羽以上確認した。
b0148352_133699.jpg


残念だったのは道路の脇にいたエリマキシギが、車からおりて撮影しようとしたカメラマンに驚いて遠くに逃げてしまったこと。相手は草花ではなく野生動物なので車から降りてしまえば当然逃げてしまう。賑やかに歓談していれば近くにはよってこない。結果、豆粒のような写真しか撮れない。ましてや自分で見つけたのならいざ知らず、ほかに撮影している人がいるにもかかわらずの行動に正直あきれてしまった。この日はそういった行動に我慢できず注意してしまったが、注意した私もなんとなく後味が悪かった。野鳥は単なる被写体ではない。我々は彼らの日常を少しだけのぞかせてもらっていることを忘れないでほしい。

2012年5月上旬・撮影地茨城県稲敷市
by hideaki0310 | 2012-05-09 07:10 | 茨城県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/18248078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazucl1 at 2012-05-10 10:06
エリマキシギの夏羽、だいぶ換羽が進んでますね。
もう少しいてくれればもっと綺麗な夏羽へ・・・
一度は見てみたいものです。
Commented by hideaki0310 at 2012-05-10 22:25
完全な夏羽は写真でしかみたことがありませんが、いろいろな模様があるようですね。
日本だと見るのは難しいようなのでいよいよ海外ですかね(笑)
<< オオセッカ(Japanese ... ノゴマ (Siberian R... >>