人気ブログランキング |

ルリカケス(Lidth's Jay)~2013.06

b0148352_1872459.jpg

奄美大島といえばこの鳥を思い浮かべる方が多いだろう。ルリカケスの繁殖時期は早く、2月ごろから始まる。私が訪れた6月ともなる子育ても終え、家族単位で広範囲を移動するようになる。ルリカケスをじっくり観察したいならやはり繁殖期の3月~4月が適している。今回の写真は奄美自然観察の森での撮影だが、ここ以外でも比較的姿を見る機会は多かった。しかしながら写真を撮るとなるとまた別で、とにかく茂みから出てこない。しかも行動は高い木の梢付近のため頭の上でギャーギャーというルリカケスの声が響くが、姿は見えずといったことがしばしば。なんとか写真に撮れても茂みの中とか逆光、空抜けなど、カメラマン泣かせの野鳥である。ここに掲載した写真のほとんどが逆光のなかでのもの。RAWで撮影してソフトで補正してなんとか色が確認できる程度になったものがほとんど。
b0148352_1883529.jpg
b0148352_188575.jpg

1枚目の写真は今年生まれの幼鳥。成鳥にくらべて光沢がなく、全体が黒っぽく見える。羽根や尾の先端の白班がないことでも区別できる。2枚目、3枚目の写真は白班は見られるが、成鳥のような光沢はなく若鳥?と思われ、ちょうど換羽の時期を迎えているようだった。
b0148352_1892983.jpg

これも幼鳥。この個体は唯一比較的撮影しやすい場所まで降りてきてくれた。この時期はこのような今年生まれと思われる幼鳥が多くみられる。成鳥に比べると警戒心が薄いのか、好奇心からか私の前に姿を見せてくれることが多かった。幼鳥とはいえ、光が当たると瑠璃色が美しい。
b0148352_18102158.jpg

セミを捕えたところ。ルリカケスの主食はドングリなどの木の実であるが、この時期は大発生するオキナワエゾハルゼミを捕食しているシーンを何度か目にした。

2013年6月中旬・撮影地奄美自然観察の森
by hideaki0310 | 2013-07-04 05:00 | 離島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/20638777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ササゴイ(Striated h... ソリハシセイタカシギ(Pied... >>