オオマシコ(Rosefinch)~2013.11

b0148352_0462231.jpg

11月の舳倉島では、今年関東にやってきてくれるであろう冬鳥の動向の予測をすることができます。特に年によって飛来数の変動の多い種類はそれが当てはまります。今回は、多数のマヒワ、イスカ、数は多くなかったもののベニヒワ、ベニマシコ、そしてこのオオマシコを観察することができたので、カメラマンに人気の赤い鳥の飛来数はかなり期待できるのではないでしょうか?今回目撃したオオマシコは3羽の群れでした。一羽がローズピンクの成鳥♂、ほかの2羽は若い♂のようでした。
b0148352_0464435.jpg

島の中央部で撮影したもの。3羽の群れで草の種子を採餌していました。
b0148352_0473621.jpg

上の写真は若い♂と思われる個体です。♀との判断が難しいですが、若い♂は♀よりも赤味が濃い傾向になるので♂と判断しました。
b0148352_0491223.jpg


2013年11月上旬・撮影地舳倉島
[PR]
by hideaki0310 | 2013-11-22 07:00 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/21472782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マヒワ(Eurasian si... マミチャジナイ(Eyebrow... >>