石垣島/2017.07.22~24

子どもたちが夏休みに入った最初の週末、石垣島を訪れました。夏真っ盛りの石垣島はとにかく暑かった!最高気温などは東京とほとんど同じくらいですが日差しの強さがまったく違います。さすが南の島。恒例の家族旅行の合間の鳥見でしたが念願のオオアジサシとリュウキュウヨシゴイをカメラに収めることができ、最終日はいつも石垣島を訪れる際にガイドをお願いしているsea beansさんに案内してもらい話題のカタグロトビを見てきました。←誤ってメモリーを消去してしまい写真はなし(涙)
真夏の石垣島は暑いですがアカショウビンやアジサシ類などこの時期ならではの野鳥を堪能できます。
b0148352_11341810.jpg
今回は3年ぶりの石垣島となりましたが、新空港ができ直行便が飛ぶようになった石垣島の発展には目を見張るものがあります。新しいホテルや施設が次々とでき、街中では若者や観光客の姿が目立ち夜の繁華街なども非常ににぎやかになりました。
しかしながらその陰で石垣島の貴重な自然がなくなってしまっているようです。道路工事や土地改良工事という名のもとの無計画な開発で島独自の自然環境が急速に失われています。一度失ったものは二度ともとには戻りません。少し立ち止まって石垣島の魅力を考えることも必要かもしれませんね。

(観察種)
1.カルガモ
2.オオアジサシ
3.ベニアジサシ
4.エリグリアジサシ
5.コアジサシ
6.マミジロアジサシ
7.リュウキュウヨシゴイ
8.ズグロミゾゴイ
9.ゴイサギ
10.アマサギ
11.コサギ
12.チュウサギ
13.クロサギ
14.ムラサキサギ
15.バン
16.ヒクイナ(亜種リュウキュウヒクイナ)
17.シロハラクイナ
18.コチドリ
19.ヒバリシギ
20.ツバメチドリ
21.タカブシギ
22.クサシギ
23.イソシギ
24.アオアシシギ
25.タマシギ
26.セイタカシギ
27.カンムリワシ
28.ツミ(亜種リュウキュウツミ)
29.リュウキュウコノハズク
30.アオバズク(亜種リュウキュウアオバズク)
31.ミフウズラ
32.コウライキジ
33.キジバト
34.キンバト
35.ズアカアオバト
36.アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)
37.リュウキュウツバメ
38.サンショウウクイ(亜種リュウキュウサンショウウクイ)
39.ヒヨドリ
40.セッカ
41.スズメ
42.ハシブトガラス(亜種オサハシブトガラス)
43.カタグロトビ

以上43種


[PR]
by hideaki0310 | 2017-07-25 08:00 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hide0310.exblog.jp/tb/27009442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オオアジサシ(Greater ... ハシブトウミガラス(Brünn... >>