人気ブログランキング |

2010年 02月 17日 ( 1 )

雪と氷と~コオリガモ

コオリガモ(Long-tailed Duck)です。
b0148352_8504216.jpg

外房方面にユキホオジロを見にいったあと、そのまま北上してし、銚子周辺でコオリガモを見てきました。このコオリガモ、スズガモの群れに交じって行動しておりスズガモの群れを丹念に探すと見つかります。ユキホオジロといい、コオリガモといいもともと北方系の野鳥ですから関東周辺で見られるのは貴重だと思います。先月訪れたときは♀が一羽だけいましたが、今回は♂の若い個体が入って2羽で行動していました。日本では寒い海にいるという意味?でコオリガモという名前がついていますが、英名はロングテールドダック、つまり長い尾をもったカモという意味です。残念ながら長い尾っぽを持つのは♂の成鳥個体に限られますので今回は見られませんでしたが、いつの日か厳冬の北海道で見てみたいと思います。さて、このコオリガモ、なかなか警戒心が強く、人が近づくと直ぐに沖に行ってしまいます。この日も最初は岸近くにいましたが、別のカメラマンが近づいたため沖に出てしまいました。逆光でしたが、一番近いカットです。
b0148352_8511641.jpg

♂の羽ばたきです。若い個体ですので成鳥のように白と黒との境界がはっきりしませんが美しいカモです。
b0148352_8515317.jpg

♂♀のツーショットです。
b0148352_852298.jpg

実は、このあとちょっと目を離したすきにコオリガモのペアはどこかにいってしまいました。まるで忍者のようでした。

この日は他に何ヶ所かを回りました。波崎で見つけたクロガモです。一羽だけスズガモの群れに交じっていました。
b0148352_8525935.jpg


同じく波崎で見つけたアカエリカイツブリです。かなり夏羽に近づいてきました。
b0148352_8533158.jpg

カンムリカイツブリとのツーショットです。
b0148352_8542753.jpg


定番のスズガモ。光があたって頭のグリーンがよく見えました。
b0148352_855919.jpg


最後にハマシギです。ユキホオジロのポイントでも銚子や波崎でもよく見かけました。ユキホオジロと同じ場所にいたハマシギですがも撮っていませんでした(笑)
b0148352_8555518.jpg

港のドラムカンの上で休む群れです。
b0148352_8564878.jpg

この日は時間があったのでさらに猛禽類を狙いましたが、それは後日掲載します。

2010年2月上旬・撮影地千葉県・茨城県
by hideaki0310 | 2010-02-17 08:56 | 千葉県 | Trackback | Comments(12)