人気ブログランキング |

2012年 01月 20日 ( 1 )

ホオジロガモ・ウミスズメ〜2011.12

北海道の漁港は海鳥の宝庫。大きい漁港、小さい漁港の規模を問わず、様々な海鳥が入っていて楽しませてくれる。時期や天候によってみられる種類にばらつきはあるが、海が荒れたほうが海鳥の種類は多くなるようだ。この時期は漁港が凍り付いてしまう場所も多いが、ある程度大きな漁港であれば海面があいている部分があり、そのような場所に海鳥が集まる。残念ながら今回は種類的・数ともにやや少ない印象ではあったが、至近距離で観察できるのは漁港ならではの魅力だと思う。

ホオジロガモ(Common Goldeneye)♂

スズガモの次に数が多い。今回はなぜか雄のほうを多く目にした印象。

b0148352_116464.jpg
b0148352_1161622.jpg


ウミアイサ(Red-breasted Merganser)♀

こちらはホオジロガモと違って、メスのほうが目に付いた。

b0148352_1192938.jpg


カワアイサ(Goosander)

b0148352_11111244.jpg
b0148352_1111443.jpg


ウミスズメ(Ancient Murrelet)

カモ類のほかにはケイマフリやウミガラスといったウミスズメ類がみられることがあるようだが、今回はこのウミスズメだけ見られた。

b0148352_11142326.jpg
b0148352_1115048.jpg


2011年12月下旬・撮影r地北海道別海町・根室市
by hideaki0310 | 2012-01-20 07:54 | 北海道 | Trackback | Comments(2)