アカショウビン(Ruddy Kingfisher)

アカショウビンです。先週末はこの鳥に会うためにまたまた遠征してきました。天気は生憎の曇り空でいまにも雨が落ちてきそうな雰囲気でしたが、無事、アカショウビンの姿を見ることができました。朝一番にポイントに向かって歩いていると早速遠くから「キョロロロロ~」というアカショウビン独特の鳴き声が響いてきました。
この声を聞くと自然に早足になります。声をたよりに傍まで着くと先に来ていた方がお一人。先ほどから探しているが姿は見えないとのことでしたので一緒に探し始めると、木の梢でさえずっているアカショウビンを発見しました。まずは姿をみることができました。その後もしばらくその周辺で鳴き声が聞こえていましたが、木の葉が生い茂っていてなかなか姿はみられません。一度近くに来たのですがそのときはカメラを持っていなくて
撮影はできませんでした。今度は場所を移動し待つことにしました。空は相変わらず真っ暗でさらにそのポイントも杉林の中で非常に暗い!すると遠くからまた「キョロロロロ~」という声が聞こえてきました。だんだんと近づいてきます。とそのとき頭の上になにやら赤い物体が。アカショウビンです。今年も会えました。
b0148352_2094611.jpg

周りが非常に暗いため、ISO2000~3200!SSも1/30以下です。やはり何度みても興奮します。今度はすぐ近くの杉の木に飛んできました。近い!でも暗い!
あっちこっちに飛び回ってくれるのですが、いかんせん暗くてなかなかピントがあいません。
b0148352_2012692.jpg

まだメスが到着していないらしく現れたのはオスだけでした。アカショウビンは我々の興奮など意に介さず目の前で地面に降りて昆虫を探しているようです。下の写真は枯れ木から狙いをさだめているカットです。このあと見事昆虫を捕えました!
b0148352_2013136.jpg

その後も目の前の川に飛び込んで魚を捕えたり、近くの枝で羽づくろいをしたりとのんびりしていました。これだけアカショウビンがじっくり見られたのは初めてでしたので、大満足の一日となりました。最後にもう一枚。
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-06-08 20:16 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(6)

舳倉島より~海鳥(最終章)

舳倉島シリーズ最終章は水鳥の特集です。舳倉島というと陸鳥のイメージが強いですが、もちろん渡りの途中の水鳥たちも見ることができます。まずはウトウから。舳倉島に向かう航路で撮影しました。輪島港から舳倉島に向かう途中に七つ島という岩礁地帯を通るのですがその周辺で毎年見られるそうです。
b0148352_10535845.jpg

次は漁港の近くの民家の屋根にいたアマサギです。珍しい鳥ではありませんが、屋根に乗ったアマサギってなかなか撮れないような気がします。夕方で周囲は暗かったのですが、屋根のうえでじっと佇んでいました。

b0148352_1055947.jpg

次はアオアシシギです。島の北側の淡水池で撮影しました。これも珍しい鳥ではありませんがきれいな夏羽になっていました。
b0148352_10554059.jpg

最後はタカブシギです。このタカブシギもきれいな夏羽でした。アオアシシギととも夏羽はなかなか撮れないのでラッキーでした。
b0148352_10561265.jpg


今回は例年になく鳥の数、種類が少なく残念でしたが、舳倉島の魅力が色あせることはありません。
舳倉島が有名になり多くの人が訪れるようになりました。残念ながら写真を撮ることに夢中になり野鳥のことを知ろうとしない人(又は知らない人)も増えたように思います。これからも新たにBW(カメラ)を始める人の数は増えると思います。そのような人に対して正しい知識と行動を教えられる人間でありたいと思います。そんなことを考えさせられる遠征でもありました。
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-06-07 11:01 | 舳倉島 | Trackback | Comments(0)

神社の住人~アオバズク

アオバズクです。アオバズクはハトくらいの大きさのフクロウの仲間です。日本には夏鳥としてやってきて神社など大きな木がある場所で繁殖します。フクロウの仲間では一番数が多く、青葉の茂る時期によく声が聞かれるのでこの名前がついたそうです。今回は近所の神社に彼らを見に行ってきました。神社に到着すると早速例年いるタブの木を探しましたが見当たりません。しばらく探しましたが見つからず帰ろうとしたときに真上になにか存在を感じました。ゆっくり上を見るといました、アオバズクです。今年も来てくれました。
b0148352_2043886.jpg

私が木の下をうろうろしているのをずっと見ていたようです。夕方に近い時間でしたので特徴である黄色い目をぱっちりあけていました。昼間の明るい時間はカラスに見つからないように葉っぱの茂った場所に隠れています。
b0148352_20452412.jpg

まだ眠たいのでしょうか?しばらくすると目がだんだん閉じてきました。
b0148352_20463440.jpg

毎年この神社では7月下旬にかわいい雛が見られます。今年も期待しましょう!
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-06-04 20:47 | 神奈川県 | Trackback | Comments(2)

サンコウチョウ

サンコウチョウです。サンコウチョウは夏鳥として繁殖のため日本にやってきます。コバルトブルーのアインリングが一番の特徴です。もう一つの特徴である長い尾羽は8月には抜けるため、秋に会うサンコウチョウはみんな尾羽が短いです。サンコウチョウは普段暗い杉林で生活しているため、なかなか人目につきませんが、特徴のある鳴き声(月日星ホイホイホイ)で存在に気がつくことが多いです。今回もこの暗さとサンコウチョウのすばしっこさに苦労させられました。
近くにやってきたサンコウチョウのオス。
b0148352_2213953.jpg

特徴である長い尾羽。まるでおとぎの国の鳥のようで神秘的です。頭から胸にかけてと脇(わき)が紫色がかった黒色で、体より長い尾も黒色です。背面はアズキ色がかった紫色で腹の白とのコントラストがとても美しいです。
b0148352_22132428.jpg

b0148352_22133855.jpg

実はこのサンコウチョウ、姿に似合わずとてもすばしっこく、なかなかシャッターチャンスがありません。英名のBlack Paradise Flycatcherというネーミングはこの野鳥の特徴をとらえています。突然近くにやってきたオス。カメラの向きを変える暇もなく特徴の尾羽がフレームアウト(涙)
b0148352_22135336.jpg

下のカットはサンコウチョウがすぐ頭の上に来たときのものです。その距離約6~7メートル!当然、全身は写りません。また場所が暗くてSSもあがりません。
b0148352_22141027.jpg

それでもこの日は存分にサンコウチョウの魅力を満喫できました。
b0148352_22142520.jpg

サンコウチョウはいままで何度もトライしているのですが、なかなか満足いく写真が撮れません。しかしながらこの妖精が舞う森で過ごす時間は格別のものがあります。
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-06-02 22:15 | 神奈川県 | Trackback | Comments(10)

鮎解禁直前~ヤマセミパートⅠ

ヤマセミです。最近は遠征ばかりでこのフィールドに足をはこんだのは久しぶりです。ここのペアは毎年繁殖に成功しているのですが今年はどうでしょうか?うまく繁殖してくれることを祈ります。さて、約3か月ぶりのフィールドですがヤマセミは元気な姿を見せてくれました。
まずはメスの登場です。
b0148352_17454533.jpg

メスの登場と同時にオスもやってきて少し離れた岩の上に止りました。
b0148352_17463883.jpg

二羽で少し離れた木に止ったと思ったら、オスがダイビングしてウグイを捕えました。
b0148352_17471293.jpg

かなり大きなウグイです。メスにプレゼントするのかと思いきや。。。
b0148352_17473413.jpg

あらら、独り占めです。近くの岩の上ではメスがうらやましそうに鳴いていました。

ヤマセミ君も釣った魚(奥さん)にはプレゼントをしないのでしょうか(笑)しばらく見ていると2羽が仲良く同じ岩の上に止りました。念願の2ショットです。右がオス、左がメスです。
b0148352_17485045.jpg

b0148352_17491885.jpg

この状態で約30分ほど。ヤマセミは本当に見ていて飽きない野鳥です。
6月に入るとこの川ではアユ釣りが解禁となり、人出が多くなるためヤマセミは出てこなくなります。また秋に彼らの元気な姿に会えることをたのしみにフィールドを後にしました。

PS

実は先日も同じフィールドにいきましたので、ヤマセミ君第2弾もあります。お楽しみに。
[PR]
# by hideaki0310 | 2009-05-31 17:51 | 神奈川県 | Trackback | Comments(4)