人気ブログランキング |

タグ:ウソ ( 3 ) タグの人気記事

コマドリ(Japanese robin)~2014.06(M)

b0148352_222940100.jpg

前の記事でも書きましたが根室周辺の森林地帯はとても魅力的な場所でした。温根沼周辺から対岸の落石に向かっていくつかの林道が走っています。林道を車で走ってみると広葉樹の森、針葉樹の森、湿原、沼地、渓流が次々に現れ、その環境を好む多様な野鳥が生息していました。広葉樹の森ではキビタキやセンダイムシクイ、針葉樹の森ではウソやルリビタキ、渓流沿いにはコマドリやミソサザイといった具合です。海沿いからすぐの場所にこのような環境が広がっているのは緯度の高いこの地域ならではといった感じです。森の中は木々が茂りうっそうとしておりなかなか姿を見ることはできませんが、じっと耳を澄ましているとたくさんの鳥たちのさえずりが聞こえてきます。最近はあまり聞くことが出来なくなってしまった野鳥のコーラスがこの場所ではまだ聞くことができます。なかでもコマドリは驚くほど数が多く、いくつかある沢沿いにはかならずコマドリのさえずりが聞こえるほどできた。写真のコマドリは林道脇の苔むした倒木の上でさえずっているところ撮影しました。姿が見られたのはこの個体のみです。
b0148352_22295557.jpg
b0148352_2230896.jpg



ウソ(Eurasian Bullfinch)。ウソもたくさんいました。林道沿いに生えている草の実を食べているのか、私の車に驚いて道路から飛び立つ鳥の姿を双眼鏡で追うとたいがいこのウソでした。ウソの鳴き声を聞いているとこの場所が海からすぐそばの場所であることを忘れてしまいそうです。
b0148352_22302471.jpg



コゲラ(Pygmy Woodpecker)。北海道のコゲラは亜種のエゾコゲラですが、外見上は本州のものとほとんど変わりません。この周辺では数が多いという訳ではないらしく姿を見かけたのは一度だけで、アカゲラの方がずっと多く見かけました。
b0148352_223043100.jpg


2014年6月中旬・撮影地北海道根室市
by hideaki0310 | 2014-06-27 06:00 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

ペンションの小鳥たち

蓼科のペンションの餌台にはいろいろな野鳥がやってきます。メイン?はハギマシコ、オオマシコ(まれに)ですが、その他普段はなかなか近くで見ることのできない小鳥たちがすぐそばまでやってきてくれます。
まずはイカルです。ここに集まる小鳥たちの中では一番強いみたいです。
b0148352_2105121.jpg

ウソです。この個体はメスですね。朝一番の画像ですのでやや粗いですがご勘弁を。
b0148352_2115920.jpg

こっっちがオスです。
b0148352_213111.jpg
b0148352_2131664.jpg

常連のエナガです。この日は10羽ほどの群れで来ていました。
b0148352_2135531.jpg

カワラヒワ。数は一番多いです。
b0148352_2141641.jpg

ゴジュウカラです。2羽が交互にヒマワリの種を食べに来ていました。
b0148352_215598.jpg

最後にシメ。尻尾が短いのですぐにわかります。
b0148352_21772.jpg
b0148352_2172176.jpg

このほか、カラ類、アカゲラ、カヤクグリ、ヤマドリ、アトリなどがやってきます。
また来年もお邪魔したいと思います。
by hideaki0310 | 2009-01-09 20:56 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)

赤い鳥再び

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、2009年第一弾はおめでたい赤い鳥イスカです。昨年末の28日に撮影しました。今年の八ヶ岳周辺では10月の下旬からすっと50羽以上の群れが見られています。毎年来るわけではないので今年は数も多く当たり年だと地元の方も言っていました。
森の中でマツボックリを食べています。
b0148352_1501237.jpg

やはり朱色の体が目立ちます。
b0148352_150541.jpg

特徴のくちばしは大きく、下に曲がって食い違っています。
b0148352_1514073.jpg

b0148352_152543.jpg

ぶら下がったりしながらマツボックリを食べます。しかしこの鳥はとにかくじっとしていません。撮影は非常に苦労させられます。
b0148352_1525929.jpg

マツボックリを咥えながら隣の木に移動します。
b0148352_1532671.jpg

b0148352_154876.jpg

前回は上手く撮れなかったメスも撮ることができました。メスはオスと違って地味な色彩です。
b0148352_1551259.jpg
b0148352_1553154.jpg


イスカは広範囲を飛び回るのでポイントを絞ることが難しいです。また、警戒心が強いので近づくと飛んでしまいます。ですので撮影するためには、イスカたちが一生懸命マツボックリを食べているところを探してそっと近づくしかありません。
さらにイスカは松の梢付近で餌をとるので、探す際すっと上を向いていますので首が疲れます。撮影した次の日は一日首が痛かったです(笑)
イスカのいる林には、ほかにルリビタキ、ウソ、ツグミ、カラ類などが見られました。
近くに来たウソ。
b0148352_156677.jpg

この日は晴れていたかと思うと急に曇って雪が降ってきたり、風が強かったりと寒い一日でしたが、雪が積もったカラマツ林はとっても静かで素敵な時間を過ごすことができました。
by hideaki0310 | 2009-01-01 20:47 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(0)