人気ブログランキング |

タグ:カヤクグリ ( 1 ) タグの人気記事

高山での出会い~ホシガラス

以前に紹介したイワヒバリに出会った高山ではほかにホシガラス、カヤクグリライチョウといったメンバーに会うことができました。ただしライチョウは2度の出会いがあったにもかかわらず残念ながら写真はダメでした。一度は暗くなってから宿の前で番いを目撃しもう一度は昼間でしたがはるかかなたの岩の上にいるのをチラッとみただけに終わりました。ライチョウはなたの機会にチャレンジしたいと思います。

まずはホシガラスから。ホシガラスはライチョウと同じくハイマツ帯に住んでいますが個体数は比較的多く、富士山などでも比較的容易に出会うことができます。宿の前のハイマツに実を食べにきたホシガラスです。
b0148352_225130100.jpg

この日は2羽のホシガラスを見ることができました。カラスの仲間とはいえ目がくりくりしていてなかなかかわいらしい顔つきをしています。
b0148352_2252989.jpg

b0148352_2252368.jpg

このときは黒く熟したハイマツの実をさかんに食べている様子がじっくりと観察できました。
b0148352_22532062.jpg


次はここの主役のカヤクグリです。8月の下旬という時期にも関わらず相当数が見られあちらこちらで鈴の音のようなさえずりを披露していました。
b0148352_2254341.jpg

b0148352_22543677.jpg


下の写真は今回唯一撮影できたライチョウです。ライチョウまでの距離は100~150メートルありました。
b0148352_22563162.jpg


今回紹介した種類のほかハクセキレイ、コガラ、チョウゲンボウ、イワツバメ、アマツバメが観察できましたが、特にチョウゲンボウは頻繁に現れ尾根の上空を旋回していました。こんな高い山の上までやってくるとは知らなかったのでちょっと驚きましたが、同時にこの場所の自然の豊かさを感じることができました。また、野鳥だけではなく夜の星空の素晴らしかったこと!久しぶりに夜空に見入って流れ星を堪能しました。
また、来年の楽しみが一つ増えたような気がします。

2009年8月下旬撮影
by hideaki0310 | 2009-09-16 22:59 | 山梨・長野・静岡 | Trackback | Comments(3)